「その手があったか!」沈みゆくベニスをビックリアートで表現

「ついに世紀末か」「巨人にやられてしまう」「助けてくれ」

そんな声が聞こえてきそうだけど、これは巨大なアートなのでご心配なく。作品があるのは、イタリアのベニス。街中に流れる運河からにょきっと姿を現した姿は、街の新名所となりつつあるようだ。

ビエンナーレのために
つくられた彫刻作品

この「巨大な白い手」を制作したのは、イタリアのアーティストLorenzo Quinn。手をモチーフとした彫刻作品を数多く手がけている。

その理由としては「愛する力、憎む力、創造する力、破壊する力。手には様々な力が宿っているからだ」という。ちなみに本作品は、ベネツィア・ビエンナーレ2017の記念碑的な役割を担っているのだとか。

裏に隠されたメッセージ

「水の都」「アドリア海の真珠」と形容されるベニスだが、地球温暖化の影響で深刻な状況にある。CNNによると、海面が年間で約2ミリのペースで上昇。加えて毎年約2ミリ地盤沈下しているという。

そのインパクトが話題を呼びがちだが、その裏には、沈みゆく風光明媚な都市を視覚的に表現することで世の中への警告メッセージとする意図もあるようだ。

つかみかかっているのは
ホテル

この建物は、Ca’ Sagredo Hotelというラグジュアリーホテル

やはり気になるのは、右手近くにある部屋。何も知らないでチェックインして、ギャーなんていう宿泊客はさすがにいないと思うけど、部屋からの眺めは相当なインパクトがあるに違いない。個人的には、夜、月明かりを背景に窓から外を眺めてみたい。怪しいだろうなー。

Licensed material used with permission by Lorenzo Quinn
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
開発を手がけたイタリア企業「Banale」の社員は、いま購入できるネックピローのほとんどに満足感を得られず、他のシーンでも使えるようにと、このトラベルグッ...
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
久しぶりに訪れた兵庫県・神戸市で、地元の人に案内してもらった老舗洋食店が忘れられません。三宮・生田ロードにある「欧風料理 もん」。昭和11年創業の老舗洋食...
中国・上海から100kmほど離れた海寧市。この都市に最近オープンしたセレクトショップ「Dear So Cute」が、淡いピンクとホワイトを基調とした内装で...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
「The World Whisky Advent Calendar」は、中にウイスキーが入ったアドベントカレンダー。世界中からセレクトされた24種類をクリ...
彫刻アートを通して社会問題についてうったえてきた、オーストリアの彫刻家、Erwin Wurm。彼の新しいアート・プロジェクトがブルックリンで開催されている。
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
石鹸などを扱うアメリカの小売店Bath & Body Worksは、目の見えない障害者にアートを楽しんでもらおうと、「白い杖の日」に合わせて#TheBli...
現代日本が抱える少子高齢化、人口減少に直面した社会環境がイタリアにもあるそうだ。過疎化が進む農村や山間部の集落は空き家であふれ、地域再生やまちづくりが急務...
「ミハラヤスヒロ」や「ENGINEERED GARMENTS」「nonnative」など数々の人気ブランドとコラボしてきたラーメン店「一風堂」が次なるタッ...
円や直線などの幾何学模様を組み合わせた独特な世界観。こちらのアートを作り出したのはイタリアを拠点に活躍するフォトグラファーのErika Zoll。この「G...
マスメディアの広告は商品を宣伝するが、アートは、人間や社会にとって大切なものを宣伝している。幸運なことに、僕たちのまわりには多くのアートがある。広告では忘...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
北欧スウェーデンの首都ストックホルム市内には、赤、青、緑の3本の地下鉄路線がある。3路線の全長は100km以上にもなり、じつに100駅が存在する。その中で...
メキシコ湾の海底に、氷河期時代に沈んだ森が存在することがわかりました。地元の漁師に「なぜか魚が大量に捕れるスポットがある」という情報を聴いたダイバーが海底...
いま、欧米ではビジネスの場においてアートが注目されています。私自身もGoogleやWeWorkといった企業にアーティストとして呼ばれることも。なぜか?アー...
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...