世界初。お金を「持っていない人」のための自動販売機。

晴れていたかと思いきや、いきなり大雨が降ってくる。他の例も含めて、1日の中で天候が変わるのが日常茶飯事なイギリス。

直に体験したことがある人なら分かるだろうけど、気温差があると体温調節はなかなか難しいもの。そのため、体調も崩しやすくなってしまいます。

こんな天候も一因となっているのでしょう。ある調査結果によれば、約8割のホームレスの人たちは、健康に問題を抱えているようです。そこで、イギリスの慈善団体「Action Hunger」は世界初となるプロジェクトを始めました。

1日3回まで
タダで食べ物をあげる

自分の家がなく、路上で暮らす人たちには、ネガティブなイメージがたくさんあるかもしれません。「仕事を見つけることができないのは、自分の責任だ」といった具合に。

だけど、良くない健康状態も影響しながら、過去の児童虐待やドメスティックバイオレンスがトラウマとなっている場合や、犯罪歴があることを理由にセカンドチャンスを得ることができないというケースも。加えて、払えないほどに膨れ上がっている住宅ローンが関係していることもあります。だからこそ、貧困から這い上がることがとても難しい。

ホームレスの人たちが経験している悪循環に歯止めをかけるべくスタートしたのが、無料で生活用品や飲食物を提供する自動販売機を設置するというプロジェクト。

4947995934064640
Photo by Harry Ward

仕組みは、ホームレスの人たちに専用のカードを配布して、彼らがスキャンをすれば、水やフルーツ、歯ブラシ、抗菌ローションなどを手にすることができるというもの。また、自動販売機には、寒さをしのぐための衣類も置かれるそう。

でも、勘が鋭い人なら、それでは一時的な解決にしかならないのでは?と考えるでしょう。そのため、「1日3回までしか使えない」という制限があるようです。さらに、サービスを使い続けるには、週に1回、職業案内所に行くことも条件になっているとのこと。要するに、あくまでも<仕事を探すことへのサポート>というスタンス。

自動販売機に置かれるモノは、そのままでは破棄されるだけの食品を、地元のスーパーマーケットから寄付として受け取っているそうです。もちろん、ボランティアからの協力も。

一時的な解決をするためのプロジェクトではなく、ホームレスの人たちが仕事を見つけられるまでを支える取り組み。さらには、食品廃棄物の量も減らすことができるプランニング。「Action Hunger」が、ネガティブなサイクルを断ち切れるかもしれません。

現在、これが置かれているのはノッティンガムのみ。ロンドンやマンチェスターなどの国内のみならず、ニューヨークやパリ、東京などと、世界展開も目指しているそうです。

Reference:CRISIS
Licensed material used with permission byAction Hunger(HP), (Twitter), (Instagram), (Facebook)
日本が「ストレス社会」と呼ばれるようになって久しいですが、若者がストレスを抱えて生活しているのは、インドも同様。現状を打破するべく立ち上がったのが飲料ブラ...
「何じゃ、こりゃ!」15階建てのビルに整然と並べられたのは、1台ウン千万円のスーパーカー。ランボルギーニ、ポルシェ、マクラーレン…ヨダレが垂れてきてしまう...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
1月半ばに入って急に寒くなりましたよね。自動販売機の赤いボタンにもつい手が伸びちゃいます。しかし、そんなときにこんな商品はいかが?コーンポタージュにしよう...
日本と同じく米が主食のタイにも、冷やし茶漬けに近い食べ物がありました。
ポテトサラダの具を何にしようかは考えるでしょうが、「何を隠すか?」と考えたことはないはず。
アメリカ、ワシントンD.C.に設置されている自動販売機から出てくるのは、飲み物でもスナックでもありません。なんと、子ども向けの本です。子どもたちがたくさん...
InstagramやTwitterのフォロワーが買える。はよく聞くハナシ。けれど、まさかそれが自動販売機で販売しているとは…。中にはクジが入っており、値段...
ベルリンで大通りに突然現れた、自動販売機。そこでは1枚2ユーロ(約270円)のTシャツが売られているのですが、ある仕掛けが施されていました。2ユーロで販売...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
シンガポールでβテストが行われているシェアリングキックスケーター「Scootbee」の紹介です。
現時点ではあくまでも構想段階だが、将来的にはとんでもない「高層マンション」が登場する可能性がある。そう聞くと、多くの人は「高さ」にフォーカスしたものだと思...
「群馬県には、なぜかレトロな自販機がいっぱいある」。そんなウワサを聞きつけ、やってきたのは伊勢崎にある「自販機食堂」。うどん、ハンバーガー、ラーメン、トー...
健康のことを思ったら、毎日サラダを食べるべきなのは分かってる。でも、自分で作るのは意外に手間だし、飽きないように工夫しようと思ったら、けっこう大変。だった...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
取り込んだ洗濯物をすぐにたたまず、バサッと床に置いておくだけでは、せっかくキレイに洗った衣類にまた汚れやシワが付いてしまう。かといってキレイにたたむには、...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
独断と偏見でピックアップしました。
小さいけれど、とってもパワフルで賢いポータブル空気浄化機「Wynd」。500Lのペットボトルとほぼ同じサイズで、重量も約450g。
食品残渣(ざんさ)とは、食品の製造過程に出る副産物や廃棄物のこと。日本は食料自給率が低いと言われる一方で、食品残渣が多いこともたびたび話題にあがる。そこで...
2016年2月22日、デンマークの首都コペンハーゲンにオープンした、賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が話題を呼んでいます。通常のスー...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
フランスを中心に欧州で拡大しつつある、売れ残り食品廃棄禁止への気運。しかし、ここで紹介するのは、新興国でのお話です。舞台はインド南部。主人公の女性は、欧州...