群馬県伊勢崎の心ある「自販機食堂」の話

「群馬県には、なぜかレトロ自販機がいっぱいある」
なんて話は、なんとなく聞いたことがありました。

でも今回、群馬県伊勢崎市にある「自販機食堂」に行ってみたいと思ったのは、そんなことより、ただ単純にレトロ自販機を体験してみたいと思ったからでした。

レトロなのは
自販機だけじゃなかった!

中に入るとこんな感じ。基本は、スタッフさんがいないフリースタイルです。入り口手前側には、どこか懐かしい感じのゲーム機やガチャガチャが。そして、少し目を進めると「トースト」の機械を発見!はじめて生で見るレトロ自販機にテンションが上がりました。

反対側には「うどん」と「うどんそば」(しばらく故障中)と「ハンバーガー」。

店内には、これまたレトロな両替機(1000円→100円、100円→10円)も。小銭がなくても安心です。

いざ、使ってみる。

店内をざっくり把握したところで、実際に自販機を動かしてみます。
まずは「トースト」。

メニューは2種類「ハム&チェダーチーズ」と「おためしメニュー すりおろしガーリックマヨ+スライスガーリック」。どちらも250円とお手頃です。

小銭を入れてボタンを押すと、無事、トースト中のランプが点灯しました。

いわゆる普通の自販機とは若干仕様が違ったりするのですが、ご覧のとおり、手書きやテプラでかなり丁寧な説明書きが。なんだか、ちょっとおもしろくて、ついつい全部読み込んでしまいました。

だから40秒なんてあっという間!

ハム&チェダーチーズサンドの完成です。

で、“こっちもやってみたい!”と、お次は「うどん」。天ぷらうどん(330円)をセレクトし、トーストと同じ要領で進めると、これまたあっという間に完成しました。

ちなみに隣のラーメンは350円、バーガー系は3種類あり、すべて300円です。

商品開発は
まさかのお客さん!?

完成系がこちら。

正直言うと“楽しかったから味はおいしくなくてもいいかな”なんて思いながら(ゴメンナサイ)食べたのですが、普通にというか、かなりおいしかったです。一緒に行った同僚と「会社にあったら毎日買うね」なんて言いながらペロリと完食したくらいには。


それもそのはず、運営元の「株式会社ミトミ」は、群馬県を中心に、レトロ自販機の中の食品を製造して卸している会社だったんです。

「新商品ができたら、私がツイッターで発信するんですね。そしたら、常連さんがこぞって来てくれるんですよ。そして色々意見を言っていく。『これはおいしい』とか『ここがダメ』とか(笑)。あとは、お店に置いているノートにお客さんからの意見が書いてあったり。来てくれるお客さんの声も取り入れるようにしています」

と、「自販機食堂」オーナーの都丸さん。


今回食べたうどんとトーストにも実は、結構なこだわりがありました。たとえば、うどん麺は自社製とか。だしは古いのを使いたくないから一斗缶じゃなくて1.8リットルサイズのものを採用しているとか。トーストのハムの位置ひとつだって、改良を重ねられたものなんです。そんな開発秘話が、それぞれのメニューに隠されていたんです。


常連さんとの連携は、商品の話だけに止まることはありません。

店内各所にあるイラストやお店のキャラクターは、常連さんが書いてくれたもの。さらには、故障トラブル対応を助けてくれてる人もいるんだとか。

「お客さんに色々助けていただいて、お店をやっています」

多くの人に助けられている「自販機食堂」は、それ以上に、多くの人に愛されていることがわかりました。休日の家族連れ、昼休みのOLさん、はたまた夕どきにカウンターで宿題をする中学生たち。毎日色んな人がここを訪れます。

機械が並ぶ無人のスポットなんだけど、「自販機食堂」は、なんだかとても温かい場所でした。


ちなみに、冒頭でふれた「群馬県には、なぜかレトロ自販機がいっぱいある」現象。理由としては、かつては県内に20〜30店舗存在したという自動販売機形態のコンビニ「オレンジハット」の影響が今なお残っていることが大きいんだそうです。あとは「株式会社ミトミ」のような自販機用の食品製造卸の会社があること。車文化なこと、とか色々……。

「自販機食堂」で稼働している3台は、レトロ自販機界の御三家。そろっているのは、全国的にはとてもめずらしいんだそうですが(とくに、トーストは西日本にはない!?とか)、群馬県内では数カ所で見られる、というちょっと不思議な感じになっています。

