大人のネクター? 「甘熟桃のエール」が気になる

2016年の横浜オクトーバーフェストで販売された、幻のエールを知っていますか? それは、17日間限定で登場したサンクトガーレン甘熟桃のエール

これを飲むために横浜まで訪れた人もいて、用意した8,000杯のうち1,000杯が1日で売れてしまうほどのハイペースだったそうです。

「はねだし」
の桃を救済するビール。

05cf8efe11eea95aefffe8e714036880f71bc4b4

この甘熟桃のエールは、別名「救済ビール」とも言われています。

なぜか? 2017年8月は雨や曇りの日が続いたため、桃が色づくために必要な日差しが少なく、全体的に色づきに難がありました。収穫を延ばしたことで実が熟しすぎてしまったり、雨で皮が茶色く変色してしまった「はねだし(規格外)」の桃は、市場に出すことができません。

しかし見た目が売り物向きではないだけで、おいしさに大きな違いはないのです。

そんな山梨産の桃を買い取り、1回につき300kgを使って仕込むのが、この「甘熟桃のエール」。有効活用しているので、農家にとってもメリットがあるんですね。

251d61feaa5478939dd454db993d2fd3fac55132

意外に、甘くないらしい。

8af6f8d832f80994c87e2a95fe09ade40873e996

桃のお酒、と聞くとジュースのような甘さを想像しがちですが、このエールはしっかり糖質を発酵させているため、ほとんど甘みはないと言います。

とはいえ、オススメしたいのは「ビールはニガいから苦手」という人。

大麦より柔らかくトロリとした飲み口の小麦麦芽を使い、酵母にはベルギービールと同じものを合わせているので、ベルジャンゴールデンエールに近い味わい。苦味は通常のものより柔らかく、フルーティな桃の香りを引き立たせているそうです。

桃は一つひとつ手作業で切っていて、丁寧に作られたエールのまろやかな味わいは、とくにスイーツとの相性が抜群だとか。

575273151482a3ec8537285817a8c9247f7199b1

9月29日(金)〜10月15日(日)に赤レンガ倉庫で行われる「横浜オクトーバーフェスト」で購入できるそうです。

横浜トリエンナーレの展示で芸術の秋を楽しみながら、幻のエールを堪能するのも素敵かもしれませんね。

Licensed material used with permission by サンクトガーレン
9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催される、ドイツのもっとも有名なビール祭「オクトーバーフェスト」。日本でも日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫などで...
桃の旬は7月〜8月。そのまま食べても旬の桃は甘みが強くみずみずしいのですが、そんな旬の桃をヘルシーに、ルイボスティーを使ったゼリーにしてみてはいかがでしょ...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
すりおろしたチーズ、スプーンいっぱいのサワークリーム、そしてピリッとしたシャープさを加えてくれる玉ねぎのピクルスを添えて。
約400万円から購入できてしまう「Plús Hús」。現在はアメリカ国内のみの展開ですが、今後日本でも販売されればマイホームを手にするハードルがぐっと下が...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
数年前から継続中のクラフトビールブーム。その勢いは陰るどころか、むしろ加速中と言えるでしょう。なぜなら、キンキンに冷えたビールが欠かせない、あんな場所にま...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
ブリリア ショートショートシアター オンラインで無料上映中。
今まさに最旬を迎えている桃。甘い芳香ピーチアルデヒトは、精神を落ち着かせるリラックス効果があります。また、ジューシーな果肉には、皮膚に潤いを与えてくれるカ...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
キンキンに冷えたビールが好きな人や、ビールはのどこし!という人からすれば、「温めて飲む」なんて発想は邪道に聞こえるかもしれません。けれどこちら、イギリスの...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。第6回は、料理人が料理の味を決定するうえで、もっとも気を...
2017年11月、取材のため岩手県遠野市を訪れた。実は昔からの友人が遠野に移住し、この土地でクラフトビールをつくることになったのだが、彼らの取り組みの経緯...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅(前回の記事はこちら)。スタート地点となる「日本橋」は...
53杯のクラフトビールを飲みながら、東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。愛知県に入ったのは、日本橋を出発してから12日目の...
東京湾に自然林のある無人島が存在していることを知っていますか?それも大島や小笠原の話ではありません。神奈川県横須賀市。この無人島がナント、平日限定ながら一...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
世界一のおつまみは高額でした。スウェーデンのビールメーカーがコスト度外視で作った超贅沢ポテチは高価だけれどその分味わいもピカイチ。包装も高級感たっぷり。特...