イタリアで人気の「分散型ホテル」って、何が散らばってるの?

現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務。

けれど、こうした過疎化に集落が一体となって観光客を呼び込み、活性化を図る取り組みが40年近く前からこの国には根付いていた。それが、分散型ホテル「アルベルゴ・ディフーゾ」だ。

集落全体がひとつのホテル
分散型の宿泊施設

複数の客室、レストラン、バーなどが建物内に一体となった施設をホテルと定義するならば、アルベルゴ・ディフーゾ(Albergo Diffuso)はその機能をバラバラにし、集落のなかに分散させた宿泊形態を指す。

村の中心にレセプションカウンターならびに管理棟を置き、集落内の空き家を客室として利用する。空き家といっても、もちろん客室用にリフォームされたもの。朝食は目抜通りのカフェで提供されたり、夕方からは村はずれのバーにふらっと出かけることもできる。

自分もそこの住人になった気分で村に溶け込めるという点では、Airbnbにも似ているのかもしれない。

村の住人に紛れる
ホテルステイはどう?

では、実際にどれほどの“散らばり”をしているのか、その一例を見てみよう。

アドリア海に面した南部プッリャ州のポリニャーノ・ア・マーレといえば、夏場に営業する「洞窟レストラン」で有名な地。けれど、そこから1時間ほど車を走らせた村バジリカータは、写真から察するに、観光の要素が随分と削ぎ落とされた印象を受けるエリアだ。

そこに分散型ホテル「Dei Serafini」はある。アルベルゴ・ディフーゾがイタリアで広まった初期の頃、1980年代からあるホテルのひとつとして知られている。

まずは、レセプションロビーと軒を並べるカフェテリアへ。ノリの効いたシャツに袖を通したカメリエーレが淹れてくれる、とっておきのカプチーノをいただきたい。

床のタイルを見ても分かるように、元々の空き家の間取りによって、客室の雰囲気も異なるそうだ。

ひだまりのテラスで朝食をしたり、村はずれのトラットリアで海を眺めながらの食事もいい。

地震による被災から
地域再生を狙う手段だった

アルベルゴ・ディフーゾ協会(Adi)によると、現在イタリア全土だけでも120近いホテルが分散型を採用しているという。その起源には、1976年イタリア北部を襲った大地震による被害が関係していた。

この年、ヴェネチアの北東部を地震が襲い、特に被害の大きかったフリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州では、住人が家を捨て町を離れていくケースも少なくなかったそう。

震災復興の資金として地域に割り当てられた予算をどう使うかを決める会議の場で、観光マーケティング学者だったGiancarlo Dall’Araの案で、あるじを失った空き家を客室とし、村全体をアコモデーション施設とする、地域再生計画が採用された。のちのアルベルゴ・ディフーゾとなったのは言うまでもない。

その後も1980年、2009年の南部地震で、さらには今年10月の地震の後も、分散型ホテルが被災地の人離れを補填するかたちで誕生。つまり、復興と地域再生に分散型ホテルは、まばらになってしまった住人とインバウンド観光客を結ぶ、活性化の起爆剤としても役割を担っているわけだ。

集落を丸ごとホテルに。村おこしのようでもあるアルベルゴ・ディフーゾが、過疎化を止める手立てになる。イタリアの限界集落による観光づくりは、はたして日本の地方創生のモデルケースになるだろうか。

「都市から農場へ」の動きをつくった農園ライフも楽しめる旅のスタイル、アグリツーリズモともひと味違い、村に溶け込むようにして生活するアコモデーション。今度のイタリア旅行は、こんな過ごし方もいいかもしれない。

Reference:Adi
Licensed material used with permission by Dei Serafini

関連する記事

今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
山奥にあるこの小さな村に、どうにかして人を呼び込めないものかと考えて打ち出したのが、有り余っている空き家を宿泊施設にするという『村ごとホテル案』。もともと...
日本初のノンアルコール飲料専門ECサイトとして、ノンアルブームの一翼を担ってきた「MARUKU」が、プラベートブランド「MARUKU AF」を創設。第一弾...
もうすぐ一周年の「コモ ウマ チャングー」。このホテルの一番の特長は、優美な曲線を描く屋根付きプールがあるペントハウス。バリで優雅な時間を味わう旅を検討し...
Airbnbの物件探しを始めたら止まらない!古代集落や砂漠のど真ん中、遊牧民やインドの王宮までユニークすぎる物件を集めました。
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
京都の「そわか(SOWAKA)」は、2019年3月にオープンしたモダンホテル。老舗料亭の数寄屋建築をリノベーションした本館は、伝統とモダンを調和させた空間...
人との交流や旅行が憚れるようになり、「#StayHotel」がムーブメントに。Go To トラベルキャンペーンを使ってお得にホテルに泊まり、非日常体験をす...
時代を超えて愛される駄菓子は、子どもだけの楽しみにあらず。真面目に駄菓子とスパークリングワインのペアリングを検証してみました。
10月より東京も対象となったことでさらなる注目を集めているGo To トラベルキャンペーン。この記事ではGo To トラベルキャンペーンを使っていける京都...
「ExplorHer」は、3人のイタリア人女性が作った旅行代理店。最大で12人まで、“女性だけのグループ”で世界へと旅に出るのが特徴だ。
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
カフェの屋根裏からジャングルまで。妄想力をフル活用して、いつか泊まりたい世界のホテルを紹介します。
アメリカ、ニューヨークを代表する老舗ホテル「ルーズベルトホテル」。約100年ほど、世界中の人に愛されてきたこのホテルが、10月いっぱいで惜しまれつつ閉館に。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第4回は、台湾の老舗ホテル・圓山大飯店の地下に存在する「秘密のトンネル」をご紹介。
2018年に創業10年を迎えたAirbnb。民泊の概念を普遍的にした彼らの影響によって、「旅」はどのように変わっていったのでしょうか。
「Airbnb」が国内の人気旅行先を発表。長野県の「白馬村」や栃木県の「那須高原」、静岡県「熱海」や、千葉県の「茂原」など、新型コロナウイルス流行下ならで...
軽井沢の地で、料理を作ったり、コワーキングスペースで働いたり、そんな思い思いの旅を実現するホテル「232 work&hotel」をご紹介。

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「Goldwin」の2021年春夏シーズンのコレクションがローンチ。
今月1日、「帝国ホテル東京」がホテル内での「サービスアパートメント」をローンチ。3月15日からの入居開始に先駆け、現在、予約を受付中だ。
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
「ルーブル美術館」と「ユニクロ」が2021年から4年にわたるパートナーシップを結んだことが発表された。わずか9秒でそのことに触れたティーザーがこちら。
「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」のミュージアムショップがセレクトしたスピーカー/ラジオ「OB‐4 マジックラジオ」が日本初上陸。DJコントローラーの...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...