仏ロレアルが紙製のチューブを開発。化粧品容器も脱プラスチックへ

フランスの化粧品大手「ロレアル」が今年の10月、現地の容器製造メーカー「Albéa」と協働で同社初となる紙製化粧品チューブを開発したと発表。

2020年4月にテストスタートをはじめながら、サステイナビリティ認証紙を用いた紙繊維による容器にプラスチックから移行。25年までに、詰替・リサイクル・堆肥化が可能なものに切り替える予定だ。また、全容器・包装も同年までに植物由来のものに変更する。

同社は、商品やサービスの原料調達から、廃棄・リサイクルに至るまでの環境負荷を定量的に算定するための“ライフサイクルアセスメント”を10年ほど前から実施している。この結果、紙製のほうが環境影響を少なくできると判断したようだ。

近年、日本でも多くの飲食店やスーパーで「脱プラスチック」の動きがみられるが、この流れがあらゆる業界に広まり、環境問題への取り組みがさらに加速することを期待したい。

©L’oreal
Top image: © L’oreal
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
紙やプラスチックの代替素材として注目の「ライメックス(LIMEX)」を軸材に使った世界初のボールペン「uni LIMEX」。
紙製のストローや容器を採用するなど、脱プラスチックに向けた動きを展開しているイギリスのマクドナルド。それに対して、「ハッピーセット」のおもちゃも廃止すべき...
サンフランシスコ市は、市内にある全ての飲食店で「プラスチック製ストロー」の提供を禁じる。プラごみの海洋流出をはじめとした環境問題対策として、すでに7月1日...
実は食品廃棄大国なんです。そんな事態をなんとかしようと注目を集めているのが、「フードロスを減らしながら、お得に美味しいものが食べれちゃう」というサービス。...
イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で使用されている紙製ストロー、リサイクルされずに廃棄処理されていた。
ネスレ日本は、キットカットのパッケージを来月から紙製に変更。その紙製パッケージで折り鶴をつくり、メッセージを書いて、想いを伝えたい人に届けようと推奨するキ...
マクドナルドは、イギリス国内にある全店舗で「廃プラスチック」に対する新しい取り組みを発表。9月から、マックフルーリーのふたの提供停止とサラダの容器を「紙製...
スポーツ用品大手の「アシックス」は、世界中の直営店で使用されている「プラスチック製ショッピングバッグ」を廃止すると発表。2020年から順次、紙製バッグへと...
「Spearmint Toothpaste Tablets」は、その形状、原材料、パッケージに至るまで環境負荷が少ない新タイプの歯磨き粉。チューブに入って...
テニスプレイヤー・大坂なおみ選手が、女の子のスポーツ体験を向上し、人生を変える「プレー・アカデミー with 大坂なおみ」を今月初旬に設立。
ファーストリテイリングは、環境問題対策の一環として「脱プラ」を宣言。2020年内に店頭での使い捨てプラスチック包装を、グループ全体で85%削減する方針だ。
環境負荷を低減するパッケージに注目が集まるなか、「凸版印刷」が新機能パッケージ「チューブな紙パウチ」を開発。
新発売された簡易食品容器「BPM」は、従来のパルプモールド容器問題を解消し、最後は水分と温度が適度な環境下に置くことで生分解される。原料に使用される「孟宗...
「無印良品」や「MUJIブランド」を展開する「無印良品」は、今年6月末までに、すべての店舗でプラスチック製のショッピングバッグの使用をやめ、紙製のものに変...
「ギャップジャパン株式会社」は2月2日よりプラスチック製ショッパーの廃止を決定。代わりに再生紙100%の紙製バッグを有料化すると発表。
サウナーに評判の長野県・野尻湖のサウナ施設「The Sauna」に2棟目が誕生。新たにオープンするサウナは2階建てとなっており、1階は涼しく、2階は暑いと...
オーダーメイドスーツを手がける「FABRIC TOKYO」が、“誰もが自分らしくサービスを利用できる未来をつくっていきたい”という想いから「FABRIC ...
英・バーガーキングが「プラスチック製おもちゃ」の廃止を発表した。
環境への負担を減らし、衛生面を向上させた、リユーザブルな「ジッパーストロー」。
プラスチックストローの代わりに注目するNEXTストローは「WARA STRAW」。東京都で本土唯一の村となる檜原村の畑で育てられた「麦わら」で、一本ずつ職...
中国の国家発展改革委員会が発表した報告書によると、2020年末までに主要都市でのビニール袋の使用を禁止。25年末までには中国全土で使用が禁止されるという。
タフな車体が自慢の「BMX」がサドルに壊れやすいプラスチック素材を採用している理由とは?
日本のベンチャー企業『株式会社TBM』が開発した、石灰石を使用した『LIMEX(ライメックス)』。これ、紙やプラスチックの代替となる新素材なんです。