料理初心者でも簡単!フレッシュで美味しい「野菜」の見分け方

スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方をまとめました。とても簡単なので、ぜひ参考にしてみてください。

玉ねぎ
「皮が乾いて、根が伸びてない」

Whole and sliced onions on wooden cutting  board

玉ねぎは、表面がよく乾燥しているものほど、良質で味が良いです。時間が経つと頭のほうから劣化していくため、触って感触を確かめてみましょう。新鮮であればしっかりとした硬さを感じますが、傷んでいると軟らかいはずです。

葉物野菜
「芯が白い」

葉物野菜に共通するポイントは、芯の色。白いものは新鮮ですが、古くなると茶色く変色していきます。特にレタスは、鮮度が落ちるのが早いです。白、ピンク、茶色、クロという順番で変わっていくので、できればピンク色くらいまでを選びましょう。

ニンジン
「色が濃い、肌がなめらか」

Carrots on wood

ニンジンといえば、優れた抗酸化力を持つカロテンが豊富な食材です。赤みが強いものほど、カロテンがより多く含まれています。栄養価が高く、新鮮なニンジンを選ぶなら、迷わず色の濃いものにしましょう。

キノコ
「かさが開いてない、色が濃い」

キノコは、成長するとカサが開いていきます。つまり、カサが開いていないほど若いキノコというわけです。また、時間が経つと、だんだんと白っぽく変色していくのもキノコの特徴。色は、濃いほど美味しい、と覚えておきましょう。

ほうれん草・小松菜
「ピンと伸びている、葉のつや」

151636469

栄養をたくさん蓄えた葉は、ピンと張ってみずみずしいです。加えて、切り口が太ければ、元気に育ったサイン。文句なしに新鮮です。ほうれん草の場合、栄養が詰まっているのは根本部分。根本がピンクや赤など濃い色になっていると、なお良しです。

アスパラガス
「穂先が締まって、まっすぐ長い」

アスパラガス本来の色は、濃い緑色なので、できるだけ色の濃いものを選ぶのが正解。栄養が行き届いているものは、まっすぐで長いです。穂先が固く締まっているかどうかも見分けるポイントです。

じゃがいも
「色が均一、傷やしわがない」

表面がうっすら緑になっていたら、日光が当たりすぎて発芽しやすくなっている可能性が大なので、要注意。また、つい大きめのサイズのものを買ってしまいがちですが、大きすぎると食べられない茶色い空洞部分(「ス」)が入りやすいです。特に男爵いもやキタアカリは、その傾向が強いため、中くらいの大きさを選ぶのが正解です。

ナス・トマト
「ヘタが尖っている」

000045211710_Large

栄養がちゃんと行き届いているかどうかは、ヘタを見れば分かります。ヘタが丸まっていたり、黒ずんでいるものは、発育に少々難があると見ていいです。また、収穫直後の新鮮なナスのヘタは、触ると痛いほど尖っています。スーパーに行ったら、よりヘタが尖っているナスを探しましょう。

レンコン
「ふっくらして太い」

レンコンは、沼や蓮田などの水の中で、水分をたっぷり含んで成長します。そのため、水分を保ってふっくら太く、重量のあるものが栄養たっぷりでおいしいです。カットされている場合は切り口から傷んでいくので、紫色や黒ずんでいるものは避けたほうがベター。

カボチャ
「穴が小さく、実が詰まっている」

000014462729_Large

カボチャの中央部分には穴があり、そこに種があります。この穴が小さいほど、実が詰まっている美味しいカボチャです。ちなみに、ミネラル分がしっかりある土で育てられると、カボチャの表面はツヤツヤになります。

もやし
「色が白く、まっすぐ張っている」

言うまでもなく、豆が開き切っていないほうが若いもやしです。また、古くなるとしんなりとして、水分が出る性質があるため、袋買いするときは一度傾けて水がたまっていないことを確認してみましょう。

