都市伝説じゃなかった。台湾の老舗ホテル地下に掘られた「秘密のトンネル」

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。

始まりは、日本統治時代に遡ります

1895年から1945年までの50年間、台湾は日本の統治下にありました。

日本政府はこの統治時代に多くの神社を台湾内に建設し、その中でも1901年に創建された「台湾神宮」は、台湾の総鎮守として最も重要な神社とされました。

しかし、1944年、台湾神宮のあった圓山の山頂に旅客機が墜落するという大事故が起こり、社殿などのほとんどが焼失してしまいます。

そして1945年、第二次世界大戦の終戦と日本敗戦とともに、台湾にある全ての神社は廃止。

5345457442127872

1952年、台湾神宮の跡地に建てられたのが、台湾大飯店(後の圓山大飯店)。改装を繰り返しながら、台湾で最も有名な国際レベルのホテルとして、今も世界中のVIPが訪れる場所となっています。

いざ、秘密のトンネルへ

4888444065021952

「ホテルの地下に秘密のトンネルがあるらしい」という情報はあったものの、その全貌は謎に包まれていました。ところが2015年、ホテルはこれを一般公開する事を決めます。

ドキドキしながら従業員専用通路を抜けていくと、突き当たりに台北の夜景画が施された扉が。

6670941660643328

扉が開かれると、出てきたのは乳白色の鍾乳洞のようなトンネル!ホテルの地下にこんなものがあるなんて……。

6357542997327872

1973年、有事の際に当時の総統・蒋介石を始めとするVIPを逃がす為に作られたと言われるのが、この脱出トンネル。入り口から約20mは、急な階段と滑り台になっています。

4894160129622016

かなり急なので「滑り台は逆に危なくないのかな?」と口にしたところ、どうやらこれは荷物用のシューターとしての使用が想定されているとのこと。

戦争時には防空壕の役割も果たすというトンネル内の壁には、外の爆発音を防音する為の凹凸がつけられてます。

4730220556845056

説明を聞くにつれて、当時の生々しい歴史背景が浮かび上がってきます。

遊び心でも気まぐれでもなく、本当にこのトンネルを使うかもしれない事態を予測していたのかもしれません。

現在まで、実際に使われたことはないという事実に少しホッとします。

5564054768713728

進んでいくにつれて、どんどん狭くなっていくトンネル。最後は大人が立って歩くのがギリギリくらいに。

6338631182581760

全長約85mを下りきって突き当たったのがこの出口。ホテルの西側の、剣潭公園に出ることができます。

実は逆の東側にも同様のトンネルがありますが、こちらは依然非公開。

ホテル宿泊者の特権なのです

現在、ホテル宿泊者に限り公開されている「秘密のトンネル」。この場所を目的とした台湾旅も、一つの楽しみ方ではないでしょうか?

全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
セグウェイから新製品が登場!その名も「Segway Drift W1 e-Skates」。軽くて小さいから持ち運びも簡単です。
ある意味、好きな人にだけとどけばいい。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第9回は「いま、台北で行くべきコーヒーショップ3軒」です。
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
米造形作家による作品です。
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。これから全12回にわ...
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
カンタス航空は、シドニー国際空港と協力しながら、一部の利用客に顔認証システムを使ったチェックインサービスを提供し始めたようです。
コアな台湾ファンは周知の事実ですが、当地発のB級グルメに「揚げおにぎり」なるものがあります。
気軽に行ける旅行先として人気の台湾。はじめてなら台北や台南がベター?と思いきや、じわじわと台中ブームが来ているみたい。都会の雰囲気もありながら古き良き台湾...
ここに紹介する台湾人アーティストPigo Lin(皮哥)も、「多分に日本のカルチャーに影響を受けた」人物。ユーモアとちょいエロ、それ自体は日本の春画(笑い...
可愛いからってついつい買ってしまうマスキングテープ。でもその使い道に困ってしまうこともあるのでは?そこで、台湾のイラストレーターが意外な使い方を教えてくれ...
イエローの車体色が統一されている台湾のタクシー。初乗り70元はランチ代と変わりませんが、MRT(地下鉄)の普及もあり、空車は対向車線からUターンするなど客...
「私たちは、東西両方の食材の中に共通点を見つけて、自分たちだけの食文化を作っていった。そしてそこにはいつも、あずきがあった」台湾人の母を持ち、アメリカで生...