ロンドンで2日過ごしたら、LUSHは「化粧品ブランドじゃない」と悟った

色鮮やかな石鹸やバスボムが代名詞の化粧品ブランド。

「LUSH」をそう認知している人は少なくない。かくいう僕もその一人だった。

でも、“だった”と表現したのは、今はもうそれだけではなくなってしまったから。

間違いじゃないのだけれど、なんというか僕の中ではそんなシンプルなくくりでは収められなくなったのだ。

2月のロンドン。

たった2日間で、抱いていたLUSHのイメージは激変した。

異次元の「店長会議」

このたび参加する機会に恵まれたのは「Lush Summit 2018」。同ブランドにおいては、いわゆる“店長会議”としての機能を果たしているらしい。

そう聞くと、世界中から集まったストアマネージャーたちが各自の売り上げ達成度や成長戦略、そんな類のものを報告し合う場だろうと思うはず。

しかし、もちろん否。

部外者の僕がお呼ばれするのだから、そんなはずもない。

迎えたイベント当日。

会場では、LUSHの関係者だけではなく世界中の活動家や団体など、計3,000人以上が一堂に会した。

2日間にわたって開催されたサミットの目的は、同ブランドが商品を製造するうえで直面しているあらゆる社会問題を発信すること。そして、受け手がインスピレーションを感じ、理解し、解決へ向けたアクションへと繋げることだったのだ。

メインステージでは、ゲストスピーカーの講演やパネルディスカッションが。

大中小さまざまな大きさのブースでは、森林や動物の権利保護、密漁、ジェンダーの平等、先住民の権利など多岐にわたるイシューが語られていた。

特筆すべきは、それらの問題の解決策に、何らかのかたちでLUSHの商品が関わっていることだろう。

例えばこの「スマトラ シャンプーバー」は、インドネシア・スマトラ島の森と動物たちを保護するための商品。

この島では、化粧品の原料となるパーム油を手に入れるため違法な森林伐採が続いており、絶滅危惧種スマトラオランウータンなどが住処を奪われているという。

そこでLUSHは、パーム油不使用でこのシャンプーバーを製造。チャリティー商品として販売し、消費税を除く売上の全額が森林保護団体へ寄付され、東京ドーム約10個分という広大な土地購入に充てられる。

さらには、原材料もそこで育てると同時に、持続的に現地コミュニティの人々と付き合い、一緒になって元の生態系が整う森林に再生させることを目指すのだ。

メインステージのスクリーンには、商品化を目指すメンバーの奮闘の記録が流された。

ここでは書ききれないが、「スマトラ シャンプーバー」のような事例は数多い。

ふだん僕たちが店頭で目にするカラフルな陳列の裏側には、何らかのイシューの存在とその解決を願う人たちの想いがある。そんなことを教えられた2日間だった。

誤解を恐れずに言うと、だからこそ今の僕はLUSHを「社会変革者」のような存在としてとらえている。その手段として化粧品がある、くらいに思っている。彼らの信念、取り組みの本気度を目の当たりにすると、そう思わざるを得ない。

ブランドや価格、品質だけをモノを買う基準にするのではなく、地球環境や社会に配慮しているかどうかまで考慮する「エシカル消費」なんて言葉が浸透しつつある現代。

そのムーブメントを牽引する存在のひとつが、LUSHであることは間違いない。

Licensed material used with permission by LUSH
〈LUSH(ラッシュ)〉の「シャンプーバー缶」。ピルケースとしても、絡まりがちなイヤホンのケースとしても使えます。
リキッドが当たり前のマウスウォッシュ市場に、新たにタブレットタイプが登場した。見た目も色もさながらお菓子。これをひと粒口に頬張り、カミカミしながら水をふく...
〈LUSH(ラッシュ)〉から発売されたワッペンです。アイロンで簡単にシャツや帽子につけられます。税込500円。見た目カワイイけれど、それだけじゃありません。
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
3年の月日をかけて開発された「Mighty Mug」。横からチョップしようがパンチしようが、正面からどつこうが倒れません。つまり、デスクワーク中に肘が当た...
2018年12月5日、ヘルシンキ中央駅から徒歩5分という好立地に、新しい図書館「Oodi」がオープンします。ビックリ!するくらいその大きさに圧倒されます。
インドネシア・スマトラ島。豊かな熱帯雨林が広がり、ゾウやサイ、トラやオランウータンが共存できる「地球上最後の場所」といわれるこの島から、いま世界へ向けて救...
化粧品のコマーシャルフォトを手がけるフランス人写真家が、こうつぶやく。「欲望の押し付けに、ちょっと疲れちゃった」名前は、Benjamin Henon。普段...
「森林伐採」をひとまとめにネガティヴなこととして考えるのはナンセンスかもしれない。
香りやボトルのデザインじゃなくて、背景にあるストーリーに惹かれてパフュームを購入したのは初めてです。なんせ名前が「RENTLESS(レントレス)」です。意...
「Apollo Peak」のCat Wine(キャットワイン)は、アルコールフリーの猫用ワイン!一人でお酒を嗜むのもいいけれど、愛猫と一緒ならもっと充実し...
〈LUSH(ラッシュ)〉の練り香水は、1個約1,000円〜1,500円というプライス。手の平に乗るサイズの缶入りで、香りもいろんなベクトルのものがあって、...
このタブレットの真価は、特徴的な使い方ではなく、使用後の口内の爽快感にあります。ミントでリフレッシュさせる……というのが、マウスウォッシュの定番ですが、「...
〈KIKKERLAND(キッカーランド)〉の小分け用のボトルセット。クリームタイプのケースやスプレー式のボトル、識別用のシールとポーチも付いてます。旅行時...
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
アメリカ・フロリダ州を拠点にするカトリック教徒のグループFundación Ramón Panéが、ポケモンGOに似たアプリを開発しました。その名も『Fo...
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
近年、メイクアップ技術は著しく進化している。あまりにも素顔とかけ離れ過ぎて「化粧=詐欺」と形容されることもしばしば。更には、性別を越える事も可能になってき...
ブランド品の偽物が、数え切れないほど出回っている今、知識がない限り自信をもって本物と偽物を見分けることは難しいだろう。が、ものの15秒ほどでその作業を行っ...
人類の滅亡を予言した(と解釈される)ノストラダムス。この預言者には、医師としての顔もあったことを知っていますか?医師として彼が書いた本のなかに、ビックリす...
Scottさんはメイクが大好き。以前から化粧をして職場へ行っていたのですが、新しくきた上司に理解されずショックを受けます。化粧を落とせという要求に従わず、...
日本に昔から伝わるオイル「椿油」。おばあちゃんが使っていた、なんて人もいるのでは。一般的に「髪に良い」とされていますが、化粧品サイトなどでは「ベタベタにな...
旅好きの女性に、ぜひともオススメしたいアイテムがこちら。ちなみに、自分の周りではかなり好評なんです。一緒に旅行に行く男性からすると、持ち運びが大変だなあと...