自販機食堂™️
住所:群馬県伊勢崎市富塚町293-3
TEL:070-3612-6644
定休日:なし
営業時間:10:30頃〜24:00頃(金曜日のみ〜22:00頃)
※営業時間や自販機の稼働状況は公式ツイッターをチェック
※全面禁煙(近くに喫煙所あり)

Photo by 稲垣正倫
取材協力:群馬県
InstagramやTwitterのフォロワーが買える。はよく聞くハナシ。けれど、まさかそれが自動販売機で販売しているとは…。中にはクジが入っており、値段...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
アメリカ、ワシントンD.C.に設置されている自動販売機から出てくるのは、飲み物でもスナックでもありません。なんと、子ども向けの本です。子どもたちがたくさん...
高崎パスタ、焼きまんじゅう、おっきりこみ。小麦がたくさん獲れる群馬県では、ソウルフードのひとつとして、よく「粉もの料理」が食べられます。そんな群馬県民が愛...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
パリ発の総合美容薬局「L'OFFICINE UNIVERSELLE BULY(オフィシーヌ ユニヴェルセル ビュリー)」のハンド&フットクリーム「Pomm...
群馬県で愛されているソウルフードのひとつ、それが「モツ煮」。モツ煮専門店がたくさんあるだけでなく、ラーメン屋やとんかつ屋でモツ煮がメニューに載っていたり、...
「暑い」と、毎年ニュースでとりあげられがちなのが、岐阜県多治見市や埼玉県熊谷市や高知県四万十市。そして、群馬!そんな暑いまち・群馬の高崎市で気になったのが...
大泉町出身の友人が言っていた群馬のリトルブラジル。「レストランブラジル」「アソーゲタカラ」「西小泉駅」、どこへ行っても聞いていた以上のブラジル感。日本にい...
群馬県前橋市、赤城山の麓にある「チーズ工房 Three Brown」。敷地内には、牛舎、放牧場、自宅まであり、牛を育てるところからチーズを作って販売すると...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
群馬県で世代を超えて親しまれている上毛かるたがモチーフの「上毛かるたせんべい」。伝統的な絵札を線画イラストでリデザイン。原料も素材も群馬県産にこだわり、郷...
200以上の温泉を有する温泉天国、「群馬県」。温泉玄人の県民曰く「温泉は泉質で選ぶ」とのこと。ここでは草津温泉、伊香保温泉、水上温泉、四万温泉など、群馬県...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
群馬県桐生市にある「桐生きのこ園」は、もともと生きくらげの専門店。社長の中島さんが自宅で食べるために100本のしいたけから1本だけいいものを残して育ててみ...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
関東地方にある「国立公園」の注目ポイントは、ずばり「山」です。美しい山々を前に景観を楽しむも良し、ハイキングで汗を流すも良し。東京近郊にありながら、「山の...
群馬県はすき焼きに入れる食材を県産で揃えることができ、「すき焼き自給率100%」の県と言われています。上州和牛、こんにゃく、下仁田ねぎ、生しいたけ、しゅん...
グンマあるある集めました。そして、県庁職員にぶつけてみました。「デートスポットは県庁かイオン」「中高生にセーブオンの39円アイスが人気」「学校の号令は、起...
棟方志功、坂口安吾、シャンソン歌手の石井好子……。著名な文化人に愛される、群馬県桐生市にあるカレー店「芭蕉」。創業は昭和12年。店内には巨匠・棟方志功の壁...
「桐生にイケてる人が集まってるらしいよ」。そんなふわっとした噂を確かめてみたくてはじめた、まち巡り。今回、「リップル洋品店」「Purveyors」「わびさ...
両親、家族、好きな人……。大切な人を想うための場所が、群馬県の嬬恋村(つまごいむら)にありました。その場所とは、ずばりキャベツ畑の中。
岐阜県との県境に位置する、愛知県瀬戸市。愛知県の県庁所在地・名古屋市から北東に約20kmと、アクセスの良いところにある瀬戸への行き方、観光スポット、旨い店...
地元に活気を! と愛媛県の八幡浜で企画されたのは、中心街の新町商店街を「黒ずくめ」にすること。おもしろがってくれる街の人たちも徐々に増え、今では55店舗が...