クラフトビール好きが絶対ハマる「シードル」

「シードル」といえば、リンゴから作られた発泡酒。

最近、日本にもクラフトの波が押し寄せつつあります。爽やかなリンゴの酸味とアロマが特徴。もちろんビールともスパークリングワインとも違うジャンルのお酒です。

が、ソムリエの吉川大智さんが激推しするシードルは、クラフトビールみたいなんです......って「どーゆーこと?」って思いますよね。詳しく教えてもらいましょう!

吉川大智(よしかわだいち)
世界40ヵ国200都市の酒場とワイナリーを旅した元バーテンダー。JSA認定ソムリエ。現在、多数のメディアにてコラムやエッセイを執筆するライターとして活動中。

Twitter:@sukoburuwines
Instagram:@sukoburuwines

シードルのようでいて、
ビールにも近いアロマを楽しむ

©2020 NEW STANDARD

先にお伝えした通り、「シードル」とは、リンゴを原料にした発泡酒の総称。

発泡性のものが主流だけど、スティルタイプ(炭酸なし)なんてものもある。アルコール度数は2〜9%ほどと飲みやすく、普段お酒をあまり飲まない人にも親しみやすい。味わいも甘口からドライな辛口まで幅広く、産地や造り手によって千差万別。

イギリス、フランス、スペインが三大産地とされているけど、近年はアメリカ西海岸やオーストラリアでの市場が伸びている。

さて、今回ここに紹介するシードルは、オーストリアの「Hopfel(ホプフェル)」。

ビールを作るうえで欠かせない原料「Hop(ホップ)」と、ドイツ語でリンゴを意味する「アプフェル(Apfel)」を組み合わせた造語。名前の通り、リンゴの爽やかな酸味とホップ特有のアロマが巧みに融合した一本だ。

©2020 NEW STANDARD

ゲオルギウム/ホプフェルNV

産地:オーストリア
タイプ:発泡性シードル
味わい:フルーティな辛口
アルコール度数:4%
価格:2400円前後

「リンゴとホップ」が織りなす
爽やかなアロマにハマる!

©2020 NEW STANDARD

「ホプフェル」最大の特徴は、ざっくりいうと複合的なアロマにある。

グラスに注ぐと、活きいきとしたフレッシュなリンゴの香りがまず広がる。そして、泡が落ち着いたころ、今度はゆっくりと鼻を近づけてみる。すると、グレープフルーツの皮を彷彿させるような柑橘系のほろ苦いアロマをほんのりと感じることができる。

アメリカ発祥のホップ「カスケード」と一緒に発酵・熟成させることによって実現したこのアロマは、まるでクラフトビールを飲んでいるかのような感覚。アルコール度数4%とやさしめなのも嬉しい。ビールの苦味が好みでないって人でも「ホプフェル」ならフルーティな後味にきっとハマるはず。

ジャンクフードでも
好ペアリングしてしまう

フルーティな辛口でアロマはクラフトビール。とくれば、幅広い料理とペアリングできそうだけど、なかでも「から揚げ」や「フィシュアンドチップス」のようなジャンクフードとの相性は抜群。「魚介のフリット」や「ベニエ」なんかも。揚げものの油分をさっぱり爽やかにしてくれるうえ、ホップのアロマとのマッチングもGOOD。

で、飲むシーンはといえば、休日の昼間がドンピシャ!

肩肘張らずにカジュアルに楽しめるのがシードルのいいところ。次の家飲みは、お気に入りのファーストフードや惣菜とともに「ホプフェル」を試してみて。

 

Top image: © 2020 NEW STANDARD
リンゴから作られるアルコール飲料「シードル」を自分で作れちゃうガジェット『ALCHEMA』です。
クラフトビール、シードル、スピリッツに続く、いま注目のお酒「ミード(Mead)」について。
今、世界中のクラフトビールファンを熱狂させる「The Veil」が、待望の日本初上陸。
6月4日より全国のIKEAストアで低アルコールクラフトビールが発売された。ストックホルムで人気のブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」の人気ビール4種。
お茶を製造する工程で発生する「茶殻」を有効活用すべく、伊藤園が研究開発に取り組んでいる「茶殻リサイクルシステム」。茶殻からできたのは3D立体構造のマスクフ...
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
クラフトビールの定期配送サービス「ふたりのみ」は、新型コロナウイルスショックにより苦境に立たされているブルワリーを応援・支援するキャンペーンを実施。
アメリカンクラフトビールが50種楽しめる「AMERICAN CRAFTBEER BAR&STORE たまプラタップス」が横浜市「たまプラーザ」駅にある複合...
1杯300円からクラフトビールが楽しめる国内最大級のクラフトビールイベント「大江戸ビール祭り2020夏」が7月22日~7月26日、7月29日~8月2日、東...
「クラフトビール」は、最近よく耳にするものの意味は知らないという人も少なくありません。そんな人は、本記事で”クラフトビールとは何なのか”について確認してみ...
衣類をかけてボタンを押すだけで服を除菌してくれる「スマートUV除菌ハンガー」が誕生。
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
こだわりのクラフトビールと焼鳥を気軽に楽しめるクラフトビール酒場「トリクラヒーロー」1号店が目黒に今週10日オープン。​
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
1月5日より、Netflixが卑語をテーマにした新番組『あなたの知らない卑語の歴史』の配信を始めた。6話構成で、それぞれ約20分の長さとなっている。
いま「SpaceX」や「Blue Origin」などが打ち上げた人工衛星が天体観測の邪魔になっているようだ。
長野県伊那市の訳ありリンゴを買い取り、焼きリンゴにして、シナモン、メープルシュガーを加えたアップルパイのような風味に仕上げたアップルシナモンエールが発売さ...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
東京・裏原宿エリアにオープンしたクラフトビール専門店「threefeet Tokyo」は、100種類以上の品揃えを有し、店頭販売のみならず、近隣への配送、...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...