洋服店の鏡の裏は「秘密のBAR」へとつながっていた。

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第3回は、定番の夜市散策以外の夜の楽しみ方をご紹介。いま、台北で訪れるべき4軒のBARです。

01.
禁酒時代の隠れ家BAR「Hanko60」

6029230328512512

台北を訪れる観光客が一度は足を運ぶエリア、西門町。その路地裏に「Hanko60」はあります。

かつてアメリカで禁酒令が敷かれていた時代、多くのパブや醸造所は、食料品店や理髪店などの外観でカモフラージュをして営業していたそう。そんな隠れ家的BARを現代風に再現したのがここ。外観はレトロな映画館のチケット売り場のよう。

4976140720537600

エントランスを抜け店内に入ると、まず視界に飛び込んでくるのが、「如醉如夢」のネオンサイン。「夢を見るように酔いしれる」というその意味の通り、ズラリと並んだお酒とムーディな照明。

それはそれは、いい雰囲気。

5717022579097600

インパクト抜群のオリジナルカクテルは、見た目の斬新さとは裏腹に、計算された繊細な味わい。まさにここでしか飲めない一杯と言えます。

02.
スパイ映画をモチーフにした「Le Kief 菱玖洋服」

5154618757611520

英国紳士のマナーを尊ぶエージェントたちが、スーツで過激なアクションを繰り広げる人気スパイ映画『キングスマン』。秘密諜報機関の本部が、表向きは高級スーツの仕立て屋であるという設定そのままに「Le Kief 菱玖洋服」の外観も完全に洋服店。

6102040627380224

中に入っても洋服店。どこにBARがあるんでしょう?

突き当たりにある電話にご注目ください。

4751465075703808

なんと、この電話で秘密の数字「0」と「9」をダイヤルすると、一面鏡になっていた隠し扉がオープンする仕組み!(店名の一部である「菱玖」は台湾語の「喝酒(酒を飲む)」と同じ発音で「れい=0」「ちょう=9」と読む)

洞窟のような廊下を抜けると、現れるのはまさに秘密の空間。

560976691095142454339079986216965353396823392256

カクテルを楽しんだ後、最後に案内される出口も専用の隠し扉。映画ファンならずとも、このワクワク感を是非味わってみてください。

03.
台湾クラフトビール界を牽引する「SUNMAI」

4813514065575936

台湾でもブーム到来中のクラフトビール。「SUNMAI」は、特に人気のブランドです。

6643026520702976

看板メニューのハニーラガー。台湾特産の龍眼蜂蜜を使い、爽やかさと甘さを絶妙にマッチさせたこのビールは、世界的な大会でも多くの賞を受賞しています。飲みやすいけど、しっかりコクがある印象。

ビールに合うおつまみも豊富なので、飲み過ぎ注意。

4623103535611904

現地の食材を活かしたビール作りを大切にしており、中には季節限定のものも。訪れる季節で色んな味が楽しめそうです。

04.
クラブとBARのハイブリット「FRANK」

6176872513667072

台北101のほど近く、ナイトスポットが多く集まるこのエリアのショッピングビル最上階にあるのが「FRANK」。

4958168564105216

広大なルーフトップからは、そびえ立つ台北101を間近で眺める事ができます。今は寒いけれど、夏は最高に気持ちよさそう。

5475040497762304

ネオンなど派手な装飾が施された店内では、DJがクラブさながらの音量でプレイ。流行りのPOPな曲が多いです。

客層は現地の小綺麗なビジネスマンから、西洋人の観光客まで様々。週末は中に入れないほどの混雑具合でカオスなんだとか。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
AR(拡張現実)で立体をデザインできる3Dドローイングツールです。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第9回は「いま、台北で行くべきコーヒーショップ3軒」です。
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。これから全12回にわ...
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...
気軽に行ける旅行先として人気の台湾。はじめてなら台北や台南がベター?と思いきや、じわじわと台中ブームが来ているみたい。都会の雰囲気もありながら古き良き台湾...
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
セブンイレブンが運営をする「X-STORE」は、台湾・台北市に設置された無人コンビニです。
去る2015年9月27日(日)、台湾ティー専門店「Gong cha(ゴンチャ)」の日本第1号店が東京・原宿にオープン。SNSでは早くも、「とにかく美味しす...
コアな台湾ファンは周知の事実ですが、当地発のB級グルメに「揚げおにぎり」なるものがあります。
ここに紹介する台湾人アーティストPigo Lin(皮哥)も、「多分に日本のカルチャーに影響を受けた」人物。ユーモアとちょいエロ、それ自体は日本の春画(笑い...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
可愛いからってついつい買ってしまうマスキングテープ。でもその使い道に困ってしまうこともあるのでは?そこで、台湾のイラストレーターが意外な使い方を教えてくれ...