「フォロワーを買える自販機」の開発者に真意を聞いてみた。

InstagramやTwitterの「フォロワー」を買える、はよく聞くハナシ。けれど、まさか自動販売機で販売されているとは…。

中にはクジが入っており、値段は1ユーロ(約130円)とお手頃。インスタグラマーの台頭で、SNSのフォロワー数が個人の影響力になる時代。自販機でサクッと有名人になれる、というのははたしてアリかナシか。

しかし本当に「フォロワー」が買えるのでしょうか?

疑問に思い、制作したベルギー在住のメディアアーティストDries氏のオフィスを訪ねてみました。

ーーまずは、制作のきっかけから教えてください。

Dries氏:最初はインターネットヤミ市のためにスクラッチクジだけ制作したんですよね。その後いくつかの展示会の依頼がきて。

どうやって展示しようか考えていて、そのままテーブルに置くとかはつまらないなと思ってね。中古の自動販売機を買って、チケットと同じデザインにDIYで装飾しました。

ーー展示会での反応は?

Dries氏:やっぱり、みんな不思議がっていましたね。多くの人が本当にフォロワーが増える?とか聞いてきたけど、実際に増えるのは「フェイクフォロワー」です。

約5%の割合で1,000人、500人とかの数種類のチケットが当たる設計。最大は2万5千のフェイクフォロワーが増えるコードですね。ネットでも買えて今までに6,000枚ほど売れているかな?

そのコードを僕が作った特設サイトにSNSのユーザーネームとともに入れれば、フェイクフォロワーが増える仕組みです。

ーーこの作品を通して何を伝えたかったんでしょう。

Dries氏:僕の多くの作品はクリティカルなものが多くて、でもその中にユーモアを含ませています。

すごく伝えたいメッセージがあるってわけではないんだけど、人が理解しやすいものにしている。例えるなら、一言で理解できるような感じ。芸術の知識やアートの背景とか知らなくても楽しめるようにね。

彼に「日本の読者にメッセージを」とお願いしてみると、「日本には行ったことがないので、展示会やメディアアートイベントにぜひ招待してください」とのこと。インタビューの帰り際、クジを3枚頂きましたが、見事にハズレでした(涙)。

監視カメラを使って交通違反を見つけたり、地面にイヤホンジャックを刺してみたりと過去のプロジェクトも要チェック。

なんならこちらからクジを買って、一気に有名人になってみる?

Licensed material used with permission by Dries Depoorter, Instagram, Twitter
他の記事を見る
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
半世紀以上アムステルダムで愛され続けているファストフードチェーン「FEBO」のコロッケ(クロケット)。自販機がズラリと並ぶ店舗で販売されていて、購入は小銭...
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
アメリカ、ワシントンD.C.に設置されている自動販売機から出てくるのは、飲み物でもスナックでもありません。なんと、子ども向けの本です。子どもたちがたくさん...
日本が「ストレス社会」と呼ばれるようになって久しいですが、若者がストレスを抱えて生活しているのは、インドも同様。現状を打破するべく立ち上がったのが飲料ブラ...
オハイオ州立大学に登場したベーコンの自動販売機。一時的な設置でしたが話題となりました。薄切りやみじん切りにされたベーコンが、たったの1ドルで売られていたと...
1月半ばに入って急に寒くなりましたよね。自動販売機の赤いボタンにもつい手が伸びちゃいます。しかし、そんなときにこんな商品はいかが?コーンポタージュにしよう...
イギリスの団体は、ホームレスの人たちが経験している悪循環に歯止めをかけるべく、無料で生活用品や飲食物を提供する自動販売機を設置するというプロジェクトをスタ...
『DOIY』が売り出したこのアイテムは、Instagramビジネスを始めたい、ビギナーの人にはとくに使えるアイテムのように思う。このBOXはInstagr...
「Langogo」は自動翻訳機としてだけでなく、モバイルWi-Fiルーターとしても機能するんです。
「何じゃ、こりゃ!」15階建てのビルに整然と並べられたのは、1台ウン千万円のスーパーカー。ランボルギーニ、ポルシェ、マクラーレン…ヨダレが垂れてきてしまう...
『Instafamous』では、ロサンゼルスを拠点とするインスタグラマーVincent V Leonardを尊敬し、全ての投稿を真似するようになったYas...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
#yoloなライフスタイルを体現するSkellieさんのInstagramです。Skellieさんはガイコツって設定です。
「Helpper」は、シェアリングエコノミーの利点を介護に応用したサービス。身体に不自由を抱える人や高齢者は、家事や買い物の代行を頼めるようになっている。...
高齢者の運動不足を解消するために開発されたパスタ製造機「Al Dente」の紹介です。
エジプト政府は5,000人以上のフォロワーを抱えるSNSアカウントをメディアとみなす法案を可決したそうです。
スナップチャット専用のウェアラブル「Spectacles」の販売がはじまりました。それは、ボタンを押すと自分の視点からみた景色を10秒までの動画として撮影...
静岡県で農家を営む小池誠さんは、Googleがオープンソースとして公開した機械学習ライブラリ「TensorFlow」 をつかって、きゅうりの仕分け機を開発...