長野の「訳あり」リンゴを有効活用、まるで「アップルパイ」なクラフトビール

500個の焼リンゴを使ったアップルパイ風味のクラフトビール「アップルシナモンエール」が発売されると聞けば、ビール好きはおろか、アップルパイ好きも黙っちゃいない。

アップルシナモンエールを琥珀色にするものの正体は、麦芽(モルト)を軽く焦がした 「カラメルモルト」。このモルトは、食べるとカラメルソースのような甘く香ばしい味がし、ビールにも同様の風味をもたらすという。さらに副原料に500個の焼リンゴ・シナモン・メープルシュガーを加えることで、まるでアップルパイのような風味が楽しめるというのだ。さらには本物のアップルパイとの相性も抜群だというので、そのマリアージュを試さない手はない。

ところでこのアップルシナモンエールに使用しているのは、長野県伊那市の訳ありリンゴ。つまりは収穫前に落果し表皮に傷ができてしまったものや、色ムラがあるものなど、難があって売り物にならないリンゴを有効活用しているのだ。訳ありリンゴは収穫量全体の3分の1量にもなると言われ、その活用は農家への貢献にもつながっている。

仕込みの時期によって、9月はつがる、 10月はジョナゴールド・紅玉・シナノスイート 、11月はふじ、と季節の移ろいとともに旬の品種が使われ、1シーズンでは、2500~3000個ほどのリンゴが使われる見込みだという。

9月26日からの、秋冬限定発売。肌寒い日も増えるこれからは、スライスしたリンゴやスパイスなどを入れて温めた「ホットビール」で飲むのもおすすめ。「ビールが美味しい季節、夏」が終わり、「ビールが美味しい季節、秋そして冬」がやってくる。

©2019 サンクトガーレン

サンクトガーレン

【公式ホームページ】https://www.sanktgallenbrewery.com/

Top image: © 2019 サンクトガーレン
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
高度4万フィート(約1万2000メートル)で誕生したクラフトビール「Speedbird 100」。ブリティッシュ・エアウェイズとスコットランドのクラフトビ...
次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
東京・品川のベイサイドにある「T.Y.HARBOR」は、老舗のクラフトビール醸造所に併設されたブルワリーレストラン。人気のクラフトビールは、苦味がなくてス...
サンディエゴにある「Museum of Beer」。ここは、一度にたくさんの地元のビールやクラフトビールを堪能できる場所。テースティングエリアには、65種...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
海外の缶ビールってなんかデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上に部屋に置くのも楽しくなる!そんな、世界のLovelyなクラフト缶ビールから、オリエ...
ブルックリンで新たに産声を上げたクラフトビールがあります。地元のベーグルショップとブリュワリーが手を組んで誕生した「ベーグルビール」です。
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
忠孝新生駅(台北市内)近くの『Plain Stationery Homeware & Cafe』。生粋の文具マニアであるタイガー・シェンの有名文具店ではク...
海外で見かける缶ビールってデザイン的にも面白いし、オシャレ。飲むこと以上にいろいろ楽しめる!そんな世界のLovelyなクラフト缶ビールとして、オレンジ色が...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
海外の缶ビールってなんかデザイン的にも面白い。飲むこと以上に部屋に置くのも楽しくなる!ここでは、一見ホラーだけど妙にかわいらしく思えてくる缶ビールをご紹介...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
東京から京都まで、東海道五十三次を徒歩で旅しながら、ゴールまでに53種類のクラフトビールを飲もう。企画名は『クラフトビール 東海道五十三注ぎ』。53杯のビ...
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...