オランダの玄関で言いたい!「とりあえずビール」

世界各国の空港を利用してきたけれど、テンション上がるといったらここ。
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港
世界のベストエアポートにも選ばれた実績をもつハブ空港で、ギフトショップやレストランはもちろん、美術館、カジノ、スパまである充実ぶり。

「あ〜〜、どこから行こうか迷っちゃう!」と、訪れた人の多くは、マップを見ながら悩むことでしょう。
オランダを代表するキャラクター、ミッフィーづくしのショップや、チーズ専門店もチェックしたい。

でも到着したら……まず向かうべき場所は『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!

オランダで言いたかったこの一言
「とりあえずビール」

この輝かしい一杯!
オランダ初のプレミアムラガービールであるハイネケン
強めの炭酸と喉越し、鼻から抜けるフルーティーな香り。空港についてすぐ注ぎたてを味わえるということで、世界中の旅行者で店内はいつも賑わっています。

ということで、トランジット利用だけでもこの国に足を踏み入れたのなら素通りはもったいない。
そして、いつもの一言をここで言っちゃいましょう。いや言うべき。
旅の恥はかき捨てですよ。どうせ言葉伝わらないし(笑)。

ちなみに、ハイネケンは美しい黄金色の生ビールを醸造するまで、一般的なビールの約2倍である28日もかかっているらしいですよ。
この一杯は、飲む人に巡り合うまで1ヶ月ほどの旅をしてきたってわけですね。

ビールのお供には、鉄板に乗った熱々のビーフバーガーと、ポテトのセットが人気。結構ボリューミーだから、シェアするのもいいです。

業態はバーのはずなのに、オープンはなんと朝6時。さすが空港ショップというところ。
11時までは「ENGLISH BREAKFAST」のメニューも提供。
「わ〜、朝ごはんまで食べられるのは知らなかった……」と思いながら、Instagramを見ていていたら、こんなハッシュタグを見つけてしまいました。

#beer for breakfast

 

朝から「cheers!」する彼ら、爽やかすぎやしませんか……?
次回スキポール空港に足を踏み入れる時には、絶対にこのハッシュタグを使って投稿しようと決めました。

このバー、せっかくの「カンパーイ」もひとり旅で、ワイワイ盛り上がる相手がいない……という人にも優しい。
実は『ハイネケン バー』には、店内にいるみんなと繋がれる仕掛けがあるんです。
それが店内のテーブル。
グラスの下に、無数のコースターが映っています。これをタッチすると、

「YOUR MESSAGE」
「SAY CHEERS」
「MORE BEHIND THE STAR」

という3つのボタンが現れて、ハイネケンの詳しい情報を入手できるだけでなく、ボタン1つで近くにいる人に「乾杯しよう!」と誘えたり、「気をつけて旅を楽しんでね」とメッセージを送ることができる。

心憎いです、ハイネケン。
美味しい思い出だけじゃなく、記憶に残る時間を過ごせるよう、出会いのキッカケづくりも手伝ってくれています。

ここなら「トランジット飯」以上の楽しみが、生まれそうじゃありませんか?

「Heineken Bar」
所在地:オランダ/アムステルダム/スキポール空港

©Grzegorz Czapski/Shutterstock.com
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
街でビールを配っていたらーー。そりゃもらいたくもなるもの。でも、手にとった瓶が急に道案内しだしたとしたら、あなたはどうしますか?オランダの首都、アムステル...
「Helios Touch」は、一つひとつは小さな六角形のライトですが、それらを組み合わせて、自分が好きなカタチにできるというのが特徴。要するに、モジュー...
パラオ政府は、2020年より、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めを禁止にする方針を明らかにしました。
だんだん暖かくなってきて、ビールもますます美味しい季節になってきました。この頃は缶ビールを「生ビール風」に注げるアイテムなんかもありますが、どうせなら本物...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
オランダのビール会社ハイネケンが所有するカリフォルニア醸造所Lagunitas Brewing Companyが、マリファナを原料としたビール「Super...
真夏にお餅!?って思うでしょうが、これがビールのお供に最高なんです。
あなたの感情を読み取りブランデーの中にハートマークを投影するグラス。アプリと連動する必要あり。デートで使ったら、クールに振る舞っていても心の中を見透かされ...
旅の密かな楽しみの1つに、ローカルビールを味わうことがある。エール、スタウト、ポーター、ヴァイツェン、ラガー、ピルスナー、黒ビール…。その土地のブルワリー...
チェックインカウンターで手荷物を預けたアナタ。身軽になって、いよいよ旅行気分も最高潮。だから、こんなこと考えないかもしれない。預けたカバンがどうやってアナ...
初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受ける...
「Gates of Light(光のゲート)」は、オランダの「締切大堤防」にある60基の水門に、マイクロプリズムシートが取り付けられてできたインスタレーシ...
正直、そんな状態で働いていたことに驚きですが、一番ビックリしたのは当事者自身かもしれませんね。予想外の方法で空を飛んでしまったのだから……。
ニュージーランドのウェリントンは、コーヒーも有名だけど、クラフトビールだって有名なんです。この記事では、地元で人気のクラフトビールブランドのオーナーがおす...
体の酸化を食い止め、病気を予防する。そこにビールが関わってるって!?
医学博士は言います、太る原因がビールにあるわけではないと。さらには、病気知らずの体づくりにビールが役立つとまで。
サーバーの排熱で家を暖めるサービスを提供するオランダ企業Nerdalize。これだけだとちょっと分かりにくいかもしれませんが、とってもメリットの大きいプロ...
トラベルやカルチャーの情報を中心に発信している米メディア「Matador Network」。同サイトに「クラフトビール好きにベストな世界の17都市」という...
ビールが苦手な人には理解してもらえなさそうだけど、どうしても飲みたくなる気持ち、とても分かります……。そんなときは我慢せず、グビッと行きましょう?
本格的なクラフトビールの味わいを、自宅で手軽に楽しめるキットが登場しました。たんにサーバーからグラスに注いで終わり、なんてものじゃありませんよ。なんと、発...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。