麦雑穀工房からの贈り物。美しいクラフトビールを召し上がれ。

埼玉県の小川町に、茶色い屋根の建物が、ぽつんと建っている。「土地と建物は借りているけれど、それ以外のことは全て自分の手で作っています。なんでも自分でやらないと気がすまないんです。」麦雑穀工房(ざっこくこうぼう)マイクロブルワリー創業者の馬場勇さんはそう言って照れた。ガラガラと引き戸を開けると、工房の中は、エル字のカウンターやビール瓶などが、使いやすく誂えたキッチンのように調和されていた。

すっきりととのえられた明るい空間。

百の土仕事からはじまった、
ひとつのビールづくり。

馬場さんは、ある時、たまたまハイキングに訪れた小川町で、山の中腹から見下ろした里の姿に深く感銘を受けたという。子育てが落ち着いたら、自然が豊かな、空気のきれいなところで暮らしたいという夢を持っていた馬場さんにとって、この地はまさにぴったりの場所だった。「ああ、なんていいところなんだろうと思ったんです。」引っ越してから庭で作物を育てていると、そのうち、畑でやってみないかと声がかかるようになった。はじめは、野菜と果物だけだったが、そのうち穀類にも広がるようになり、憧れであった百の土仕事(百姓仕事)をはじめることになった。

手書き風の大きな文字が目印。

作物と対話を続けてきた馬場さん。

麦や雑穀は、籾摺り(もみすり)や精白、製粉など、ひとつひとつの工程に、とてもデリケートな作業が伴い、食べるところまでもっていくことがとても大変である。育てた麦や雑穀は、どのように利用していくのが良いのだろうか。製粉する効率をもっと上げたいと悩んでいた矢先、DIYショップで偶然見つけたのが、ビール缶だった。麦の利用方法はこれじゃないかと、ひらめいた瞬間だった。

穀類を美味しくいただくにはどうしたら良いのだろう。

理想のクラフトビールを
追いもとめて。

もともと別の仕事に就いていた馬場さんは、畑仕事とビールづくりを独学で学び、醸造免許取得した翌年に、58歳の時に退職した。そうして2004年に始まったのが、麦雑穀工房マイクロブルワリーだ。地域の原料を使って作るというのが地ビールという言葉の発祥なのだが、最近ではクラフトビールという言葉のほうが一般化してきている。機械的じゃない、人の手から生まれた手仕事(クラフト)の美しさを、ビールを通して、お客さんと分かち合いたい。そんな想いから、小さな手づくりのビアパブも併設された。

タンクはいつでもぴかぴかに手入れされている。

手づくりのパンと一緒に、
味わってもらいたい。

酵母からくる甘い香りが心地よい看板メニューの『雑穀ヴァイツェン』は、角のないまあるい味。大麦のほかに小麦、ライ麦、さらにアワやキビなどの雑穀も使って醸造された。ライ麦を加えることで、とろみがつき、やわらかくまろやかな味わいになったそうだ。タンクのはじめと終わりで味わいが変わる、生きているビールだ。

あっさりとして、とても飲みやすい。

店内では、ビールと同じ小麦やライ麦を使って造られた美味しいパンもいただける。アルコールが入っているかいないかだけで、パンの材料は、ビールとほぼ同じである。そう考えると、液体と個体のパンを両方味わえる場所とも言えるだろう。

やわらかいオリーブの食感が、ビールとよく合う。

ビールを日常的にいただくことを考えると、スーパーなどで気軽に手に入る缶ビールが一般的だろう。クラフトビールは、そのていねいな手仕事から、特別なもの、一部のビール好きのための嗜好品といったイメージが拭えない。たとえば、商店街の喫茶店を想像してもらいたい。地元の人たちが集まって、今日あったことや、未来のことについて話をする時、そこに、街のビールがあったらどうだろうか。

たった一杯のビールが、人と人、人と地域をつなぐ役目を担ってくれるだろう。こんなふうに、クラフトビールも、自分たちの味わいとして楽しんでもらえたらと願う。「大家さんは、細かいことはなんにも言わず、見守ってくれているんですね。ここが繁盛すれば、こんないいことはないって。」麦雑穀工房のビールを飲んだら、きっともっとビールが好きになる。そんな魔法にかかってしまうビールなのだ。

【イベント開催情報】
TABI LABO YEAR END PARTY 2016」にて、麦雑穀工房マイクロブルワリーのおいしいクラフトビールがいただけます。ぜひ、お立ち寄りください。

日程:2016年12月18日(日)
時間:12:00〜14:30(11:30より受付開始)
場所:9STORIES
住所:東京都渋谷区元代々木町22-3
※イベント詳細、及び、お申し込みはコチラをご覧ください。

「クラフトビール」は、最近よく耳にするものの意味は知らないという人も少なくありません。そんな人は、本記事で”クラフトビールとは何なのか”について確認してみ...
6月4日より全国のIKEAストアで低アルコールクラフトビールが発売された。ストックホルムで人気のブルワリー「Omnipollo(オムニポロ)」の人気ビール4種。
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
1杯300円からクラフトビールが楽しめる国内最大級のクラフトビールイベント「大江戸ビール祭り2020夏」が7月22日~7月26日、7月29日~8月2日、東...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
クラフトビールの定期配送サービス「ふたりのみ」は、新型コロナウイルスショックにより苦境に立たされているブルワリーを応援・支援するキャンペーンを実施。
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
今月21日から数量限定で発売される「ヘネシー V.S エンド・オブ・イヤー 2020 ゴールドボトル」は、来年への期待を込めたキラキラの黄金色がまぶしい!
あっという間に年末ですね。日頃の感謝の気持ちを込めて、今年も「TABI LABO YEAR END PARTY」を開催します。今回は、なかなか入手が難しい...
噂には聞いていたし、気にはなっていたんです。世界有数のオーガニックタウン、小川町(おがわまち)。そんな小川町に、最近新たにオーガニックコーヒーが飲めるカフ...
長野県伊那市の訳ありリンゴを買い取り、焼きリンゴにして、シナモン、メープルシュガーを加えたアップルパイのような風味に仕上げたアップルシナモンエールが発売さ...
こだわりのクラフトビールと焼鳥を気軽に楽しめるクラフトビール酒場「トリクラヒーロー」1号店が目黒に今週10日オープン。​
「NEC」と「COEDO(コエドブルワリー)」が共同開発した「人生醸造craft」が再販決定。AI技術により世代ごとの特徴を分析し、ビール職人が味を再現し...
世界27ヵ国の「イケア」にて「BlackFriday」にちなんだキャンペーン「#BuybackFriday」を開催。不要な家具を買い取り、必要な方に販売し...
日本有数のフレンチレストラン「スガラボ(SUGALABO)」の元シェフであり、現在はフリーのプロデューサーとして活躍する薬師神陸(やくしじんりく)が、去る...
海外の缶ビールってなんかデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上に部屋に置くのも楽しくなる!そんな、世界のLovelyなクラフト缶ビールから、オリエ...
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
東京・裏原宿エリアにオープンしたクラフトビール専門店「threefeet Tokyo」は、100種類以上の品揃えを有し、店頭販売のみならず、近隣への配送、...
ブルックリンで新たに産声を上げたクラフトビールがあります。地元のベーグルショップとブリュワリーが手を組んで誕生した「ベーグルビール」です。