トランプ陣営も寵愛!?
凄すぎる「プラスチック製ストロー」
の存在感

2020年の大統領選挙での再選に向け、着々と準備を進めるトランプ陣営。先日、資金調達のためにリサイクル可能なプラスチック製ストローを販売開始。

これが、数日でなんと14万本以上も購入されたとか。22日、キャンペーンマネージャーがTwitterで発表した。

既に、20万ドル(約2150万円)以上もの資金が集まっているという。

トランプ大統領は、プラスチック製ストローを禁止する州を暗に指して「違法になる州もあるかもしれないけどな」と、“皮肉ツイート”をした。

相変わらず……といったところ。一方で、選挙活動の資金集めに役立つだろうと認識されるほど、その存在感において今やプラスチック製ストローの右に出るものはいないといえそう。

© Brad Parscale/Twitter
© Donald Trump Jr./Twitter
Top image: © 2019 TABI LABO
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
7月9日にスターバックスが、プラスチック製ストローの使用を2020年までに全て廃止すると宣言しました。
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。