旅は「トランジットのご飯」でもっと楽しくなる!おいしい空港まとめ

みなさん、歓喜の10連休GWをいかがお過ごしでしょうか。

パスポートを片手に、意気揚々と海外へリフレッシュしに行くひとたちも多いでしょう。せっかくの貴重な連休ですから、道中の“おいしいチャンス”も逃すべからず……!ということで、飛行機の旅につきもののトランジットで出会えるグルメをお届けします。

【バンコク・スワンナプーム空港】
CA御用達この食堂を知らなきゃ損!

タイの空港でトランジットするときには、絶対に知っておいてほしいのが『Magic Food Point』。

メインのレストラン街やフードコートとはだいぶ離れた穴場的スポット。ひっそりと佇んでいるので、何も調べずに見つけるのは至難の技です。タイの空港のヘビーユーザーの多くも知らないと言います。

紹介する写真はスワンナプームのものですが、ドンムアン空港にもあるので探してみてくださいね。

どうしてこんな所にあるのかというと、実はもともと空港関係者専用の食堂だったというウワサ。真相がどうであれ旅行者の利用もOK。

空港なのに町で食べるのと変わらない安さ!超王道のガイ・ヤーンは、甘辛のタレに漬け込まれた鳥もも肉を炭火で焼いて、皮にパリパリの焼き色をつけて、ど~ん!オン・ザ・ライスは肉汁やタレが染み込むから正解◎

これで60バーツ前後(約200円)というんだから、空港内のレストランではズバ抜けて安い。

『Magic Food Point』

所在地:タイ/バンコク/スワンナプーム国際空港

【香港国際空港】
隠れ名店でゆったりいただくガチョウ肉

日本から4時間程でいける、アジア最大ともいっていい香港国際空港。世界中の人が交わる拠点だけに、乗り継ぎ時間を充実して過ごせるスポットや機能が満載。

メジャーなフードスポットをスルーして、ゆったりと過ごせる「EAST TO WEST FOOD MARKET(食東西)」にある『鏞記(ヨンキー)酒家』をご紹介。

選ぶべきメニューは、この店を有名にした「ローストグース(ガチョウのロースト)」。香港に来た多くの旅行者がお土産に持って帰ることから別名「飛機鵝(フラインググース/空飛ぶガチョウ)」なんて呼ばれるほど人気。
お味は、北京ダックとは違い肉の身の部分も美味しくいただけます。皮はパリパリ、肉はジューシー!

「鏞記酒家」

所在地:香港/香港国際空港 EAST HALL,LEVEL6

【台湾・桃園国際空港】
「夜市で食い倒れ」をここで満喫!

台湾・桃園国際空港のグルメといえば、だいたい注目されるのは第2ターミナルですが、多くのLCC利用者が使うのは第1ターミナル。

安く賢い旅は、第1ターミナルの“美味しい情報”を握っているかに左右されます。ここで行くべきトランジット飯は、『新東陽美食廣場(新東陽フードコート)』!

なかでも、「貢丸」と呼ばれる肉団子や、「米粉」と呼ばれるビーフンが有名な『海瑞摃丸』はマストチェック。お肉がぎっしり詰まった団子は、想像以上にプリップリ!この肉団子とビーフンは、台北から車で1時間ほど離れた場所にある新竹市の名物。新竹はIT企業や工場が集まり、「台湾のシリコンバレー」と呼ばれることもあるそう。

観光客にはあまり馴染みのないエリアだからこそ、本場の味を空港で味わえるチャンスを逃さないで!

『新東陽美食廣場』

所在地:台湾/台湾桃園国際空港

【シカゴ・オヘア国際空港】
シカゴで食べるべき、メキシカンサンド

離着陸回数で世界一、二を争うシカゴの大空港、オヘア国際空港。アメリカの真ん中シカゴですが、オススメするのは、メキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店、『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』

創業者のこだわりでシカゴローカルの食材を使うのが基本。それぞれの材料をどこで仕入れているのか、店頭ですべてわかるようにしているのも、こだわりのひとつ。メキシカンなのに、シカゴローカルの味をちゃんと味わえるってことですね。

「TORTAS Frontera」

所在地:アメリカ/イリノイ州シカゴ/オヘア国際空港

【ロンドン・スーヒロー空港】
「イギリス料理は××説」を覆すサーモン

「イギリス料理は不味い」はもう昔の話。ヒースロー空港の制限区域内にある「キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー」の「スモークサーモン」は食べておくべき一品!メニューの中で最もリーズナブルでありながら、大人ふたりでも十分なくらいの量。

きざんだチャイブをふりかけ、レモンを絞っていただくイギリス伝統スタイル。
合わせる飲み物は、パブ文化のイギリスらしくビールもいいし、シャルドネなどの白ワインもいい。

ヒースローは搭乗口まで遠い巨大空港ですから、長居しすぎにはご注意!

「Caviar House & Prunier Seafood Bar」

所在地:イギリス/ロンドン/ヒースロー空港

Top image: © iStock.com/gilaxia
旅のフライトが快適になるヒント!
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
世界第3位に輝くメキシカンサンドウィッチ=トルタをだすお店『TORTAS Frontera(トルタスフロンテア)』。シカゴのオヘア国際空港でオススメです。
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
「ワールドエアポートアワード」で、7年連続1位に選ばれているシンガポール・チャンギ国際空港。東南アジアを結ぶハブ空港でのオススメは『Collin's (コ...
世界でも3番目に忙しい空港と言われるダラス・フォートワース国際空港。「テキサスきたー!」のイメージ通りな『Cousin's BBQ(カズンズ バーベキュー...
台湾の桃園国際空港を利用するとき、安く賢い旅をするなら、夜市のようなフードコートで食い倒れるのがオススメ! 台湾らしさも感じられます。
世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷...
「App in the Air」は、空港で同じ空港内や同じフライトを利用する人同士で繋がれるアプリ。プロフィールを読んで気になった相手には、ダイレクトメッ...
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
機内食は苦手とか、ドリンクサービスだけの国内線、ってことから単純にお腹が減ったというときまで小腹が助かる空旅に適した携帯フード。小さなカステラ「フクサヤキ...
いったいどこに座るのが正解なのか?座席指定がどんどん有料化されていく昨今。それくらい狙える場所を知っておくだけで、フライトの天国と地獄が分かれます。
空港での時間のつぶし方を人にたずねると、その選択肢は意外と少ない。カフェやバーで飲んだり食事をするか、免税店を見て回る、もしくは早々に搭乗口へ向かい、タブ...
日本からヘルシンキ・ヴァンター国際空港までは、10時間ほどで行ける欧州の玄関口。ここでのトランジットには、フィンランドの名物料理「グリッリ・マッカラ」と呼...
先日、香港国際空港にできた「The Sanctuary by Pure Yoga」。キャセイパシフィック・ラウンジのひとつ「ザ・ピア」のビジネスクラスラウ...
カナダに暮らすJahmaul Allenさんは、働いているトロント・ピアソン国際空港でちょっとした有名人なんです。そのワケは飛行機を先導するときにダンスを...
「シンガポール・チャンギ国際空港」がさらなる進化を果たし、世界一の座を揺るがないものにしようとしています。
バンコクのスワンナプーム国際空港は、混雑具合がえげつない! なので、目指すべきは『Magic Food Point』。ひっそり存在するお得な食堂があります。