台北で人気の新カフェスタイル!ドライフラワーカフェとは?

実はオシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからなくなりますよね。

今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介します。ドライフラワーカフェは、生花だけでなく、手作りのドライフラワーがいっぱい!もちろん、料理のお味や見た目も人気の理由です。

ガイドブックとは一味違う、Pinkoiおすすめのカフェをお見せしましょう。

✿ 森の中にいるような気分に

『儲房咖啡館(チュウファンカフェ)』

台北MRTの松江南京駅から歩いて5分ほどの『儲房咖啡館』は、Pinkoiがずっと気になっていたカフェです。さっそく店長のIrisさんにお会いすることに。

静かな住宅街にあるこちらのカフェ、お店の正面は全面ガラス窓で、暖かな日差しが店内を照らしています。

ドアを開けると、色鮮やかなお花がたくさん並んでいます。おいしそうな匂いも漂う中、店長のIrisさんがカウンターのカフェマシーンのうしろからあいさつをしてくれました。

『儲房咖啡館』はIrisと阿寶(アーバオ)で開業しました。ふたりともカフェ、料理、ベーキングに興味を持っており、長年の仕事の経験と人生経験を活かして、このカフェを開店。名前を『儲房』にしたのは、経験を積み重ねるという意味からだそうです。

お店の左側には、花器、お皿、食器が置いてあるの木製ラックが。ここは小さなセレクトショップのような一角で、店長がピックアップしたコーヒーポット、コップなど、ちょっと和風テイストの雑貨などがいっぱい。

右側には花が活けられた花瓶とドライフラワーブーケ、盆栽が。ここが『椛花⼯作室』です。

店長曰く、「わたしたちにとって、植物の本来の姿を活かして、自然のイメージとオリジナルなストーリーでアレンジして作ったものが華道なんです。ですから、カフェを開業する時からお花の工房を併設したかったんです。店内のディスプレイも季節感を大事しています」だそう。

 

 

店内の3分の1のスペースを占めている長いカウンターも印象深いもの。コーヒーマシンやデザート棚、いろんなベーキング道具が置いてありますが、オープンスペースなので、お客さんとの距離感を縮めることができるそう。

店内のところどころには植物とドライフラワーが。思わずSNSにアップしたくなりますよね。

おすすめドリンク&フード

ラテモカ

幸せなひと時を感じたいなら、ラテモカがおすすめ。こちらでは70%のココアと儲房のイタリアンコーヒー豆を混ぜて、濃い香りのラテモカを作っています。最後にIsigny生クリームを入れたら出来上がり!

大人味のカレーライス

開店以来の定番メニュー。トッピングはビーフとポークから選べます。まろやかでやさしいお味ながら、各種の香辛料が入っているので香ばしい風味が。和風カレーと同じ作り方だそうで、コクを感じさせます。

メインディッシュのカレーの他に、サイドメニューには大棗排骨(注:骨付きあばら肉)スープとフルーツが。

店長おすすめのドライフラワー

なんとこちら、サインペンなんです。森のイメージが感じられる作品が好きだそうで、このドライフラワーサインペンがおすすめだとか。

✿ 台湾スタイルのカントリーカフェ

『小夢境。little dream café』

きれいな空気と静かな山々に囲まれている『小夢境。little dream café』は、台湾・台北士林区にあります。

すこしひんやりとした気温の取材当日、『小夢境。little dream café』は西洋の昔話に出てくる小屋のように、かすかな霧に包まれていました。まるで夢の中にいるような雰囲気から店名に「夢」という字を入れたのではないかなと思うほど幻想的です。

店頭にはガーデンと屋外席が。遠くから見ると、まるで白雪姫と7人の小人が住んでいる森小屋のようですね。

入口ではかわいい女の子がお出迎え。

店内は小さな博物館のよう。かわいい雑貨が所狭しと並べられています。これらはすべて店主のコレクション。注目を浴びているのは、ヤドリキ、盆栽、ボタニカルワックスバーなどとともに、店主の奥様による手作りのドライフラワー作品です。

HaoHuo.labの商品など、デザイナーの作品を委託販売しているものも。ぜひ写真をとって友達にシェアしてください。

こちらの店主はアートデザイン出身ですから、インテリアをアレンジするのが大好き。奥様は花芸の先生で、美しい花のクラフトがいっぱいの店を開くのがふたりの共同の夢でした。

お店全体はカントリー風。インテリア、古材の家具や手作りの木の壁でできています。ディスプレイされているブリキの盆栽、英語の古本、ワープロなどもすべて店主のコレクションなんだとか。

店長曰く「カフェだけではなく、花屋、手作り教室、ゆったりとした時間の流れを感じる場所でありたいんです。ですからティータイムの時間帯にドライフラワーの手作りワークショップを開催しているんですよ」とのこと。

ティータイムセットを注文すると、ケーキ、フラワーティーの他に、ドライフラワーで作品を作ることもできます。ここでゆったりとした午後をお過ごしてみませんか?

おすすめドリンク&フード

ドイツフルーツティー

ドイツから輸入された数十種類のドライフルーツで煎れたフルーツティー。フルーツ特有の酸味とフラワーの香りがあいまって、ホットもアイスも最高!

ベリーチーズケーキ

一番人気のデザート。ブルーベリーといちご、さらに北海道十勝のよつ葉チーズで作ったこのチーズケーキは、甘酸っぱくてさっぱりしてて、女の子に大人気です。

店長おすすめのドライフラワー

このドライフラワーがあれば、お家にも森の雰囲気を感じることができそうですよね。


いかがでしたか?次の台湾旅行で、ぜひ訪れてみてくださいね。

文・翻訳:Pinkoi

記事提供:Pinkoiマガジン

忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
台湾にあるカフェ「My Cofi」で提供されるゴキブリラテアート。経営難に陥った時に起死回生の策として編み出したアイデアだったのだそうですが……意外と人気...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
プロポーズしたある男性。彼女の指に指輪をはめようとしたその瞬間、大きすぎたソレは排水口の中にポチャッ。その後、警察がリアルとネットを使った“本気の捜索活動...
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
昨年末のオープンと新顔でありながら、早くも京都のカフェシーンを代表するほどの人気を集めています。
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
ちょっと一服。愛煙家ではありませんが、お茶を飲んでひと休みする時は、昔からこの表現が一番しっくりくる気がします。栃木県小山市の駅前で、この、ちょっと一服を...
心底コーヒーが好きな人たちに向けて、最高の一杯を提供する。それがメルボルンという街。
元々ビスケット工場だった、アイスランドの世界最北の首都レイキャビクにあるホステル「KEX」。随所に当時の面影が残っています。レトロな雰囲気を味わえる空間が素敵!
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
ハワイ・カカアコエリアにある高級コンドミニアムANAHAの7階に、建物の外にちょっと飛び出ているプールが。住人とそのゲスト専用ですが、きっと空中遊泳してい...
11月22日、『ラルフローレン(Ralph Lauren)』が表参道のフラッグシップに、カフェ『ラルフズ コーヒー(Ralph’s Coffee)』をオー...
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。これから全12回にわ...
ハリー・ポッターにインスパイアされたというシンガポールのカフェ「Platform 1094(プラットフォーム 1094)」を知った途端、『ハリー・ポッター...
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。むしろ「おすすめスポ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!