朝から地元の人で賑わう「台北の朝食スポット3軒」

東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。

むしろ「おすすめスポット」については、語り尽くされた感があるという人も。でも、いえいえまだまだですよ。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!

01.
台湾のクラシックな朝ご飯「永和豆漿大王」

5186053489033216

MRT大安駅から徒歩5分の大通り沿いにあるのが、「永和豆漿大王」大安駅店。同じ名前のお店が台北内にいくつかありますが、実はチェーン店ではなく、メニューもレシピも違うのでお気をつけて。

さて、このお店では、台湾の伝統的な朝ご飯を味わうことができます。

5762894574649344

この辺りは英語を話す人が多いエリアで、店内には中国語と英語が飛び交っています。が、とにかくほとんどが地元の常連客。メニューには一応日本語が書いてありますが、店員さんが話せるというわけではないので、注文用紙に記入して手渡すスタイル。

5450297056952320

人気の定番メニューは、店頭で豆から作られている名物の「鹹豆漿(シェンドウジャン)」。

豆乳スープ、と言ったらわかりやすいでしょうか。

ふわふわの口当たりに、揚げパンのサクサクした食感、トッピングの切り干し大根や肉髭(ロウソン)と呼ばれる繊維状の豚肉の塩味が効いていて、疲れた胃に沁みわたる優しい美味しさ。

5556759498326016

もちもちの蒸しパンのような生地に卵がサンドされた饅頭加蛋(マントウジャーダン)。台湾の人は、とにかく何にでも卵を挟むのが好きらしい。

お財布にも優しいお手軽朝食。滞在中に一度は訪れたい場所です。

02.
台湾テイストのカフェごはん「LOCO FOOD」

5938334727667712

パッと見、お店の外観は西洋風おしゃれカフェ。

しかし、今とにかく大人気のこちら「LOCO FOOD」の魅力は、何と言っても台湾テイストをミックスしたオリジナリティ溢れるメニュー。

515236819474841646774433276231684517722083819520

スキレットで提供される、ボリューム満点の一皿。

台湾の食材をふんだんに使い、ソースや味付けなどちょっとしたところに台湾を感じられるのが人気の秘訣だと思います。

6454915140419584

台湾産フルーツの生ジュースも絶品!これは、パイナップルとキウイ。お店の裏には広いイートインスペースも併設。

ご飯時には地元民と観光客で賑わうこちら。混雑時を避けるのがおすすめです。

03.
朝からペロリといける「金峰魯肉飯」

6291182799814656

ひとくちに「魯肉飯(ルーローハン)」と言っても、お店によって味が全然違うのが面白いところ。

MRT中正紀念堂駅からすぐの「金峰魯肉飯」は、言わずと知れた名店。

5307051173478400

常に多くの人で賑わっていますが、嬉しいのは朝8時~深夜1時までという営業時間。

日本にいて朝から魯肉飯を食べることはないと思いますが、台湾ではスタンダードです。

6349239751802880

見てください、この美しい照り。椎茸などの旨味と、甘さとスパイスが絶妙に絡み合ったタレが食欲をそそります。

6432951080321024

サイズも大中小とあり、とにかくお安い。

5360693167521792

牡蠣の出汁がたっぷり出ている、もう一つの名物メニューのスープも是非。

4649709381615616

これだけ頼んで、一人約300円というから驚きです。

びっくりするほど、ペロリと食べられてしまう絶品魯肉飯。台湾の朝ご飯カルチャーを体感してみてください。

全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第9回は「いま、台北で行くべきコーヒーショップ3軒」です。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第2回は、「THE観光」だけでは物足りないという人におすすめの、台湾ローカル気分を満喫でき...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第8回は、言わずと知れた台湾一のパワースポット「龍山寺(ロンシャンスー)」について。
全12回にわたってお届けしてきた、ちょっとディープな台湾ガイド。最終回は、これから台湾を旅する人のために、意外と知られていない常識を紹介。
Pornhubへの流入が、通常時に比べて21%も増えた時間帯があったのだとか。
色合いやレイアウトは美味しいミルクシェイクが楽しめそうなレストラン。映画で観たことがあるような“アメリカ”!
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。これから全12回にわ...
今ではすっかり有名な、煙草工場の跡地を利用して作られた巨大なアート空間「松山文創園区」や酒工場の跡地をリノベーションした複合施設「華山1914」だってもち...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
「あたし、今どう見えてる?くすんでない?」東京に出てきたのは、「東京にいる自分」になりたかったから?地元に帰らないのは、「地元に帰った自分」になりたくないから?
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。むしろ「おすすめスポ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第11回は、観光客も利用できる自転車レンタルサービス「U bike(ユーバイク)」を使って...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
「巨人がきたら、かけがえのないものが、跡形もなくなるの」大人になれば、悩みごとも困ったことも、すこしは誰かに上手く伝えられるものかもしれない。
去る2月6日深夜に起きた台湾地震。いま僕たちには何ができるのだろうか。
気軽に行ける旅行先として人気の台湾。はじめてなら台北や台南がベター?と思いきや、じわじわと台中ブームが来ているみたい。都会の雰囲気もありながら古き良き台湾...
台湾のコンビニに染み付いた、あの匂いの根源「茶葉蛋」について。
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
去年の10月から教育部(教育省)で議論されている台湾での英語公用語化。実現に向けて着々と準備が進んでいると一部の地元紙が8月末に報じました。
デザインを手がけたのは建築家の隈研吾氏です。
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
台湾のポピュラーな土産、鳳梨酥(フォンリンスー)。日本語では「パイナップルケーキ」と呼ばれているものの、多くはパイナップルが使われておらず、冬瓜が使われて...