横浜中華街へは “泊りで” 遊びに行く。新しい宿「HARE-TABI」

港がある町は、旅人に寛大だ。

神奈川県横浜市。どこよりも先駆けて大勢の人が出入りし、多様な文化が行き交うことで栄えた港街・横浜に、新しい旅のスポットが誕生したと聞き、さっそく泊まりに行ってみた。

横浜中華街の中心部にオープンした「HARE-TABI Traveler’s inn yokohama(ハレタビ トラベラーズ イン ヨコハマ)」は、ドミトリーのような密集感のなかで、ホテルのような個室の安らぎと、ホステルのような共有スペースでの交流も実現した、ジャンルレスでニュータイプの宿だ。

「ハレタビ」という名前には、ここに泊まる人の旅が、日本古来の “ハレの日であれ” という思いが込められている。

“横浜感” の余韻を
全身で感じるインテリア

©2018 アミナコレクション

「横浜に遊びに来てくれた人に、宿にいる間も街の趣(おもむき)を感じてほしいと思っています」

そう語るのは、ハレタビを展開する株式会社アミナコレクションのハレタビ事業部長・坂西俊郎(ばんざい としろう)さん。同社デザイナーの濱田修(はまだ おさむ)さんと共に、宿泊利用者がいかに快適で、同時に、他では味わうことができない唯一無二の滞在時間を過ごしてもらえるか、と考えて内装をデザインしたという。

確かに、初めて訪れた街を堪能したあとで、宿泊先の内装は他の街で目にしたそれと変わり映えがしないことは多い。それで仕方ないとも思っていたが、なるほど、旅先での雰囲気を宿のなかでも提供してくれるとは新しい。

© hare_tabi / instagram

古き良き時代を誇る横浜らしい、重厚なカラーリング。中華街のなかという立地とも相まって、洋の東西を問わない空間デザイン。横浜が発祥といわれる水道管をリプロダクトした照明や、個性的なカードホルダー。

そして、各所に映し出された1980年代の横浜。

写真家の植田敏之(うえだとしゆき)氏が撮りためたモノクロ写真は、当時の息づかいが伝わるかのようにリアルで、この風景のなかに自ら迷いこむのも楽しい時間だ。

細部まで配慮されたデザインに
適度な「非日常」を味わえる

フロア内は、女性専用エリアと、男女共有エリアに分かれているため、女性のひとり旅や女子旅にも最適。広々としたパウダールームは使いやすく、船内を模したようなデザインに遊び心がある。女性専用スペースであってもフェミニン過ぎないため、ホステル未経験者からハードコアな旅人まで、どんな人にも快適だ。

©2018 アミナコレクション

共有スペースにはカウンターテーブルやソファが設置されている。なかでも足が投げ出せる幅広のソファは、肌さわりの良いクッションを抱きながらそのまま寝落ちしそうなほどに快適だった。

施設内のフリーWi-Fiでメールチェックやちょっとした仕事も対応できるし、適度に用意されたテーブルにはサービスの中国茶を置くこともできて、旅慣れた人たちが作ったであろう細やかな配慮を感じる。

©2018 アミナコレクション

肝心の個室もまた期待以上の快適さだ。朝までぐっすり寝れたのは、寝具の素晴らしさも関係していると思う。

個室の広さは縦にも横にも一般的なカプセルホテルより広く、服を着替えるのも問題なし。細やかに配慮された壁面や床の作りにより、隣の部屋の存在も気にならずに眠れる。サイドテーブルはブリーフケースをスライドインできる高さが確保されている上に、アンティーク調の象嵌(インレイ)が施されたデザインが美しい。

©2018 アミナコレクション

横浜がもっと好きになる
程よい自由さ

チェックイン時にもらえる紙のパスポートも要チェックだ。

解錠に必要なセキュリティコードが確認できるほか、提携した周囲のショップ、飲食店、マッサージ店などがお得に利用できるクーポン付き。大手チェーンとはひと味違う、地元の人が日常的に利用するお店を楽しむローカル感は旅先での醍醐味といっても過言ではない。

