香港の空港なのに「混雑知らず」で食べられるガチョウ肉

アジア最大ともいっていい香港国際空港。日本から4時間程の便利な距離。
たくさんのエアラインが乗り入れ、世界中の人が交わる拠点だけに、乗り継ぎ時間を充実して過ごせるスポットや機能が満載。
もちろん、そのトランジット利用の楽しさも巨大空港の魅力ではあるんですが、とにかく人が多い!

そこで、メジャーなフードスポットを通過して、ちょっと歩くけどゆったりと過ごせそうな「トランジット飯」をご紹介します。
今回おすすめするのは、「EAST TO WEST FOOD MARKET(食東西)」にある「鏞記(ヨンキー)酒家」

混雑必至の中、ゆったり食べられる
誰もが知る名店のローストグース

場所は、各航空会社の搭乗ゲートが並ぶ長い通路の先、EAST HALLのLEVEL6。少し歩く空港の辺境地なので何もないだろうと思うと、そんなことない。

大きな窓から飛行機が見渡せる開放的な場所は、ミシュランに掲載されたこともある店舗が集まるフードエリアになっています。

その中でも、「鏞記酒家」は他のお店と囲いで区切られて、格式ありそうな雰囲気も醸します。
選ぶべきは、この店を有名にした「ローストグース(ガチョウのロースト)」
香港に来た旅行者がお土産に持って帰ることが多く別名「飛機鵝(フラインググース/空飛ぶガチョウ)」なんて呼ばれるほど人気。
お味は、北京ダックとは違い、肉の身の部分も美味しくいただけます。
皮はパリパリ、肉はジューシー。「ローストのっけご飯」なんてメニューを選ぶのもいいですよ。

ぶっちゃけお値段もちょいセレブ価格だし、トランジットでの食事と考えると躊躇するかもしれません。
ただ、この「EAST TO WEST FOOD MARKET」は、搭乗口から遠いのもあるのか、世界中の旅人が交差する巨大空港の中で、割と人も少なく、席も見つけやすい。

たしかに、空港チェックインカウンター近くのフードコート「EAST HALL LEVEL7(東大堂 – 第七層)」には、食の都香港らしく「大家樂」や「正斗粥麵專家」、「I LOVE 翠華」といった有名レストランの店舗がたくさん。
ただ、いつでも混んでいて、空席待ちになることしばしばだったり。

トランジットの限られた時間で、お店に入るのに待ったりしていてはもったいない。
と、考えれば、「EAST TO WEST FOOD MARKET」の「鏞記酒家」には、有意義でおいしいタイムマネジメントができる価値も含まれているんです。

「鏞記酒家」

所在地:香港/香港国際空港

©Lee Yiu Tung / Shutterstock.com
世界の“おいしい”乗り継ぎ、ここにあり!
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
「ワールドエアポートアワード」で、7年連続1位に選ばれているシンガポール・チャンギ国際空港。東南アジアを結ぶハブ空港でのオススメは『Collin's (コ...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
香港のThe Peakに6月、「Monopoly Dreams Hong Kong(モノポリー ドリームズ 香港)」がオープン予定。ここはモノポリーの世界...
「インスタジェニックな香港」といえば、ヴィクトリア・ピークやシンフォニー・オブ・ライツで異論なし。だけど、James Wongは、単なるストリートにその美...
海外旅行中に行くなら、スーパーマーケットよりも「セブンイレブン」の方がおもしろい。香港のセブンは、過去行った海外のセブンで一番日本っぽいけど、個性を感じる。
香港の街で目にする、養生シートがかけられた工事中の高層ビルを「繭」と称する米写真家Peter Steinhauerさん。その姿に魅了され、工事中のビルばか...
友人が教えてくれた香港の新しい楽しみ方は、トレッキング。今、情報感度の高い欧米人の間では、すでにメジャーになってきているらしい。調べてみると、複数あるコー...
3月19日、香港政府が人工島を建設すると発表しました。環境破壊をはじめとした理由で批判の声もたくさん上がっていますが、注目したいのはその理由です。
日本からヘルシンキ・ヴァンター国際空港までは、10時間ほどで行ける欧州の玄関口。ここでのトランジットには、フィンランドの名物料理「グリッリ・マッカラ」と呼...
飲茶文化の香港人がなかなか受け入れられなかったコーヒーの苦味。その克服に常識破りのチャンポンがありました。
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...