台北で人気の新カフェスタイル!ドライフラワーカフェとは?

実はオシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからなくなりますよね。

今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介します。ドライフラワーカフェは、生花だけでなく、手作りのドライフラワーがいっぱい!もちろん、料理のお味や見た目も人気の理由です。

ガイドブックとは一味違う、Pinkoiおすすめのカフェをお見せしましょう。

✿ 森の中にいるような気分に

『儲房咖啡館(チュウファンカフェ)』

台北MRTの松江南京駅から歩いて5分ほどの『儲房咖啡館』は、Pinkoiがずっと気になっていたカフェです。さっそく店長のIrisさんにお会いすることに。

静かな住宅街にあるこちらのカフェ、お店の正面は全面ガラス窓で、暖かな日差しが店内を照らしています。

6145245850894336

ドアを開けると、色鮮やかなお花がたくさん並んでいます。おいしそうな匂いも漂う中、店長のIrisさんがカウンターのカフェマシーンのうしろからあいさつをしてくれました。

6045139558465536

『儲房咖啡館』はIrisと阿寶(アーバオ)で開業しました。ふたりともカフェ、料理、ベーキングに興味を持っており、長年の仕事の経験と人生経験を活かして、このカフェを開店。名前を『儲房』にしたのは、経験を積み重ねるという意味からだそうです。

お店の左側には、花器、お皿、食器が置いてあるの木製ラックが。ここは小さなセレクトショップのような一角で、店長がピックアップしたコーヒーポット、コップなど、ちょっと和風テイストの雑貨などがいっぱい。

5018500372365312

右側には花が活けられた花瓶とドライフラワーブーケ、盆栽が。ここが『椛花⼯作室』です。

店長曰く、「わたしたちにとって、植物の本来の姿を活かして、自然のイメージとオリジナルなストーリーでアレンジして作ったものが華道なんです。ですから、カフェを開業する時からお花の工房を併設したかったんです。店内のディスプレイも季節感を大事しています」だそう。

 

 

60427641731153925453509960925184

店内の3分の1のスペースを占めている長いカウンターも印象深いもの。コーヒーマシンやデザート棚、いろんなベーキング道具が置いてありますが、オープンスペースなので、お客さんとの距離感を縮めることができるそう。

65930850436382725396947389120512

店内のところどころには植物とドライフラワーが。思わずSNSにアップしたくなりますよね。

おすすめドリンク&フード

5483084568854528

ラテモカ

幸せなひと時を感じたいなら、ラテモカがおすすめ。こちらでは70%のココアと儲房のイタリアンコーヒー豆を混ぜて、濃い香りのラテモカを作っています。最後にIsigny生クリームを入れたら出来上がり!

4729622214213632

大人味のカレーライス

開店以来の定番メニュー。トッピングはビーフとポークから選べます。まろやかでやさしいお味ながら、各種の香辛料が入っているので香ばしい風味が。和風カレーと同じ作り方だそうで、コクを感じさせます。

6522847295963136

メインディッシュのカレーの他に、サイドメニューには大棗排骨(注:骨付きあばら肉)スープとフルーツが。

店長おすすめのドライフラワー

4689902356660224

なんとこちら、サインペンなんです。森のイメージが感じられる作品が好きだそうで、このドライフラワーサインペンがおすすめだとか。

✿ 台湾スタイルのカントリーカフェ

『小夢境。little dream café』

きれいな空気と静かな山々に囲まれている『小夢境。little dream café』は、台湾・台北士林区にあります。

すこしひんやりとした気温の取材当日、『小夢境。little dream café』は西洋の昔話に出てくる小屋のように、かすかな霧に包まれていました。まるで夢の中にいるような雰囲気から店名に「夢」という字を入れたのではないかなと思うほど幻想的です。

6608984475697152

店頭にはガーデンと屋外席が。遠くから見ると、まるで白雪姫と7人の小人が住んでいる森小屋のようですね。

6144400279207936

入口ではかわいい女の子がお出迎え。

4779397127077888

店内は小さな博物館のよう。かわいい雑貨が所狭しと並べられています。これらはすべて店主のコレクション。注目を浴びているのは、ヤドリキ、盆栽、ボタニカルワックスバーなどとともに、店主の奥様による手作りのドライフラワー作品です。

5841009963433984

HaoHuo.labの商品など、デザイナーの作品を委託販売しているものも。ぜひ写真をとって友達にシェアしてください。

46932599473438724545190815596544

こちらの店主はアートデザイン出身ですから、インテリアをアレンジするのが大好き。奥様は花芸の先生で、美しい花のクラフトがいっぱいの店を開くのがふたりの共同の夢でした。

お店全体はカントリー風。インテリア、古材の家具や手作りの木の壁でできています。ディスプレイされているブリキの盆栽、英語の古本、ワープロなどもすべて店主のコレクションなんだとか。

640646522496614455814503257866245278060010012672

店長曰く「カフェだけではなく、花屋、手作り教室、ゆったりとした時間の流れを感じる場所でありたいんです。ですからティータイムの時間帯にドライフラワーの手作りワークショップを開催しているんですよ」とのこと。

6543029347287040

ティータイムセットを注文すると、ケーキ、フラワーティーの他に、ドライフラワーで作品を作ることもできます。ここでゆったりとした午後をお過ごしてみませんか?