また、セキュリティコードは、カードキーからの解放という快適さももたらしてくれる。

©2018 やなぎさわまどか

パスポートに掲載されたクーポンで買い物と夕食を済ませてからハレタビに戻り、共有ラウンジでメールチェックを終えたら、ふたたび夜の街に出掛けるのも楽しい。昼間の喧騒とはちがう顔をした、夜の横浜を歩き、月から見守ってくれる人に思いを馳せよう。

多国籍な雰囲気のお店で一杯グラスを傾けてから眠りにつき、朝は山下公園を散歩して、朝食には中華街名物お粥をチョイス。

ちなみにハレタビの階下には、こだわりの珈琲「横浜焙煎窯だし珈琲(よこはまばいせん かまだしコーヒー)」も併設されているので、食後のコーヒーまで楽しめる。

©2018 アミナコレクション

人と交流し、景色を楽しみ、地元を味わうといった五感に響く旅。この街を築いた多くの先人たちが、あなたのハレタビを演出してくれることだろう。

HARE-TABI Traveler's inn yokohama

住所:神奈川県横浜市中区山下町216
TEL:045-306-7102

Top image: © アミナコレクション
他の記事を見る
全28種類!L.A.スタイルのパイ専門店※撮影した期間限定の六本木店は閉店しました。Pie Holic〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1丁目3番...
海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
保存料を使用しないスイーツを目指して試行錯誤を繰り返した結果、缶の中でスイーツを作り上げる特許製法により実現できたそうです。
2016年の横浜オクトーバーフェストで販売された、幻のエールを知っていますか? それは、17日間限定で登場した「サンクトガーレン甘熟桃のエール」。これを飲...
東京駅から約80kmのところにある、栃木県小山市。「小山(おやま)ってどこにあるの?」という人のために、渡良瀬遊水地や城山公園などの定番スポットから、ナマ...
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
食べた人があまりの辛さに「ヒィー」と鳴くところがほととぎすの鳴き声に似ているということで、この名がつけられた神奈川・小田原市の名産「ほととぎす巻」。落花生...
東京湾に自然林のある無人島が存在していることを知っていますか?それも大島や小笠原の話ではありません。神奈川県横須賀市。この無人島がナント、平日限定ながら一...
日本で2番目に大きな市、静岡県「浜松市」。南北に長いこの街は、北には自然豊かな山々、南には遠州灘があり、山・海・川・湖に囲まれています。そんな浜松への旅は...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...
牧之原台地を中心に、お茶の生産が盛んな静岡県島田市。静岡県の中央に位置するこの街は、静岡駅や掛川駅、浜松駅などの新幹線が停車する駅からのアクセスが便利です...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
水や土壌、気候に恵まれていることから、コシヒカリや山の芋など食材の生産地として有名な兵庫県丹波市。ここは全国的に知られている丹波黒大豆、丹波栗など、美味し...
「京都は狭い」なんて言う人もいる。でも、観光客からすれば広い街だと思う。名所旧跡は数えきれないほどあるし、それも訪れる季節や時間帯によってまた表情が変わる...
繊維の街として栄えた岐阜県岐阜市。その中心にはかつて全国各地から買い物客が訪れた柳ケ瀬商店街があります。現在は賑わいは失いつつも、昔ながらの商店に混じって...
リーゼント、グラサン、ライダースジャケット、白いドカン(太いズボン)。横浜銀蝿の不良スタイルは、独特で新鮮だった。
一本釣りカツオ日本一の街でもある宮崎県日南市には、“おいしい魚” を食べさせるお店がたくさんあります。居酒屋もあれば、コース料理で楽しませてくれるところも...
神奈川県の住宅街にある200坪の倉庫。中には、フィンランドやデンマークなどの北欧家具が所狭しと並べられている。オーナーの山本さんが以前、フィンランドへ旅行...
Googleマップで検索すると、ハートの形をしている沖縄県南城市。ここには、海や自然を満喫できるところだけでなく、沖縄の神話にまつわるスポットもたくさんあ...