ロンドンで2日過ごしたら、LUSHは「化粧品ブランドじゃない」と悟った

色鮮やかな石鹸やバスボムが代名詞の化粧品ブランド。

「LUSH」をそう認知している人は少なくない。かくいう僕もその一人だった。

でも、“だった”と表現したのは、今はもうそれだけではなくなってしまったから。

間違いじゃないのだけれど、なんというか僕の中ではそんなシンプルなくくりでは収められなくなったのだ。

2月のロンドン。

たった2日間で、抱いていたLUSHのイメージは激変した。

異次元の「店長会議」

このたび参加する機会に恵まれたのは「Lush Summit 2018」。同ブランドにおいては、いわゆる“店長会議”としての機能を果たしているらしい。

そう聞くと、世界中から集まったストアマネージャーたちが各自の売り上げ達成度や成長戦略、そんな類のものを報告し合う場だろうと思うはず。

否。

部外者の僕がお呼ばれするのだから、そんなはずもない。

迎えたイベント当日。

会場では、LUSHの関係者だけではなく世界中の活動家や団体など、計3,000人以上が一堂に会した。

2日間にわたって開催されたサミットの目的は、同ブランドが商品を製造するうえで直面しているあらゆる社会問題を発信すること。そして、受け手がインスピレーションを感じ、理解し、解決へ向けたアクションへと繋げることだったのだ。

メインステージでは、ゲストスピーカーの講演やパネルディスカッションが。

大中小さまざまな大きさのブースでは、森林や動物の権利保護、密漁、ジェンダーの平等、先住民の権利など多岐にわたるイシューが語られていた。

特筆すべきは、それらの問題の解決策に、何らかのかたちでLUSHの商品が関わっていることだろう。

例えばこの「スマトラ シャンプーバー」は、インドネシア・スマトラ島の森と動物たちを保護するための商品。

この島では、化粧品の原料となるパーム油を手に入れるため違法な森林伐採が続いており、絶滅危惧種スマトラオランウータンなどが住処を奪われているという。

そこでLUSHは、パーム油不使用でこのシャンプーバーを製造。チャリティー商品として販売し、消費税を除く売上の全額が森林保護団体へ寄付され、東京ドーム約10個分という広大な土地購入に充てられる。

さらには、原材料もそこで育てると同時に、持続的に現地コミュニティの人々と付き合い、一緒になって元の生態系が整う森林に再生させることを目指すのだ。

メインステージのスクリーンには、商品化を目指すメンバーの奮闘の記録が流された。

ここでは書ききれないが、「スマトラ シャンプーバー」のような事例は数多い。

ふだん僕たちが店頭で目にするカラフルな陳列の裏側には、何らかのイシューの存在とその解決を願う人たちの想いがある。そんなことを教えられた2日間だった。

だからこそ今の僕は、LUSHを“社会変革者”のような存在としてとらえている。その手段として化粧品がある、くらいに思っている。彼らの信念、取り組みの本気度を目の当たりにすると、そう思わざるを得ない。

ブランドや価格、品質だけをモノを買う基準にするのではなく、地球環境や社会に配慮しているかどうかまで考慮する「エシカル消費」なんて言葉が浸透しつつある現代。

そのムーブメントを牽引する存在のひとつが、LUSHであることは間違いない。

Licensed material used with permission by LUSH
3月26日、英国発のハンドメイドコスメを展開する「LUSH(ラッシュ)」のオンラインストアで、LUSH原宿店限定で販売されていた「バブルバー」29種類に新...
「LUSH 原宿店」で、世界中のどの店舗でも展開のない限定商品86種を含む全110種の「バブルバー」が発売。
8月31日、「LUSH 新宿店」でスパサービスが開始。早速、新宿店限定のトリートメント「ザ エナジャイザー」を受けてきました。
「LUSH」が日本の自然の恵みをふんだんに使ったクリスマスリースや正月飾りのしめ縄など、季節を彩るスワッグ4種の販売を開始。
人生100年時代にぜひ覚えておいて欲しい考え方「ウェルネス」についてご紹介。この記事では、ウェルネスの正しい意味やその指標を説明していく。
「LUSH」が、新型コロナウイルスの蔓延に伴い“手洗いサービス”を開放中。誰でも自由に利用することができ、商品を購入する必要はないという。
〈LUSH(ラッシュ)〉の「シャンプーバー缶」。ピルケースとしても、絡まりがちなイヤホンのケースとしても使えます。
フランスの大手化粧品メーカー「ロレアル」が紙製の化粧品チューブを開発。ロレアルは10年前からライフサイクルアセスメントを実施しており、紙製のほうが環境影響...
リキッドが当たり前のマウスウォッシュ市場に、新たにタブレットタイプが登場した。見た目も色もさながらお菓子。これをひと粒口に頬張り、カミカミしながら水をふく...
「LUSH SPA」の新トリートメント「テールズ オブ バス」が日本初上陸。バスタブを使用した、待望のフルボディトリートメントです。
テーブルウェアブランド「KINTO(キント)」から、キャンドルで温めるアロマディフューザー「AROMA OIL WARMER」発売。
〈LUSH(ラッシュ)〉から発売されたワッペンです。アイロンで簡単にシャツや帽子につけられます。税込500円。見た目カワイイけれど、それだけじゃありません。
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。
インドネシア・スマトラ島。豊かな熱帯雨林が広がり、ゾウやサイ、トラやオランウータンが共存できる「地球上最後の場所」といわれるこの島から、いま世界へ向けて救...
化粧品のコマーシャルフォトを手がけるフランス人写真家が、こうつぶやく。「欲望の押し付けに、ちょっと疲れちゃった」名前は、Benjamin Henon。普段...
7月31日まで、クラウドファンディングサイト「INDIEGOGO」にて資金調達をおこなっている「Walking Pad S1」は、折りたたみ式のウォーキン...
スーパーに行ったら、買う買わないに関わらず、一度はスイカの棚をチェックしてしまう、そんな季節がやってきました。日本の梅雨や夏のように湿気が高く、ジメジメと...
12月17日、化粧品大手の「コーセー」は東京・銀座にコンセプトストア「Maison KOSÉ(メゾンコーセー)」をオープンする。
「森林伐採」をひとまとめにネガティブなこととして考えるのはナンセンスかもしれない。
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
香りやボトルのデザインじゃなくて、背景にあるストーリーに惹かれてパフュームを購入したのは初めてです。なんせ名前が「RENTLESS(レントレス)」です。意...
このタブレットの真価は、特徴的な使い方ではなく、使用後の口内の爽快感にあります。ミントでリフレッシュさせる……というのが、マウスウォッシュの定番ですが、「...
タイ発のプチプラコスメブランド「Mistine」より、本物のタピオカミルクティーを原料とした「タピオカミルクローション」が発売。紅茶に含まれるポリフェノー...