都心から1時間。断崖絶壁で味わうクラフトビール

埼玉県、飯能。

東京都心からでも1時間ちょっとで行ける癒しのスポットに、新しいブルワリーができました。

店の名前は「CARVAAN」。カールヴァーンと読むこの言葉は、ペルシャ語のキャラバン(隊商)に由来していて、たどり着いた先の異文化や未知との出会い、活気、妖しさを表現しているんだそう。なんだかワクワク。

飯能河原を
見下ろして乾杯

4c1a9ed3aca8669426a94db5bd66876d0c643ef0

緑がきれいな山に囲まれた飯能河原を見下ろしながら、青空に映える赤い割岩橋を背にしたところ、そんな景勝地に「CARVAAN」はあります。

高い場所から見る飯能河原は、ハイキングで見るときより絵画然としていて、まるで見知らない世界に迷い込んだよう。

62781ad3eba3f0547b5825169c7a12ec6e6b117e

飯能初のクラフトビールを楽しめるブルワリー&レストランでもあり、自社農場で栽培した無肥料&無農薬の飯能産ホップを使用している、というのが気になります。レストラン内にブルワリーが併設されているので、その醸造過程を眺めることも。

また、ワインも充実しているので、気軽に週末に異国情緒を味わうには、最高。

8e13e42ff6c205253a3c4d7c585b3b81f160756e

ビールが進みそうな
「アラブ・地中海料理」

Ac11549aab8004693f5b7436f5df7bc274cf8900

食事メニューは、BASAAR(バザール)を目指してひたすら旅をしたキャラバンを彷彿とさせる、アラブ・地中海料理が中心。

アラビアンスタイルのエキゾチックな内装と、全面ガラス張りの窓から見える四季折々の景色、そしておいしい料理とビールとワイン。

飯能に遊びに行く理由としては、十分すぎる気がする。 

BREWERY & RESTAURANT「CARVAAN」

住所:〒357-0065 埼玉県飯能市大河原32-1
席数:屋内105席/テラス席、CARVAAN CAMP(屋外席)あり
アクセス:西部池袋線飯能駅より徒歩約14分
電話番号:042-973-7000
営業時間:
平日 11:30〜16:00、18:00〜23:00
土日祝 8:30〜23:00

Licensed material used with permission by BREWRY & RESTAURANT「CARVAAN」
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
ヨーグルト、グラノーラやナッツも入ってて具沢山。おいしそう!
8月下旬にコロナビール主催のスペシャルイベントにご招待いただきました。
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
マリファナの販売店「Nuwu Cannabis」がスポンサーになっている、随分と型破りなチームです。
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す、「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅。東京を出てから7日目で、静岡市に到着した。ここでも...
2017年11月、取材のため岩手県遠野市を訪れた。実は昔からの友人が遠野に移住し、この土地でクラフトビールをつくることになったのだが、彼らの取り組みの経緯...
53杯のクラフトビールを飲みながら東京から徒歩で京都を目指す「クラフトビール 東海道五十三注ぎ」の旅(前回の記事はこちら)。スタート地点となる「日本橋」は...
IPA=インディア・ペール・エール。クラフトビール好きならば、この言葉に敏感に反応してしまうかもしれない。ビールらしいホップの苦みを押し出したもので、クラ...