「とりあえずビール」って言うけど、実は色々あるんです。今さら聞けない3つのコト

セミの声を聞きながら公園で、夜風に吹かれながらビアガーデンで、さっぱりしたお風呂上がりに1杯と、ビールの美味しい季節真っ盛り。でも、十把ひとからげに「ビール」と呼ぶにはもったいない奥深い世界が、実はグラスのなかに隠されているのです。

リース恵実さんの著書『ビール語辞典』(誠文堂新光社)から、色々なビールについて教えてもらいました。

01.
ビールの個性を決める
2つの発酵方法って?

E92efb5d605579226c674c5cd2fd6da4c712237a

【エール】
発酵中に酵母が上面に浮かんで層をつくる「上面発酵酵母」により醸造されたビールのこと。モルトの甘味とフルーティな風味が特徴。またエールは、アルコール度数の強いビールをつくることも可能です。

E10cd6ef0dea23b3b4bd12547d53aaf7b1a4192a

【ラガー】
発酵すると酵母が沈む醸造方法のことを「下面発酵」と呼び、下面発酵でつくったビールのことを「ラガー」と呼びます。中世のバイエルンで、冷たい貯蔵庫でもビールが発酵し続けていることを発見したことがきっかけで誕生。エールよりも口当たりが軽く、のどごしがいいのが特徴的です。

02.
「地域や場所」がはぐくんだ
ビールたち

9e0d5a969df41ea6d4320ba9dff6f63ab588cfff

【ドイツ:アルトビール】
ドイツ発祥の伝統的なエールビールのスタイル。“alt”はドイツ語で「古い」という意味で、熟成期間が長いことと、ラガーにくらべて歴史が古いことに由来するとされています。しっかりした滑らかな泡にホップのアロマが香る、ミディアムボディのエールは後味もスッキリ。

020030c669482156b333a86fbe5efc2cc1a3d28f

【イギリス:インディアペールエール】
略して「IPA(アイピーエー)」と呼ばれます。イギリス帝国時代に輸出用に開発されたビールスタイル。長い船旅に耐えるため、ホップ量やアルコール度数を通常より増すことで殺菌作用を高め、独特の苦味と優れた風味を加えたもの。

393ba18ec274b9a39c59cabc80c062b48fd729fa

【オーストリア:ヴィエンナ】
ウィーンのモルトを使った、オーストリアのラガービール。ビスケットのような香ばしさと赤みがかった色を持ちます。歴史的に関係の深いメキシコにも伝わるスタイルです。

00a0f57e762bcffa6d4e73641fa1b6f002c5c0f7

【アメリカ:クリームエール】
アメリカ流のライトなラガーのスタイルに基づいてつくられるエール。色は明るめで口当たりも軽く、アルコール度数は通常4〜5%程度。

03.
「制度や伝統」が支える
ビールもあるんです

110446f3bf43095c2d9be5b0d98ceb74babe3e01

【リアルエール】
イギリスの伝統的なつくり方に基づいて醸造されるエールビールで、通常のエールは発酵後熟成用の大きなタンクに移されますが、「リアルエール」の場合はカスク(木樽)に移して、ひとつずつコンディショニングされるんです。

Be746cf66406b248e068f8b353dc813c1b3a9d7e

【トラピストビール】
ベルギーを中心に11ヶ所のみ存在する、トラピスト会の修道院でつくられるビールのこと。発酵後の濾過や低温殺菌を行わないので、酵母やビタミン、ミネラルなど栄養素も、さらに旨味も豊富。

今回紹介したのは、ほんの一例。たとえばビール大国のドイツでは「ビールは醸造所の煙突の影が落ちる範囲で飲め」ということわざがあるほど、地域に根付いた色々なビールが存在しています。

気になる人は、グラス片手に『ビール語辞典』をツマミにして、奥深いビールの世界について調べてみませんか?

次々と専門のお店ができて大流行中のクラフトビール。ところで、そう言えば少し前に「地ビール」なんて言葉もありました。いまいち分からずに使っているこれらの言葉...
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
日南海岸で飲みたいクラフトビールがありました。名前は、「日南麦酒(にちなんばくしゅ)」です。ここ数年、全国各地でマイクロブルワリーが増えていますが、日南麦...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
衣類や食品、生活雑貨のイメージが強い「無印良品」。まったく同じコンセプトで家も販売しているんですよね。
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
文化にとって、嗜好品はとりわけ大事なもの。なかでもビールは世界中でもっとも親しまれている嗜好品のひとつ。楽しくビールを飲んでいるときに、思ってもいないアイ...
お店で飲むのも良いけれど、ときには家でゆっくりしたい。そんなときに役立つ「お家ビール」がおいしくなるポイントとは?ぜひ知っておきたい4つのコツを、リース恵...
「クラフトビールで地方創生」というイベントに参加した。そこで「宮崎ひでじビール」の社長がたびたび口にしていた言葉が「ひでじはバカだから」という言葉。「宮崎...
山梨県北杜市にて、オーガニックな自然栽培を行なっている農業の団体「宇宙農民」。そこでは現在、無農薬のホップを栽培し、それを使ったクラフトビールづくりに取り...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
「チーズ」といえば「ワイン」と思いがちだけど、同じ発酵物の「ビール」も最高に合うんです。でもそのかわり、この3つのルールをしっかり覚えてくださいね?最悪の...
9月半ばから10月上旬まで16日間にわたって開催される、ドイツのもっとも有名なビール祭「オクトーバーフェスト」。日本でも日比谷公園や横浜赤レンガ倉庫などで...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...
ジンジャーエールとビールを混ぜた「シャンディ・ガフ」や、トマトジュースを混ぜた「レッド・アイ」など、ビールを使ったカクテルは日本でも一般的ですが、こんな飲...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
日本でも盛り上がりを見せるクラフトビール。実はこれ、もともとアメリカからスタートしたムーブメントなんです。大手ビールメーカーの作る大量生産のビールに満足で...
この街の美しい大聖堂にフォーカスしているのですが、たとえばかの有名なノートルダム大聖堂だって印象が異なります。
最近、発泡酒の味が改良されていて、ビールとの区別が難しいときがあります(自分だけ?)。もはやビールである必要なんてない、むしろ発泡酒の方が好き、という声も...
職人さんが丁寧に造った、贅沢なクラフトビール。本来の旨味を引き出してくれる、美味しいおつまみと一緒に味わうとさらに最高です。絶対に行きたい!都内の美味しい...
様々なビールづくりに挑戦する「スプリングバレーブルワリー京都」が、9月7日にオープン。これは東京(代官山)、横浜に次ぐ3店舗目で、西日本へは初上陸。京都な...
京都市のほぼ中心に位置する烏丸御池──。今に残る京町屋で楽しめるのは、趣向を凝らしたクラフトビールと日本酒、そして創作料理。この地だからこそ実現したコラボ...
食べられるビールがある──。こう言い切るには若干語弊がありますが、ビール醸造過程において、使用済みの穀物を再利用してつくる食品がありました。おいしいクラフ...
宅飲みで余った気の抜けたビールを、もったいないと思いながら捨てている人は多いと思います。けど、楽しく飲むばかりがビールじゃない。料理に使えるビールの活用術...