こんなモノまで!?「イマドキ自販機」驚愕のラインナップ

自販機=飲み物。そんな常識を覆すラインナップが増えている。

今や必需品となったものから、じわじわと認知度を高めてきたものまで。

「こんなモノ買えるの!?」なイマドキ自販機を紹介。

マスク&ウェットティッシュ!

©ダイドー・ドリンコ

ダイドー・ドリンコの自動販売機で「マスク」と「除菌ウェットティッシュ」の販売が10月下旬より開始。順次全国に展開予定とのこと。

薬局やコンビニに寄ることなくマスクや除菌シートがカンタンに手に入れられるとなれば、外出時のストレスも軽減するというもの。

設置台数は全国で約3000台ほどを予定。今後はアイテムの追加もおこなうようだ。

アメ横に「昆虫食の自販機」が出現

©アールオーエヌ

場所は、輸入食材店が軒を連ねる「アメ横センタービル」の入口と、高架下にある「アメ横プラザ商店街」内の2箇所。

コオロギ、タガメ、ゲンゴロウ、タランチュラなどを取り扱い、素材本来の味を活かしたものや簡単な味付けがされたもの、プロテインバーのように加工されたものなど、そのラインナップは初心者でも上級者でも対応できる内容になっている。

「リンゴジュース」だらけの自販機

©株式会社JR東日本ウォータービジネス

りんご、リンゴ、林檎……どれを押しても「リンゴジュース」だらけの自動販売機が、10月6日より、JR東日本の東京駅と上野駅構内に出現した。

2017年に青森駅と新青森駅で初めて設置され、今年5月には弘前駅にも登場し話題となっていたもの。

このたび首都圏に上陸した「りんご自販機」には、「青森りんごシリーズ」と銘打たれたストレート果汁100%のリンゴジュースがズラリ。青森りんごの代名詞「ふじ」や「つがる」のほか、世界一大きいリンゴといわれるその名も「世界一」など、レアものジュースも!

Top image: © 株式会社JR東日本ウォータービジネス