意外と知らない台湾の常識5つ

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。

01.
暖房が(ほぼ)ない!

©miwaflower

一年中暖かいイメージがある台湾ですが、ちゃんと四季があります。そして冬はちょっと注意が必要。

もちろん日本よりは暖かいのですが、台湾にはあまり暖房が普及していません。

基本的には暖房がいらない気温なので、エアコンは冷やす為のもの、というわけです。

日本のデパートや一部施設を除いては、一般家庭に暖房機能がないのは普通。ホテルもレストランもタクシーも外と変わらないくらいの寒さになることも度々。冬でも室内は暖かいと思っていると痛い目にあいます。

ちなみに、私が今回訪れたタイミングは、大寒波の影響で日本の真冬並みに寒かったです。我慢できずにホテルで簡易ヒーターを借りました……。

02.
マンゴーは夏だけ

©miwaflower

フルーツ天国、台湾。様々なフレッシュフルーツが楽しめますが、前述した通り四季があるので、フルーツによって旬の時期が決まっています。

なんとなく、台湾なら一年中食べれらると思ってしまうマンゴーは、夏を代表するフルーツ。なので、冬の台湾ではマンゴーは食べられません。

日本でもお馴染みになったかき氷店「ICE MONSTER」でも、冬はマンゴーがなく、名物のアレは注文できないのでご注意を。

03.
飲食マナーにかなり厳しい

©miwaflower

夜市で食べ歩きのイメージから、飲食マナーに関しては緩そうに思えますが、MRT(地下鉄)内での飲食にはとっても厳しいので要注意。

車内だけでなく駅構内すべてで、ドリンクを飲む事はおろか、飴やガムを食べる事も禁止されています。うっかり違反が見つかると罰金をとられてしまうほど。

この厳しいルールのおかげで、MRTは台湾で一番綺麗な場所と呼ばれているとか。ちなみに、エスカレーターでは右側に立つのがマナーです。

04.
コンビニの袋は有料

©miwaflower

日本のコンビニでは、お会計をする時に「要らない」と言わない限りビニール袋がついてきてしまうのもの。

台湾のコンビニでは、こうはなりません。逆に「欲しい」と言って袋を買うシステムです。

微々たる出費とはいえ、エコバッグを用意しておくのが賢明。

05.
パスポートの残存期限規定が変更に

©miwaflower

世界に誇る日本の最強パスポート。これさえあれば、ビザ無しで180もの国に渡航することが出来ます。注意したいのは、訪問国によって、求められるパスポートの「残存有効期間」が違うこと。

例えばアジアだと、韓国では「入国時3ヶ月以上」、タイやシンガポール等の多くの国では「入国時6ヶ月以上」とされています。

ですが、2017年8月、台湾はそれまで設定していた「入国時3ヶ月以上」の規定を撤廃。滞在予定日数以上であれば入国可能となりました。

つまり、パスポートの有効期限が帰国予定日+1日あればOKということ!

ますます近くなった台湾をぜひ楽しんでみてください。

Top image: © miwaflower
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
台湾ポップスを聞いたことがない人へ。台湾語のエキゾチックな雰囲気と都会的なサウンドは新鮮です!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
心温まる動画をご紹介。
イタリアにある「ピサの斜塔」は、2001年に終わった改装工事のおかげで、その傾きを40cmくらい改善できました。それから17年の間に、ちょっとだけまっすぐ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
2018年のIPPAWARD受賞作品のひとつ『I want to play』を撮影したフォトグラファーZarni Myo Winさん。曰く、撮影で重要なの...
一般的には常識外れな亜熱帯の台湾で造られるウイスキー「KAVALAN(カバラン)」。造り方とか調べると、けっこう“台湾としての個性”を感じさせる面白いお酒です。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
日本統治時代50年間のなごりを味わう。台湾でローカライズされた日本食がおもしろい。
誰も知らないブランドの先取りって、間違いなくファッションの楽しみの一つですしね。
通称、オジさんサービス。これは韓国で展開されているいじめ対策サービスのひとつ。同国のメディア「News Nate」の記事によれば、想像の範疇を超える内容に...
台湾・九份は日帰りで遊びに行くより泊まるのがオススメ! だけど宿選びには気をつけて。条件をかねていて、九份に行ったら泊まりたい! と思えるの宿がここ、『山...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。日本で使い慣れているからこそ値段や味、デザインの比較がしやすくて、疑問や...
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
次の台湾旅は、ちょっと南下して「台中市」に泊まってみては?バリ島よろしくリーズナブルでありながら、リゾート感満載の台湾のモーテルは、家族連れや友達同士でも...
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
台湾の最南端・屏東県まで足を伸ばしたならば、買って帰るべきは、王道のパイナップルケーキ(鳳梨酥)でも、台湾産の烏龍茶でも、からすみでもなくこのトンボ玉!
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。