ローマで三ツ星シェフのコース料理が30分で食べられる

トランジットって、時間がありそうで搭乗口に集合とか、いろいろ時間に制限がありますよね。
時間を気にしながらのご飯じゃ味も半減。
そんなことを気にせず、しかも三ツ星シェフの食事が味わえるという「トランジット飯」をご紹介します。

ここは、イタリア・ローマ、フェウミチーノ空港。別称レオナルド・ダ・ヴィンチ国際空港のイタリアン『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』

三ツ星シェフの最短30分イタリアンコース

5773676989382656
©Attimi by Heinz Beck

東京・大手町にも店舗をもつ、世界のガストロミー界の頂点に立つと言われるシェフ、ハインツ・ベックの店。
シェフは、ローマに開業したレストラン『ラ・ペルゴラ』にて、2005年「ミシュランガイド イタリア2006」三ツ星を獲得。以来、現在までその地位を保持。
洗練された現代風イタリアンは、オリジナリティあふれる感性を持つと同時に、様々なチャレンジもしている様子。

そのハインツ・ベックシェフの表現を堪能できるのがここの、“30分・45分・60分”と滞在可能な時間にあわせて提供されるイタリアンのコース
食べてる時間の経過がわかりやすく、料理と一緒にテーブルに大きな砂時計が置かれます。

© attimibyheinzbeck/Instagram

この砂が落ちるまでの間に次々に運ばれる、盛り付けも美しいコース料理。
スターシェフの料理ですから、味は言わずもがな。
ちゃんと前菜からメインまで、食事の進み具合のタイミングを見計らってくれるのも、さすがのホスピタリティ。
正直なところ、砂時計がなくても皿が運ばれてくるので、時間の経過はわかるんですが、こういった趣のあるサービスが旅の思い出にも。

HeeJooさん(@___heejoo___)がシェアした投稿 -

© ___heejoo___/Instagram
© attimibyheinzbeck/Instagram
© gugsto/Instagram

せっかく、マンジャーレ!(=食べること)を人生訓にあげる国・イタリアの地に寄ったのですから、スターシェフの料理をいただけたら、土産話になりますしね。

曖昧な腹時計に頼ったり、味も半減してしまう時間に囚われた食事から解放されるこの体験。
ローマ・フェウミチーノ空港を経由する機会があれば、ぜひ試す価値ありではないでしょうか。

Attimi By Heinz Beck

所在地:イタリア/ローマ/フェウミチーノ空港

6697281570996224
©bellena / Shutterstock.com
世界の“おいしい”乗り継ぎ
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
「Yelp」が7月24日に、レストランやバーなどが清潔かどうかのレーティングも表示すると発表しました。
iPhoneひとつあれば、旅の記録と記憶は美しく残せる。世界のiPhone Photographersの貴重な瞬間を捉えた写真の数々を観ると、旅にあらため...
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
2年前にビデオグラファーOliver Astrologoが投稿した動画は、今でも決して色褪せません。彼の技量もそうですが、何か惹きつけられる感覚があるのは...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
まるでミックスネクターってくらいにフルーティさが際立つ、アメリカ、カリフォルニアの「アイアンストーン・オブセッション・シンフォニー」。超・超フルーティな香...
この夏、ローマは深刻な水不足に悩んでいます。その原因は異常気象。「観測史上2番目に暑い春」だった今年、降水量が激減、この干ばつがローマっ子たちの風物詩まで...
ヨーロッパの486,713地点からローマへの道のりを示したマップが公開。
世界中を旅するクリエイターOliver Astrologo氏。これまでに数多くの国を訪れた彼が特別な感情を抱く街──、それがローマなのだとか。ここで紹介す...
世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷...
KLMオランダ航空の本拠地、アムステルダム・スキポール空港。何よりまず向かうべきは『Heineken bar(ハイネケン バー)』です!
体重167キロ。医師には「命の危険性がある」と言われるほどまで太ってしまったのは、シェフのカルミネ・コッツォリーノさん。N.Yに自分のレストランをオープン...
養蜂家でありDJでもあるBioni Sampは、シンセサイザーを駆使しながらユニークな音楽制作を行っています。
国際宇宙会議にて、SpaceX社は地球上の主要都市を、約30分で結ぶ計画を発表した。可能にするのは、ロケット型宇宙船「BFR」。火星移住計画様に開発された...
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
コインを投げれば、願いが叶うー。世界には、そんな伝説が伝わる場所がいくつかあります。最も有名な観光地のひとつといえば、イタリアにある「トレビの泉」。映画『...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
外国人シェフ最少年の28歳でミシュランガイドの星を獲得した料理人・松嶋啓介が教える大切なことーー。
ミラノのレストラン「Refettorio Ambrosiano」には、他とは明らかに違う魅力がある。それは、単に一流のシェフによる絶品イタリアンでも、毎日...