5025235417956352

おすすめドリンク&フード

5671090722439168

ドイツフルーツティー

ドイツから輸入された数十種類のドライフルーツで煎れたフルーツティー。フルーツ特有の酸味とフラワーの香りがあいまって、ホットもアイスも最高!

5869658469040128

ベリーチーズケーキ

一番人気のデザート。ブルーベリーといちご、さらに北海道十勝のよつ葉チーズで作ったこのチーズケーキは、甘酸っぱくてさっぱりしてて、女の子に大人気です。

店長おすすめのドライフラワー

6193146815840256

このドライフラワーがあれば、お家にも森の雰囲気を感じることができそうですよね。


いかがでしたか?次の台湾旅行で、ぜひ訪れてみてくださいね。

文・翻訳:Pinkoi

記事提供:Pinkoiマガジン

おいしいコーヒーと、グルテンフリーのフードメニューで人気のカフェ「ことりうさぎ」は、秋田県北東部の鹿角市にある。温泉やスキー場といった北国らしい魅力はたく...
お客さんも店主も楽しみながら“試せる”リアル空間「BPM」。その魅力について、カフェオーナー第一号のバリスタ窪田秀平さんにインタビュー!新しいことに挑戦す...
カフェってPC作業に集中できるけど、あまり良く感じない人もいるみたい。たしかにコーヒーを楽しむ空間でカタカタと隣で仕事をされると…。あなたはどう思う?
7社を渡り歩き、マーケッターとして成長していく中で夢であったコピーライターの道を選んで独立。業界経験は十分だった彼女が直面した問題、フリーとなって気づいた...
ノスタルジックな空気と現代の洗練された雰囲気が溶け合う、東京・品川「西小山」。そんな街角に漂ってくるバターの豊かな香りのもとは、焼き菓子専門店「cuiss...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。これから全12回にわ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
国内に人気雲海スポット、長野県の竜王に、新しいカフェが誕生。その名も「SORA terrace cafe」は、まるで雲の上にいるような感覚を味わいながら、...
「KAIDO books & coffee」は、旧東海道品川宿地区の北品川商店街にあるブックカフェ。今も昔も「旅」の玄関口である品川らしく、2階席には旅を...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
窓際のソファ席、フリーWi-Fi、電源コンセント、あとはおいしいコーヒー。それを勝手にカフェに求めているワガママな客は、決して私だけではないはず。ワーキン...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
移動式の自転車カフェ「Wheelys」の最新バージョンが、この「Wheelys 4」。世界でもっともエコなマイクロカフェと言ってもいいでしょう。「Whee...
シアトルは自家焙煎の豆を使ったカフェが多いのも特徴です。そういうところは大抵、お店の名前が「〇〇〇ロースター」となっています。そこに誇りを感じますね。古き...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第6回は、台湾中に店舗がある人気ドリンクスタンド「50嵐(ウーシーラン)」での、通なオーダ...
2016年6月1日(水)、東京・世田谷に日本初の試みとなるカフェバー「Crêpe Café & Bar esprit de esprit(クレープカフェ&...
ひと昔前までは、「男性も育児を!」などと言われていたけれど、今では日常の一部として目にするようになりました。それは、他国でもおんなじこと。今日は父の日。ア...
場所は、NY・ブルックリン。閉店間際のカフェで、ひとり静かにコーヒーを飲んでいたJerryさん。そんな日曜の夜のカフェで起きたのは、美しい奇跡のような出来...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
「1日、ここでまったり仕事をするのもいいなぁ」。そんな風に思ってしまった場所があります。北中城の外国人住宅が集まっている丘を上っていくと、たどり着いたのは...
台北市内に突如現れたのは…あのオレンジ色の武道着に身を包んだ孫悟空!?サングラスと髪型は孫悟飯のようにも見えますが、筋斗雲に乗って空の上をひとっ飛び!とは...
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
誰にでも、お気に入りのカフェのひとつはあるはずだ。おいしいコーヒーはもちろん、BGMのセンスが良かったり、そこでしか味わえない料理があったり、いつ訪れても...