クラフトビールと文房具のカフェ!?台北に行ったら寄ってみて

台湾旅行中、MRTに揺られてふらっと忠孝新生駅(台北市内)に向かいました。酒造工場をリノベーションした、カフェ・映画館・ライブハウスなどの複合施設があったり、秋葉原のように、家電量販店がひしめき合う「光華商場」が有名なエリア。

お昼から日が暮れ始めるまで散策して、さて、宿周辺に戻ろうかなと駅へ戻ると5番出口のすぐそばに「Cafe」の文字を発見しました。

歩き疲れていたし、ひと休みしたいなと思って入ってみると、思わぬ至福が待っていました。

台湾産クラフトビールとケーキの合わせ技!?

コーヒーや紅茶、ケーキなどのカフェメニューはもちろん充実していたのだけれど、アルコール欄に「クラフトビール」の文字を発見。

「様々な台湾ブランドのクラフトビールを揃えています。ラインナップは時期で変わります」。と表記があったので、銘柄のラインナップは季節や店主の気分によって色々変わるみたい。

私が立ち寄ったときは、台湾大学の卒業生3人が立ち上げたブランド「ALECHEMIST」や、台湾に生息する水鹿を保護する意味も込めてつくられた「SAMBAR」。ワールドビアアワードで金賞をとった「立夏」などが並んでいました。
聞けば、台湾産の原料にこだわったクラフトビールを中心に揃えているそうで、納得のチョイスです。

写真は悩んだ末に私が注文したパンプキンを使用したボトル。冬の限定品だそうです。風味はそんなにありませんが、ほろ苦さのなかに優しい甘さが広がって、ケーキとの相性抜群でした。ビールとケーキ、意外とアリですね。

おしゃれなカフェでひと休みしたいな〜と立ち寄って、思わぬ台湾産のビールたちと出会う。そんな旅先での偶然の出会いもあって、思わず長居しちゃいました。

 

ビールでもコーヒーでもなく
専門は「文房具」です

ところでこのお店の名前は、『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンさんがオープンさせた、台湾ではちょっと名の知れた文具店なんですって。

シェンさんは台湾文具ブームの火付け役と言われる有名人。昔から病的に文具が好きで、『文具病」というブログを立ち上げたところ、フォロワーが2万人を突破。紹介しているペンやノートはどこで買えるの?と問い合わせがあまりに多いことから、意を決して自らお店を始めることになったとか。そのこだわりは、ビールも然り、というわけなんですね。

ほろ酔い気分で歩き疲れも解消されたら、タイガーさん一押しのペンやノートをお土産に買って帰るのもいいですよね。台湾産ビールを味わいつつ、台湾文具のトレンドを眺める……このお店、オススメです。

Plain Stationery Homeware & Cafe
住所:100台北市中正區新生南路一段56巷16之4號
営業時間:14:00〜21:00(月〜金)
13:00〜19:00(土・日)
定休日:火曜日
TEL:0975875120
アクセス:忠孝新生駅5番出口から徒歩すぐ

Top image: © 2018 Plain co.
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
食べられるインクや、懐かしのペンまで自由に使える表参道で人気を集める「文房具カフェ」 文房具カフェ〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目8-1htt...
AirbnbのデザインスタジオSamaraの新プロジェクト「Backyard」。変わりゆく家の所有者や宿泊者のニーズを調査するため、様々なスタイルの家のプ...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
2016年4月5日(火)、北青山の路地裏に新しくオープンした「GLOCAL CAFE(グローカル・カフェ)」。世界と日本をつなぐ「Global Minds...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
インド・コルカタ発ムンバイ行きのJet Airwaysの機内で、事件は起きました。
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第10回は、台北を知り尽くしたデザイナーと巡る「お土産ショッピング」です。お茶やパイナップ...
東京から、たった4時間。週末トリップの目的地として常に人気のこの国には多くの魅力が溢れている、なんてこと今さら言うまでもないでしょう。むしろ「おすすめスポ...
小規模なビール醸造所で職人たちがつくるクラフトビール。狂乱ブームの波が過ぎコーヒー人気のように、ようやくスタイルやシーンに浸透してきた日本。けれど、海外で...