空港での「トランジット難」を解決する、出来すぎカプセルホテル

世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。

コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷物の制限にも目をつむれるけれど、意外と気になって仕方ないのが乗り継ぎの悪さだったりするのは、僕だけだろうか。旅程とうまいこと合えばいい、が場合によっては10時間近いトランジットを余儀なくされることも。

そんなとき、Wi-Fiポイントにアリのように群がるか、硬い椅子に横たわって、ただ時間を潰すくらいならば、こういうアイデアがもっと出てきてもいいんじゃないかな。

乗り換え時間の長さを
逆手にとった宿泊施設
「Bed & Boarding」

ナポリ・カポディキーノ国際空港に新設された、リフレッシュルームとホテルのちょうど中間をいくカプセル型の宿泊施設がこちら。24時間365日、使いたいときに利用できる、その名も「BenBo」。意味はBed & Boardingから来ているらしい。

なんでも、日本のカプセルホテルに着想を得て、こぢんまりした1人用のハコを意識したんだそう。ところが独立したユニット型の個室は、本家のそれと比較しても明らかに大きく、楽チンそう。

さらに中がスゴかった。あらゆる旅行者(なかでもお金をかけずに空の旅を楽しみたい層)のニーズを叶えるべく、室内も、共有スペースも、ゴキゲンなファシリティが整っている。

仮眠もシゴトもイケる
「カプセル」を超える汎用性

カードキーをかざすと自動で扉がオープン、両手に荷物の旅行者にちょっとうれしい心づかい。壁はすべて防音壁だそう。

室内はベッドだけにあらず。

落ち着いた空間で作業したい人のニーズにも合わせ、無線LANだけでなく、ドッキングステーションや、リクライニングテーブルを完備。さらには、フライトスケジュールを逐一チェックできるボーディングボード、アラームクロックと、これなら乗り遅れる心配も無用だろう。

個人的には、建てつけのスタンドミラーや、手荷物から旅行カバン、靴まで収納できるキャビネットがデフォルトだという点も、旅行者のツボを押さえた花マルポイント。

ちなみにトイレとシャワーも、利用個室1つずつに割り当てられた完全プライベート。そこもセキュリティやプライバシーに配慮してのことだそう。

コワーキングスペースも充実

屋内とテラスの共有スペースも使い放題。カプチーノ片手にメールをチェックしたり、旅のブログをまとめたり、同じ旅行者と情報交換するなど、用途はさまざまだろう。

空港併設型のリフレッシュルームって、窓はあってもなかなか外の空気を吸うには至らないところが多かったけど、乗り継ぎの合間にほんの数分でも、ふわっと外気を浴びれるのはありがたい限り。

ナポリから開業したBenBoは、今後ローマ、パレルモ、ベルガモにも展開予定だという。最初の1時間がおよそ9ドル(約1,000円)、以降8ドル/時間ならば、リフレッシュ&仮眠の快適さには十分、値するんじゃないだろうか。

Licensed material used with permission by BenBo
他の記事を見る
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
大手化粧品メーカーの「L’Oreal(ロレアル)」が、2019年のCESで発表した「My Skin Track pH」。ペタッと貼るだけで、15分以内に肌...
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会が、ホテル「Hotel Peter & Paul」として生まれ変わりました。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
海外旅行は年1、2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力!そんな私がいつか泊まろうと心に決めている(...
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
淡いピンク色を基調にした屋外プールがかわいい「Paradiso Ibiza Art Hotel」。インテリアデザインも特徴的で、ホテル内の至るところがフォ...
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
マレーシアにあるアジア最大のハブ空港、クアラルンプール国際空港で食べるのは、南ア生まれのチキン料理、辛いけど絶品な「Nando’s(ナンドーズ)」のペリペ...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
突然ですが、フィットネスジムって高くないですか? 日本の平均月収はたしか32.5万ぐらい。対して、ジムの月会費の相場は1万円以上。給料の3%以上となります...
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...
ジョージアの首都トビリシにあるホテル「Stamba Hotel」は、旧ソ連時代、国内初の共産主義の新聞を刊行したこともあるという印刷会社でした。当時の素材...
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...