ローマで三ツ星シェフのコース料理が30分で食べられる

トランジットって、時間がありそうで搭乗口に集合とか、いろいろ時間に制限がありますよね。
時間を気にしながらのご飯じゃ味も半減。
そんなことを気にせず、しかも三ツ星シェフの食事が味わえるという「トランジット飯」をご紹介します。

ここは、イタリア・ローマ、フェウミチーノ空港。別称レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港のイタリアン『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』

三ツ星シェフの最短30分イタリアンコース

©Attimi by Heinz Beck

東京・大手町にも店舗をもつ、世界のガストロミー界の頂点に立つと言われるシェフ、ハインツ・ベックの店。
シェフは、ローマに開業したレストラン『ラ・ペルゴラ』にて、2005年「ミシュランガイド イタリア2006」三ツ星を獲得。以来、現在までその地位を保持。
洗練された現代風イタリアンは、オリジナリティあふれる感性を持つと同時に、様々なチャレンジもしている様子。

そのハインツ・ベックシェフの表現を堪能できるのがここの、“30分・45分・60分”と滞在可能な時間にあわせて提供されるイタリアンのコース
食べてる時間の経過がわかりやすく、料理と一緒にテーブルに大きな砂時計が置かれます。

この砂が落ちるまでの間に次々に運ばれる、盛り付けも美しいコース料理。
スターシェフの料理ですから、味は言わずもがな。
ちゃんと前菜からメインまで、食事の進み具合のタイミングを見計らってくれるのも、さすがのホスピタリティ。
正直なところ、砂時計がなくても皿が運ばれてくるので、時間の経過はわかるんですが、こういった趣のあるサービスが旅の思い出にも。

せっかく、マンジャーレ!(=食べること)を人生訓にあげる国・イタリアの地に寄ったのですから、スターシェフの料理をいただけたら、土産話になりますしね。

曖昧な腹時計に頼ったり、味も半減してしまう時間に囚われた食事から解放されるこの体験。
ローマ・フェウミチーノ空港を経由する機会があれば、ぜひ試す価値ありではないでしょうか。

Attimi By Heinz Beck

所在地:イタリア/ローマ/フェウミチーノ空港

©bellena / Shutterstock.com
世界の“おいしい”乗り継ぎ、ここにあり!
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
会社に行きたくない、彼氏や上司とケンカしてイライラ等、「ミレニアルズ」のお悩みを漢方で解決!世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉にある「杉本薬局」の三...