ブロッコリー
「太くしっかりした茎」

000016886187_Large

ブロッコリーの鮮度を支えているのは、茎の部分。太くしっかりした茎であるほど、鮮度が長持ちします。日光をたくさん受けて育ったおいしいブロッコリーの葉は、実は少し紫色がかっているのも特徴です。

長ねぎ
「緑と白の境界がくっきり」

いい土・いい気候で育った長ねぎは、緑と白の境界がハッキリしています。また、巻きがしっかりしているほど味が良いです。ちなみに、葉ねぎの場合は、先端までピンとして、緑色がハッキリしているほうが美味しいです。

きゅうり
「濃い緑色、太さが均一」

栄養が行き渡ったきゅうりは、全体が濃い緑色になりますが、偏っている場合は色の濃淡が出ます。同様に、途中から細くなっていたり、太くなっていたりするものは、栄養が偏って育ったきゅうりです。色・太さ共に、バランスのいいものを選びましょう。

モノの見分け方事典

モノの見分け方事典(編:ホームライフセミナー)

食材の鮮度、食べごろ、高コスパ品、病気のサイン、安全な場所、他人の心理…など、オールジャンル・365日役立つ「見分け方」を初めてイラスト図解で網羅した全く新しい事典。

一人で食べるなら、見た目よりもおいしさが重要だけど、だれかに供するならば、やはり美しいひと皿を仕上げたい。タイの伝統芸術「カービング」でお客様をおもてなし...
あの子が「料理上手」なワケは、このポイントを抑えているから。知ってるのと知らないのとでは、雲泥の差。今日から使える料理知識をまとめてみました。
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
料理の手順でおっくうなのが、野菜の皮むきだっていう人、意外に多いんですよね。では、このむき方ならどうでしょう。そもそも包丁を使わないって、驚きでしょ?
都市伝説好きは聞いたことあるかもしれない名門「ロスチャイルド」家が生んだ「シャンパーニュ・バロン・ド・ロスチャイルド」。お世話になった会社や家族の繁栄にだ...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
やっぱり子どもに包丁を持たせるのは怖いし、大人でも料理初心者の包丁使いにはハラハラ。でも、何事も挑戦しなきゃ上達なんてできないから。
「世界一おいしい料理」そんな最大級の賞賛で知られるジョージア料理。ただ、このシュクメルリに限っては、ちょっと勝手が違うかもしれません。
和食の基本となる「だし」。その材料にはかつお、昆布、煮干し、干ししいたけなどが使われるのが一般的ですよね。でも、「豆」からもだしが取れるって知っていました...
キャンドルが溶ければ顔のカタチをしたスタンドから、“鼻血”がタラーっと垂れるようになっています。
生野菜のディップとしても使えますし、サラダに揉み込むのもOK。ローストした野菜や豆腐、それからチキンと合わせていただくのも◎。
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
この料理つくってみたい。けど、野菜のみじん切りが多すぎて…。こんなふうにして挑戦しようとした料理を諦めてしまった。ありますよね。料理を職としている私たちだ...
車のスピードは車自体の性能に左右されるのか、それともドライバーの腕によって変わるのか。この疑問を解消すべく、実際にレースをして検証を行った男たちがいました。
一つのキットから、メインディッシュとサイドディッシュが作れます。
オックスフォード大学が運営をしている「Pitt Rivers Museum(ピットリバース博物館)」は、異なる文化に対する理解を深めるために、25人の難民...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
アメリカ料理界の発展に大きく寄与し、“料理界のアカデミー賞”と呼ばれる食の祭典にその名を配すジェームズ・ビアード。アメリカの食に多大な影響を与えた人物。な...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
知っても知らなくても生きていける。でも、知ってたほうがちょっぴり得をすることってありますよね。今回『モノの見分け方事典』から紹介するのは、そういう豆知識的...
クミンの出番はカレーだけとは限りません。じゃがいもと一緒に、こんなインド料理を紹介します。
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
黄金に輝く、タイカレー界の王様「プーパットポンカリー」。カニなんてなかなか手に入らないよ!とツッコミが入りそうですが、もちろん、カニのかわりにエビやイカで...