氷水にくぐらせるだけで、野菜がシャキっ。「基本のサラダ」

カットした野菜を、オリーブ油、塩、シークァーサー果汁で和えただけの超シンプルなサラダ。「野菜の大きさを均一にする」「氷水にくぐらせる」。この2点を押さえれば、おいしさが格段にアップしますよ。

野菜はすべて
大きさをそろえてカット

野菜サラダ のコピー

<材料>きゅうり、にんじん、パプリカ、ピーマン、調味料(オリーブ油、塩、シークァーサー果汁)

氷水で締めたら冷蔵庫へ
これで野菜がパリッ!

野菜をすべて千切りにしたら、氷水に10分以上つけて締めておきます。これをザルにあげ、キッチンペーパーで包んで冷蔵庫へ。冷やしている間に余計な水分はペーパーが吸い取ってくれるので、ボウルに移したときは完全な状態に。そこに、調味料を加えてさっと和えれば「基本のサラダ」のできあがり!

ドレッシングはシンプルなフレンチドレッシング。シークァーサー果汁で作るのがわが家流ですが、レモンや酢で代用してもOK。

新・家めしスタイル
コンテンツ提供元:佐々木 俊尚
Photo by : 内田紘倫

包丁も不要の食べきりお手軽サラダ。しかも栄養たっぷり。
季節ごと色鮮やかな新鮮野菜を自由にアレンジして、オイルやドレッシングを合わせて。おかずにもなればデザートにもなる。毎日でも食べたくなる海外のサラダを集めて...
生野菜たっぷりのサラダもいいけれど、グリルしたりローストした野菜もおいしい!
食感が楽しい具沢山なドレッシングのレシピを紹介します。個性的な「おかず風」ドレッシングでサラダがどんどん進みますよ(ゴハンじゃなくね)。
通訳付きのため、英語が苦手で海外のオンラインサービスをこれまで利用できなかった人でも安心して受講できるオンラインヨガイベントが、8月8日~16日に開催され...
アボカドとフェタチーズを混ぜ合わせたなめらかな舌ざわりに、きゅうりのシャキシャキ感を合体させた、美しいグリーンの「サマータイム」サラダです。
管理栄養士の視点から、カンタンにつくれて一皿で栄養バランスもバッチリなサラダをご紹介。ただのサラダじゃありません、“おかずになる”サラダです。
ごろっとしたスイカが主役のサラダレシピ。スイカをそのまま食べるのに飽きてきたって人や、せっかく買ったのに甘くなかった!っていうとき、サラダにするのが最高な...
夏場に旬を迎える「桃」と「あんず」が主役です。
サラダのトッピングはアイデア次第。あえてステーキ肉を主役にもってきたっていいんです。
先月28日、「海洋研究開発機構(JAMSTEC)」が深い海底地層から採取した約1億年前の微生物が復活したとの論文を、英科学誌『ネイチャー・コミュニケーショ...
クリエイターカップルの作るサラダは、私たちの想像を軽〜く超えていました。
知ってるだけで何倍も料理がおいしくなるテクニック。これまでの常識がガラリと変わるかも!?
ロメインレタスは破らずにそのまま積み重ねるのが、「料理できる風」なひと皿を仕上げるポイントでもありますよ。
野菜をおいしく食べるうえで欠かせないものといえばドレッシング。だけど毎度市販品では芸がありません。というわけで、誰でもかんたんに作れてしまう、自家製ドレッ...
フランス伝統料理「レンズ豆のサラダ」、本来ならばゴートチーズを使うところですが、これをヴィーガン流にヘルシーなアレンジを加えました。主役は「くるみ」です。
7月28日、「Tripadvisor」が18度目の「トラベラーズチョイスアワード」を発表。これは世界中のユーザーから投稿される口コミをもとに集計されており...
大和言葉をご存知でしょうか?この記事では大和言葉の意味や今注目を集める理由について紹介していく。
野菜料理家の庄司いずみさんが初めてでも簡単に作れるヴィーガン料理を一冊にまとめた『ヴィーガン和食』が「主婦の友社」から刊行された。
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
ちなみにイタリアの民間伝承では、できるだけタコをやわらかくするには、お湯を沸かすときにワインボトルのコルクを浮かべるといいのだそう。
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
緑が美しい季節にもってこいの緑色のサラダ。色とりどりなひと皿もいいけれど、さやえんどう、そら豆、アスパラガスだけで、たまにはグリーン一色で染めるのも粋です。