ローマで三ツ星シェフのコース料理が30分で食べられる

トランジットって、時間がありそうで搭乗口に集合とか、いろいろ時間に制限がありますよね。
時間を気にしながらのご飯じゃ味も半減。
そんなことを気にせず、しかも三ツ星シェフの食事が味わえるという「トランジット飯」をご紹介します。

ここは、イタリア・ローマ、フェウミチーノ空港。別称レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港のイタリアン『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』

三ツ星シェフの最短30分イタリアンコース

©Attimi by Heinz Beck

東京・大手町にも店舗をもつ、世界のガストロミー界の頂点に立つと言われるシェフ、ハインツ・ベックの店。
シェフは、ローマに開業したレストラン『ラ・ペルゴラ』にて、2005年「ミシュランガイド イタリア2006」三ツ星を獲得。以来、現在までその地位を保持。
洗練された現代風イタリアンは、オリジナリティあふれる感性を持つと同時に、様々なチャレンジもしている様子。

そのハインツ・ベックシェフの表現を堪能できるのがここの、“30分・45分・60分”と滞在可能な時間にあわせて提供されるイタリアンのコース
食べてる時間の経過がわかりやすく、料理と一緒にテーブルに大きな砂時計が置かれます。

© attimibyheinzbeck/Instagram

この砂が落ちるまでの間に次々に運ばれる、盛り付けも美しいコース料理。
スターシェフの料理ですから、味は言わずもがな。
ちゃんと前菜からメインまで、食事の進み具合のタイミングを見計らってくれるのも、さすがのホスピタリティ。
正直なところ、砂時計がなくても皿が運ばれてくるので、時間の経過はわかるんですが、こういった趣のあるサービスが旅の思い出にも。

© ___heejoo___/Instagram
© attimibyheinzbeck/Instagram
© gugsto/Instagram

せっかく、マンジャーレ!(=食べること)を人生訓にあげる国・イタリアの地に寄ったのですから、スターシェフの料理をいただけたら、土産話になりますしね。

曖昧な腹時計に頼ったり、味も半減してしまう時間に囚われた食事から解放されるこの体験。
ローマ・フェウミチーノ空港を経由する機会があれば、ぜひ試す価値ありではないでしょうか。

Attimi By Heinz Beck

所在地:イタリア/ローマ/フェウミチーノ空港

©bellena / Shutterstock.com
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
ヨーロッパの486,713地点からローマへの道のりを示したマップが公開。
イギリス・バーミンガムで起きた出来事を中心に報道しているメディア「Birmingham Live」。彼らの記事によれば、バーミンガム大学のあるクラスで受講...
39階からの夜景×ワイン×本格タイ料理 オーストラリア発のモダン・タイ・レストランLongrain TOKYO〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4丁目...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
2年前にビデオグラファーOliver Astrologoが投稿した動画は、今でも決して色褪せません。彼の技量もそうですが、何か惹きつけられる感覚があるのは...
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
ちょっとした工夫が凝らしてあるカレンダー「ロールカレンダー 2019」。巻物式になっていて、表示期間も調節可能。
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
この夏、ローマは深刻な水不足に悩んでいます。その原因は異常気象。「観測史上2番目に暑い春」だった今年、降水量が激減、この干ばつがローマっ子たちの風物詩まで...
世界中を旅するクリエイターOliver Astrologo氏。これまでに数多くの国を訪れた彼が特別な感情を抱く街──、それがローマなのだとか。ここで紹介す...
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
もしも2〜3年前にペルー料理の名前やうまいペルビアン・レストランの名前を挙げろと言われたら、きっと僕は「セビチェ……」としか言えなかったと思います。しかし...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷...
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。
総工費約3380億円ともいわれる、UAE・アブダビのホテル『エミレーツ・パレス』。ホテルというより、その名の通り「宮殿」のような超豪華な施設は、宿泊者でな...
体重167キロ。医師には「命の危険性がある」と言われるほどまで太ってしまったのは、シェフのカルミネ・コッツォリーノさん。N.Yに自分のレストランをオープン...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
2018年の「世界空港ランキング」で2位に選ばれた韓国・仁川国際空港。ここでオススメしたいのが、夕方には売り切れ必至な『1964 百味堂(ペンミダン)』の...