空港での「トランジット難」を解決する、出来すぎカプセルホテル

世界の空の旅に新たな選択肢をもたらしたローコストキャリア(LCC)の台頭で、格安旅行の醍醐味は増した。

コストパフォーマンスを考えれば、機内食の削減も、手荷物の制限にも目をつむれるけれど、意外と気になって仕方ないのが乗り継ぎの悪さだったりするのは、僕だけだろうか。旅程とうまいこと合えばいい、が場合によっては10時間近いトランジットを余儀なくされることも。

そんなとき、Wi-Fiポイントにアリのように群がるか、硬い椅子に横たわって、ただ時間を潰すくらいならば、こういうアイデアがもっと出てきてもいいんじゃないかな。

乗り換え時間の長さを
逆手にとった宿泊施設
「Bed & Boarding」

ナポリ・カポディキーノ国際空港に新設された、リフレッシュルームとホテルのちょうど中間をいくカプセル型の宿泊施設がこちら。24時間365日、使いたいときに利用できる、その名も「BenBo」。意味はBed & Boardingから来ているらしい。

なんでも、日本のカプセルホテルに着想を得て、こぢんまりした1人用のハコを意識したんだそう。ところが独立したユニット型の個室は、本家のそれと比較しても明らかに大きく、楽チンそう。

さらに中がスゴかった。あらゆる旅行者(なかでもお金をかけずに空の旅を楽しみたい層)のニーズを叶えるべく、室内も、共有スペースも、ゴキゲンなファシリティが整っている。

仮眠もシゴトもイケる
「カプセル」を超える汎用性

カードキーをかざすと自動で扉がオープン、両手に荷物の旅行者にちょっとうれしい心づかい。壁はすべて防音壁だそう。

室内はベッドだけにあらず。

落ち着いた空間で作業したい人のニーズにも合わせ、無線LANだけでなく、ドッキングステーションや、リクライニングテーブルを完備。さらには、フライトスケジュールを逐一チェックできるボーディングボード、アラームクロックと、これなら乗り遅れる心配も無用だろう。

個人的には、建てつけのスタンドミラーや、手荷物から旅行カバン、靴まで収納できるキャビネットがデフォルトだという点も、旅行者のツボを押さえた花マルポイント。

ちなみにトイレとシャワーも、利用個室1つずつに割り当てられた完全プライベート。そこもセキュリティやプライバシーに配慮してのことだそう。

コワーキングスペースも充実

屋内とテラスの共有スペースも使い放題。カプチーノ片手にメールをチェックしたり、旅のブログをまとめたり、同じ旅行者と情報交換するなど、用途はさまざまだろう。

空港併設型のリフレッシュルームって、窓はあってもなかなか外の空気を吸うには至らないところが多かったけど、乗り継ぎの合間にほんの数分でも、ふわっと外気を浴びれるのはありがたい限り。

ナポリから開業したBenBoは、今後ローマ、パレルモ、ベルガモにも展開予定だという。最初の1時間がおよそ9ドル(約1,000円)、以降8ドル/時間ならば、リフレッシュ&仮眠の快適さには十分、値するんじゃないだろうか。

Licensed material used with permission by BenBo
他の記事を見る
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
空の旅も乗り継ぎ時間をどう過ごすかは永遠の課題。そんなとき空港内のグルメな情報があれば、きっとただの待ち時間から、美味しい時間になるはず。
「Autonomous Travel Suite」は、まだアイデアベースですが、イノベーションアワードを授賞するほど秀逸な移動式ホテル。ドアツードアで移動...
乗り継ぎ時間のケアいらずで、三ツ星シェフの味を堪能できるフェウミチーノ空港の『Attimi By Heinz Beck(アッティミ・バイ・ハインツベック)』。
ポルトガルのポルトにあるブティックホテル「Torel Avantgarde」。テーマは「芸術」。旅行業界のアカデミー賞とも称される「World Luxur...
「Pricerooms.com」は、旅行する際、徹底的に安いホテルを探したい人向け。予約を済ませた後もさらにお得なプランを探し続けてくれるんです。
アメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズの1860年代に建てられた教会が、ホテル「Hotel Peter & Paul」として生まれ変わりました。
2019年にオープンから125周年を迎えたアメリカ・ルイジアナ州ニューオーリンズにあるホテル「The Roosevelt New Orleans」が、「ホ...
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
「TORACO Konohana」はコンテナを利用したホテルです。USJから歩ける距離にオープンです。
とにかく人が多いアジア最大クラスサイズの香港国際空港。ちょっと歩けばゆったり過ごせる「鏞記酒家」にて、名物「ローストグース(ガチョウのロースト)」を食します。
淡いピンク色を基調にした屋外プールがかわいい「Paradiso Ibiza Art Hotel」。インテリアデザインも特徴的で、ホテル内の至るところがフォ...
ポルトガル・リスボンにある4ツ星ホテル「Inspira Santa Marta Hotel」。ここはサステイナブルな観光をする上で世界的に有名。2018年...
ドイツ・ミュンヘン空港内にある醸造所兼レンストラン「Airbräu(エアブロイ)」。都市の玄関口である空港に醸造所があるのは、世界でもミュンヘンだけのようです。
観光産業が著しく成長しているスリランカですが、国の玄関のほど近くから癒やしのホテルが迎えてくれます。「The Wallawwa」は、バンダラナイケ国際空港...
スリランカ中部州ハットンのホテル「Ceylon Tea Trails」は、世界中で親しまれているスリランカの紅茶の魅力を伝えるため、無料のアクティビティ「...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
いかだの原理を活用したホテル。湖、森、陽の光などの自然を、部屋を離れることなく満喫できます。
木の上につくられていている「Treehotel」は、見た目が鳥の巣やUFOのようだったり様々。泊まっても見ていてもワクワクします。
スイスのアッペンツェルにある、『Null Stern Hotel(ヌル・スターン・ホテル)』は、見ての通り、壁もないし、天井もない。でも、普通のホテルだっ...