「トランプ大統領」の筆跡を忠実に再現した「フォント」!ダウンロード可!

11月下旬、アメリカ議会では「ウクライナ疑惑」にまつわるトランプ大統領への弾劾調査を進める公聴会が開かれた。

そんな公聴会の場で、「Getty Images」のフォトグラファーがトランプ氏が手元に置いたメモ帳を激写。写真には「I WANT NOTHING」など手書きのメモが並び、本件を象徴する1枚となると同時に、その書き殴ったような筆跡が話題に。

すぐさま、トランプ氏の筆跡を忠実に再現したフォントをダウンロードできるサイトが登場。デバイスに取り込めば、誰でも自由に使用することができる。

ビジュアルについては、上の画像の通り。マーカーで塗りつぶされたような太字なので、ちょっと見づらい。となると、自分にとって不都合な内容を伝えるときに打ってつけなのかも……!?

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

アメリカ国内だけではなく、世界中で物議を醸している「トランプ大統領」。そんなトランプ大統領にまつわるおもしろエピソードを6つ紹介したいと思います。
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。
「Twitter」は先月、メディアが意図的に誤解を招いていると判断した場合に「Manipulated media(操作されたメディア)」というタグをつける...
2023年に向けて開発中の「虎ノ門・麻布台プロジェクト」の地に、ブランデッドレジデンス「アマンレジデンス 東京」とラグジュアリーホテル「ジャヌ東京」が開業する。
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
ドナルド・トランプ大統領のTwitterアカウントは、政権移行後、どうなる?

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
応援購入サービス「Makuake」にて先行販売を実施している背もたれ「minicute」は、人間工学に基づいた設計で、理想的な姿勢を維持してくれる。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...