森の木を切る。そんな「絶滅危惧種」の守り方

なにかとネガティブな文脈で語られることの多いことばだろう。

森林伐採。

僕自身、耳にするたび反射的に負のイメージを抱いていた。尊い自然が、ひたすらに人間の手によって失われていくような。

でも、その行為すべてをひとまとめにして考えるのはナンセンスかもしれない。

世の中には「ポジティブな伐採」だってある

58076260886118406346031109242880

まずは、「前向きな伐採」を語るうえで欠かせない、ある絶滅危惧種の説明を。

イヌワシは日本に暮らしている猛禽類で、翼を広げると2メートルにもなる日本でもっとも大きな鳥の一種。うさぎやヘビなどを好んで食べ、生態系の頂点とされている。

「イヌワシが暮らす森は、生物多様性が豊かな証拠」

そんな存在として扱われることも多いが、今となっては日本国内に500羽程度しかいない。

この状況を改善すべく活動を始めたのが、日本自然保護協会という公益財団法人。林野庁や地域市民と協力し、群馬県みなかみ町の赤谷の森でプロジェクトをおこなっている。

52446761351905285451295469076480

1万ヘクタールという山手線内側の面積の約1.6倍に相当する広大な森。ここには、雄雌のイヌワシ一羽ずつが暮らしている(逆にいうと一組が生活するのに、これくらいの広さが必要となる)が、同プロジェクトで取り組んだのは「木を切ること」だった——。

「森林大国」と呼ばれる日本ではあるが、だからといってそれは「自然が豊か」であることと同義ではない。

実は森林面積のうちの約40%は自然に生まれたものではなく、人間の手によって作られた森。当然、適切な管理がなされなければ、荒れ果てたものになってしまう。

太陽の光が十分に届かない。木はやせ細ってしまう。草も生えない。こうした森は、イヌワシのエサとなる動物たちにとっても住みやすいものではない。

加えて、仮にエサとなる動物を見つけたとしても獲りづらい。スギなどの人工林は密度が高く冬になっても葉が落ちないため、翼を広げると2メートルにもなるイヌワシが林内に降りることができないのだ。

だからこそ、まずは密集した人工林の一部を伐採することで狩り場を創出。さらに、自然の復元力により広葉樹などの進入を促し、本来の多様な樹種からなる自然林に誘導する試みにも取り組んでいる。

こうした活動の甲斐もあり、早速イヌワシがハンティングをしようと森の上空に現れた映像を記録することができただけでなく、7年ぶりの子育てにも成功したという。

4754981143969792

こうした人工林は、急増した木材需要に対応すべく、政府が進めた拡大造林政策によって植えられたもの。

しかし、次第に海外から安い木材が輸入されるようになり、植えたはいいものの価値を見出すことができなくなった。切り出すだけで膨大なコストがかかり、しかも売れないという二重苦から、管理が行き届いていないのが実情のようだ。

そのような中、プロジェクトをサポートしたのが化粧品ブランド「LUSH」。切り出した木の一部を使って、ギフトアイテム用の包装紙、その名も「イヌワシペーパー」を作り上げた。

65771953759191046310919214727168

「どれだけコストがかかろうと、LUSHはイヌワシが暮らしていける豊かな森こそに価値を感じてくれました。取り組みはまだ始まったばかりで困難も多いですが、日本のスタンダードにしていきたいと思っています」

