日本初「KFC」がこども食堂にチキンを「無償提供」

「日本ケンタッキー・フライド・チキン」は、調理済みの商品を横浜市内の「こども食堂」などに無料で提供する取り組みを11月からスタートしている。

提供するのは、閉店時に残ってしまった「オリジナルチキン」と「骨なしケンタッキー」の二種。まだ食べられる商品のニーズやフードロス問題などを考慮して、日本の法令や環境に最適な方法で届ける。

また、NPO法人「フードバンク横浜」と協力することで、食品衛生法や海外のKFCガイドラインに沿った商品提供を実現。調理済みのものを届けるというだけあって、安心・安全には十分に配慮した取り組みとなっている。

まずは「KFC伊勢佐木町店(神奈川)」からはじめ、今後は他店にも同様の施策を広げる方針。全国展開する外食企業においては、日本初となるKFCの取り組みに注目だ。

Top image: © Matt Cardy/Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事