もし世界の権力者たちが、難民になったら…。

シリア出身のペインターAbdalla Al Omariさんは、最近ベルギーで難民として認定されたという。そして始めたのが「The Vulnerability Series」。

このプロジェクトでは、難民問題に深く関係している政治家たちをあえて弱い立場として描いている。「表向きは最高権力のパワーを保持する人たちも、それほど強いわけじゃない。弱いのはみんな一緒だ」ということを伝えたかったそう。彼の作品は現実とのギャップを強調していて、インパクト抜群の仕上がりになっている。

「権力者」というイメージを壊す

トランプ大統領。元々権力者の彼のこんな姿は、誰が想像しただろう。

おもちゃのミサイルを持って立ち尽くす金正恩委員長。

ドイツのメルケル首相まで。

オバマ前大統領の目はとても寂しそう。

シリアのアサド大統領。頭にのっているのはただのペーパー冠だ。

よたよたのパーカーを着て乾杯しようとする、イギリスのキャメロン前首相。

このメンバーが配給のために並んでいる姿は、ペイントとわかっていても少し衝撃。

「急げ!逃げろ!」

こんな状況に陥ったら、きっと彼らも、命がけで安心できる地を求めるに違いない。

Licensed material used with permission by Abdalla Al Omari
元大統領だとは考えられないエピソードで、ビックリ!
安全な地を求めて歩く難民たちの状況を知ってもらうという目的がある、国連UNHCR協会が手がけるプロジェクトです。
2015年夏、ヨーロッパは第二次大戦以来となる難民問題に直面しました。ドイツのデザインスタジオが製作した、この6分間のアニメーション動画は、シリアからの難...
ニュースでは、ヨーロッパ各国が難民受け入れ問題で混乱していたり、アメリカでもトランプ大統領がその受け入れを制限したりと、世界的に大きな話題となっている、難...
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
トランプ大統領の入国禁止令に反対するために、制作された一つの動画。主人公となるLaylaとその家族は難民となり、“安全な暮らし”を求めて国を渡り歩きます。...
ドイツのスタートアップ「mimycri」が製造しているのは、バックパックやラップトップケース。これらには地中海を渡ったであろう難民が乗っていたボートが使わ...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
内戦が続くシリアでは、国内でも多くの人が自宅を離れて避難生活を送っています。そんな彼らのために、MIT(マサチューセッツ工科大学)の生徒たちが、厳しい冬の...
トランプ政権を揶揄したアメリカンなジョークグッズと思いきや、その逆。トランプ支持者が作ったものだそうです。
米・大統領に就任したドナルド・トランプは先日、イスラム圏7カ国からの渡航者を、米国内に入国させない、という大統領令に署名しました。指定された7カ国の旅行者...
ハイチをはじめとする中米やアフリカの国々を、「Shithole」と呼んだとされるトランプ大統領。これに対して、ある広告代理店が華麗な皮肉を使ったキャンペー...
 12月24日、ホワイトハウスより毎年恒例のオバマ大統領夫妻による、クリスマスメッセージが公開された。任期中最後のサプライズ演出なのか、ミシェル夫人の振り...
難民や移民の子どもたちが心の拠り所にできるように、イスラエルを拠点に活動するデザイナーと建築家たちが手を組み、小学校をリノベーションしました。
3月にオークションで落札されていたトランプの生家、Airbnbを通して宿泊できることになり話題を集めている。場所はニューヨーク州のクイーンズ区。家の中は幼...
自国で戦争があり命からがら難民として逃げてきた若者たちのグループ。現在はギリシャの難民キャンプで暮らしている彼らは自分達の「声」を届けるために雑誌をつくる...
大統領退任まで、残すところ1ヶ月あまりとなった12月16日(つまり今日!)、Netflixにてバラク・オバマの青春時代を描いたオリジナル映画『バリー』(原...