「トランプ大統領」の筆跡を忠実に再現した「フォント」!ダウンロード可!

11月下旬、アメリカ議会では「ウクライナ疑惑」にまつわるトランプ大統領への弾劾調査を進める公聴会が開かれた。

そんな公聴会の場で、「Getty Images」のフォトグラファーがトランプ氏が手元に置いたメモ帳を激写。写真には「I WANT NOTHING」など手書きのメモが並び、本件を象徴する1枚となると同時に、その書き殴ったような筆跡が話題に。

すぐさま、トランプ氏の筆跡を忠実に再現したフォントをダウンロードできるサイトが登場。デバイスに取り込めば、誰でも自由に使用することができる。

ビジュアルについては、上の画像の通り。マーカーで塗りつぶされたような太字なので、ちょっと見づらい。となると、自分にとって不都合な内容を伝えるときに打ってつけなのかも……!?

Top image: © 2019 NEW STANDARD
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
ハイチをはじめとする中米やアフリカの国々を、「Shithole」と呼んだとされるトランプ大統領。これに対して、ある広告代理店が華麗な皮肉を使ったキャンペー...
8月31日、米「Amazon」が「アメリカ連邦航空局(FAA)」からドローン配送サービスに対する認可を与えられた。これにより、かねてより構想を発表していた...
トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。
日本人にはドナルド・トランプの魅力が理解しがたいという話を何人かの友人から聞きました(信じてほしいのですが、イギリス人だって同じです)。彼の派手で荒々しい...
3月にオークションで落札されていたトランプの生家、Airbnbを通して宿泊できることになり話題を集めている。場所はニューヨーク州のクイーンズ区。家の中は幼...
大統領選の選挙活動の一環として、リサイクル可能なプラスチック製ストローを販売開始したトランプ陣営。数日でなんと14万本以上も購入されたという。22日、キャ...
歴史も国も違う文化が見事に融合したトランプで七並べでもしながら、1つひとつ手にとってじっくり絵柄を楽しみたい
2018年の4月1日、バーガーキングはエイプリルフールのネタとしてチョコレート味のワッパーを開発したと発表。2020年の9月1日、台湾・台南に10年ぶりに...
「Twitter」は先月、メディアが意図的に誤解を招いていると判断した場合に「Manipulated media(操作されたメディア)」というタグをつける...
ドナルド・トランプとボリス・ジョンソンのSNS施策は、信じられないようなことをやっています。
アメリカで活躍するデザイナーJoe Doucet氏が制作したお遊び要素一切なしのトランプ。シンプルな佇まいで純粋にゲームに集中できそうです。本気でトランプ...
生徒や教師たちが亡くなった事件に対するトランプ大統領の発言は、彼の想像とは裏腹に、アメリカ社会に大きな波紋を起こし、新たなソーシャルムーブメントを生むこと...
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
「長田工業所」が自社の工場を開放して作った、溶接や金属加工で遊べて学べる溶接のテーマパーク「アイアンプラネット」が、2、3号店をそれぞれ栃木と神奈川にオー...
「ロエベ(LOEWE)」から初となる「ホームセンツコレクション」が登場。アロマキャンドル、ルームスプレー、ディフューザーなどがラインナップされているのだが...
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領が、大統領官邸(通称“ロス・ピノス”)をカルチャーセンターとして一般公開しました。
ブラジルのジャイル・ボルソナロ大統領が、「うんちを一日置きにすれば、環境問題と貧困は解決する」と発言。
自国民に外出を控えることを呼びかけるため、大統領自身が室内でエクササイズする動画を公開した。
全世界で10万個以上を販売する、強度と防水性が自慢のトランプがリニューアル。新型「Air Deck 3.0」は、軽量&コンパクトにしてデザイン性も高い逸品。