「サラダ・ロボット」が、あなたの野菜ライフを手助けしてくれる。

健康のことを思ったら、毎日サラダを食べるべきなのは分かってる。でも、自分で作るのは意外に手間だし、飽きないように工夫しようと思ったら、けっこう大変。

だったら簡単に、しかも種類も選べて、たくさん食べられる「仕組み」があればいいんじゃないか、とChowbotics社によって開発されたのが「Sally」。

バリエーションは
まさかの1,000種類

同社は食品サービスのためのロボット開発に強く、クラウドファンディングを進めながらついに完成したのがこの、世界初・自動サラダ販売ロボット

レストランやホテル、空港、病院などへの設置を想定していて、アメリカではすでに導入を始めているところも多数あるそうです。

作り方はとても簡単。ボウルを受け口に入れて、タッチパネルで好きな材料を選んで押していくだけ。自分好みにカスタマイズされた「オリジナルサラダ」の出来上がりです。パターンの組み合わせは、なんと1,000種類。

出来上がるまでの時間を少しだけ巻き戻すと、

「Sally」の内部はこのようになっていて、

それぞれカットされた野菜が、筒状のキャニスターに分類。

カロリー計算も
してくれる

仕上がりは、ご覧の通り。

たとえば「レタス 10cal」「プチトマト 22cal」「パルメザン 332cal」などカロリーも表示して合計の計算までしてくれるので、

「今日はチーズはやめておこう!」

といったふうに、コンディションに合わせてメニューを決めることができます。

これまでにも定期的に話題に上がった「サラダの自動販売機」ですが、ただ購入できるだけではなく、組み合わせやカロリー計算も含めて、すべて「ロボット」が仕上げてくれるのが、一番のポイント。

どうしても鮮度や味は気になるところですが、今後の進化やサービスについ期待しちゃいます。数年後には、もしかしたらサラダはロボットが作るもの、なんて時代がくるかも?

Licensed material used with permission by CHOWBOTICS
andmore
他の記事を見る
包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
1月23日から、アメリカ・ワシントン州スノホミッシュ群にて、Amazonが自動配達に挑戦しています。
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
国連食糧農業機関(FAO)が、増え続ける人口による食糧危機を乗り越えるために注目している「昆虫食」。それが楽しめる自動販売機が熊本に設置されました。
人口が増え続ける世界では、いずれ食糧危機が訪れることは免れません。しかし、省スペース、省エネ、オートマチックでたくさんの野菜が収穫できるこんな家庭菜園があ...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
日本が「ストレス社会」と呼ばれるようになって久しいですが、若者がストレスを抱えて生活しているのは、インドも同様。現状を打破するべく立ち上がったのが飲料ブラ...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
グリルしたサーモンと一緒にいただくと、ディナーにもバッチリなこのパスタサラダ。メイソンジャーに詰めてピクニックランチにもおすすめです。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
英語では「Forbidden rice(禁じられた米)」と呼ばれる黒米。古来中国では身分の高い人のみが口にできる貴重なものだったそうです。
ハーブやトマトは比較的簡単に育てられるけど、いろいろな野菜を自家栽培しようと思ったらたいへん…。ところがどっこい。家庭菜園は自動化できるのだ!ひみつ道具み...