日本自然保護協会・岩橋大悟氏は同ブランドのサポートに対して、そう感謝の意を述べている。

5716810078879744

この「イヌワシペーパー」は、日本全国の約90店舗およびオンラインストアで、今年2月から販売された4種類のギフトラッピング用包装紙として使用されているとのこと。

僕が「LUSHは化粧品ブランドじゃない」と悟ったキッカケのひとつに、こうした活動があったわけだ。

Licensed material used with permission by LUSH
2015年に謎の伝染病によって、20万匹以上が死に至った絶滅危惧種「サイガ」。ある研究チームが約3年をかけて、その原因を突き止めました。
インドネシア・スマトラ島。豊かな熱帯雨林が広がり、ゾウやサイ、トラやオランウータンが共存できる「地球上最後の場所」といわれるこの島から、いま世界へ向けて救...
今日、絶滅の危機にある動物を紹介するキャンペーンとして、国際動物福祉基金(IFAW)が制作したビジュアルイメージが、世界で高い評価を得ている。過度な森林伐...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
どこまでもアボカドのおいしさを追求したい。そんなフリークが至った至高のメニュー。
サイやトラは、絶滅が危惧されている動物。しかしその状況下にあってもなお、密猟が行われ続けているという問題があります。その対策として作られたのが、なんと「バ...
世界自然保護基金<WWF>が打ち出した新しいコレクションは、全面に工事現場や、自然を破壊する情景の写真が使われている。環境を守りたいと思うからこそ、生み出...
言語研究サイト「Ethnologue」(2015年度版)によると、世界には実に「7,457」もの言語が存在するそう。想像をはるかに上回る数字だけれど、英語...
ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ。アフリカのサバンナに生息するこれらの野生動物は、通称「BIG5(ビッグファイブ)」と呼ばれ、狩猟が厳しく禁止さ...
みなさん、どうやって野菜を切っていますか?まな板に乗せて、流れ作業のように包丁をザクッザクッ。その切り方、ちょっと待って!
コミュニケーションがデジタル化している現代から、ホログラフィーでさえも触れるようになる未来へ。「人間の身体にはどんな意味が見出され、どのように変わっていく...
〈LUSH(ラッシュ)〉から発売されたワッペンです。アイロンで簡単にシャツや帽子につけられます。税込500円。見た目カワイイけれど、それだけじゃありません。
絶滅の危機に瀕しているキタシロサイ一頭が死体で発見された。場所はケニアのオルペジェタ自然保護区。これで世界で生き残っているキタシロサイはわずか6頭。死亡が...
色鮮やかな石鹸やバスボムが代名詞の化粧品ブランド。「LUSH」をそう認知している人は少なくない。かくいう僕もその一人だった。でも、たった2日のロンドン滞在...
緻密に作り上げられた幾何学模様に、「CGかと思った」「永遠に見ていられる」と、絶賛の声が相次いでいる。これらの作品はマニラを拠点に活躍するアーティスト、P...
北海道札幌市の隣町、当別町。『家具工房旅する木』の須田修司さんは、この町にある廃校になった小学校の校舎で、オーダーメイドの家具を作っている。
〈LUSH(ラッシュ)〉の「シャンプーバー缶」。ピルケースとしても、絡まりがちなイヤホンのケースとしても使えます。
ひとり何役もこなし、使う人の心と体とデバイスをフルチャージする、その名の通りハイパーなキューブだ。
現在の兵庫県姫路市・高砂市・加古川市にあたるこの地域で「高砂染」という染色技法が生まれた。最盛期には幕府・朝廷への献上品として重宝されたのだが、昭和初期に...
「動物とのふれあい」のあり方につて旅行業界も見直すべき。こんな決断が「トリップアドバイザー」からもたらされました。内容は、野生動物たちに悪影響を及ぼすよう...
「Spirit Science and Metaphysics」の記事には、18種類の動物が掲載されています。そのほとんどは、多くの人にとってこれまで目に...
もし自分が病気か事故で一度死にかけて、その後「第二の人生」を送れるチャンスを得たとしたら、何をするだろうか。アメリカのカリフォルニア州に、病気で命を落とし...
モスクワ出身のアーティストevgeny chesさんは、街にあふれるストリートアートを森の中に持ち込みました。しかしそれは、森を汚してしまう「落書き」では...
「動物の絶滅」は遠い世界の話そう、思っていませんか?日本に住んでいると「絶滅危惧動物」という言葉を聞いてもあまりピンと来ないかもしれません。しかし、WWF...