マクドナルドの紙製ストロー。リサイクルできずに廃棄処分

プラスチックストローの代替品として、昨年よりマクドナルドで導入が始まった紙製ストロー。それが、リサイクルできず一般ゴミとして処分されていたことが判明した。

環境への配慮から、イギリスとアイルランドのマクドナルド全1361店で導入していた紙製ストローだが、強度を高めた結果、今度は紙が分厚すぎてリサイクルできなくなってしまったようだ。マクドナルドの内部資料を入手した英紙「The Sun」が報じた内容によると、「紙製ストローはまだリサイクルができず、当分の間は一般ゴミとして処分するように」といった指示もあったという。

2025年までに世界の全店舗でプラスチックストロー廃止を目指しているマクドナルド。プラスチック削減に向けた企業アピールが、少しばかり勇み足となってしまった感は否めない。

Top image: © iStock.com/smartboy10
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
マクドナルドは、イギリス国内にある全店舗で「廃プラスチック」に対する新しい取り組みを発表。9月から、マックフルーリーのふたの提供停止とサラダの容器を「紙製...
カリフォルニア州で、9月20日にストローの提供を禁じる法案が可決されました。
大統領選の選挙活動の一環として、リサイクル可能なプラスチック製ストローを販売開始したトランプ陣営。数日でなんと14万本以上も購入されたという。22日、キャ...
真冬の北海道十勝地方の大自然をパノラマに、極上のサウナ体験を。移動式サウナ「サウナトレーナー」でマイナス20度の世界を独り占めできる新サービス「地球で“と...