野菜は「切り方」で味が変わる!?

みなさん、どうやって野菜を切っていますか?

水でサッと洗い、まな板に乗せ、流れ作業のように包丁をザクザク…。

その切り方、ちょっと待って!

Food52」の食愛好家Valerio Farrisさんいわく、味付けもしていないこの「切る」という段階で、野菜の味が変えられちゃうのだそう。まさかですよね…。

この記事を最後まで読めば、料理もやはりサイエンスなんだと改めて感じさせてくれるはず。

野菜の自己防衛本能が影響?

6184039203471360

野菜を切ると、味は変わるのか。

答えは、もちろん“イエス”

この研究が追求したのは、スライスしたり、サイコロ状に切ったりすることで、味や栄養価が変わるかどうか。

NPRのThe Saltに掲載された研究結果によると、野菜を切るだけで味も化学成分も変わるのだとか。理由は、包丁で野菜の繊維を切り裂くと、野菜が色味をつけ、紫外線放射から身を守る【ポリフェノール】が放出されるから。そしてこのポリフェノール、カラダにとてもよく(一種の抗酸化物質)、炎症を和らげる効果もあるといわれています。

5616815757590528

とは言え、切ることによって放出されるポリフェノール量はごくわずか。あまり大きな違いは生まれないそう。

たとえば、The Saltが例に挙げているニンジンの場合。

ニンジンは切ることでポリフェノールの放出量が200%増加しますが、そもそもニンジンに含まれているポリフェノールが少ないため、効果はそこまで見られません。

放出量があまりにもわずかすぎて、栄養価の面では「影響がある」とまでは言い切れないようです。

では、他の野菜も味や食感にまったく影響がないかと言えば…。一例を挙げると、バジルのような葉ものの場合、切るとシナシナって元気がなくなったように見えませんか?あれは酵素が放出されるせいなんだとか。ポリフェノールも苦味を持つそう。つまり、切れば切るだけ苦味が出てしまう。まあ、「ビター・イズ・ベター(苦いほうがいい)」なんて言いますけどね。

5188322171289600

また、The Saltの別の調べでも、「切り方」によって味が変わる点を指摘しています。ちなみに千切りとみじん切りは野菜の表面積がほぼ同じなため、他の切り方に比べて、似たような味になるそうですよ。加えてサイズによって調理時間も変わるため、味も若干変わってくるんだとか。

とうの昔から「葉っぱやハーブは包丁を使わず手でちぎったほうがいい」と言われてきましたが、味や食感を考慮すれば、たしかにこの伝えには信ぴょう性が未だ健在であるような気がしますね。

Written byValerio Farris
Licensed material used with permission by Food52
切って、叩いて、つぶす。中華包丁なんだけど、軽い!
冷凍しておくと保存期間が延びて便利なのですが、冷凍すると食感が変わってしまうというデメリットも。しかし、冷凍することで逆に味がしみやすくなったり柔らかくな...
やっぱり子どもに包丁を持たせるのは怖いし、大人でも料理初心者の包丁使いにはハラハラ。でも、何事も挑戦しなきゃ上達なんてできないから。
スーパーで野菜を前にして、コレとコレどっちが美味しいんだろう…なんて悩む人って、意外と多いのでは?今回は『モノの見分け方事典』より、新鮮な野菜の見分け方を...
腐る、しぼむ、芽が出る、だけどそれがどういうわけか美しい。
岡山にある「フヌイユ農園」。草野友希さんという女性が、お豆を中心に季節の野菜を一人で育てています。収穫されたばかりの野菜は、食卓に並んでいるときとは違った...
野菜のマリネは、保存性を高めることができるため世界各地で用いられている料理法。ところが、ひと口にマリネといっても、地域によってその特色はさまざま。たとえば...
まさか、包丁がリング状になるなんて…。と思わず感心してしまいますが、よくよく考えてみれば、転がしてピザを切り分ける時のナイフも丸型。でも、あの感覚で何でも...
ただ「食べ物」ととらえるのではなく、少し見方を変えてみれば、鮮やかに色をつける野菜たちの美しさに少し気づくことができる。
ケーキを切っていたら、生地がつぶれてクリームがはみ出してしまったり、ゆで卵を切ろうとしたら黄身がボロボロになったり……。包丁でうまく切ることができない食材...
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...
いつものようにパスタを茹でるお湯を用意したら、塩、パスタ、そして野菜くずを同時に入れます。薄い野菜のダシスープを作り、それをパスタと一緒に茹でることで、野...
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
正直、野菜ジュースが手軽に作れるパウダーってそんなにめずらしくない。野菜・果物・スーパーフードをパウダー状にしてブレンドした「NICE n EASY」を見...
“忘れじの味”を世界各地の台所から伝える、イタリア人フォトグラファーがいます。プロジェクト「In Her Kitchen」。第6回は、ボリビアの家庭の味を...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
ゲームの中に登場しそうなパステルカラーの野菜たち。
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...