「その手があったか!」沈みゆくベニスをビックリアートで表現

「ついに世紀末か」「巨人にやられてしまう」「助けてくれ」

そんな声が聞こえてきそうだけど、これは巨大なアートなのでご心配なく。作品があるのは、イタリアのベニス。街中に流れる運河からにょきっと姿を現した姿は、街の新名所となりつつあるようだ。

ビエンナーレのために
つくられた彫刻作品

この「巨大な白い手」を制作したのは、イタリアのアーティストLorenzo Quinn。手をモチーフとした彫刻作品を数多く手がけている。

その理由としては「愛する力、憎む力、創造する力、破壊する力。手には様々な力が宿っているからだ」という。ちなみに本作品は、ベネツィア・ビエンナーレ2017の記念碑的な役割を担っているのだとか。

裏に隠されたメッセージ

「水の都」「アドリア海の真珠」と形容されるベニスだが、地球温暖化の影響で深刻な状況にある。CNNによると、海面が年間で約2ミリのペースで上昇。加えて毎年約2ミリ地盤沈下しているという。

そのインパクトが話題を呼びがちだが、その裏には、沈みゆく風光明媚な都市を視覚的に表現することで世の中への警告メッセージとする意図もあるようだ。

つかみかかっているのは
ホテル

この建物は、Ca’ Sagredo Hotelというラグジュアリーホテル

やはり気になるのは、右手近くにある部屋。何も知らないでチェックインして、ギャーなんていう宿泊客はさすがにいないと思うけど、部屋からの眺めは相当なインパクトがあるに違いない。個人的には、夜、月明かりを背景に窓から外を眺めてみたい。怪しいだろうなー。

Licensed material used with permission by Lorenzo Quinn

関連する記事

美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
「THE SHARE HOTELS」は、3月31日、東京・浅草にアートストレージを併設したホテル「KAIKA TOKYO -THE SHARE HOTEL...
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
アートを体感するオルタナティブホテル「BnA_WALL」が、再開発で賑わう日本橋エリアに先週12月4日(金)プレオープンした。
「海岸侵食」が襲うワイキキビーチ。観光客が戻ってくるその日まで、懸命な砂の運搬作業に追われる市当局。
近年、アメリカ国内外から注目を浴びる都市・デンバー。近年、とくに話題となっているデンバーのアートカルチャーにスポットを当て、美術館&博物館からストリートア...
先週、NYはロウアー・マンハッタンの市庁舎街にある「フォーリー・スクエア(広場)」に、Black Lives Matter運動に敬意を表した600フィート...
2019年1月19日から、コンテンポラリーアーティストKAWSによる巨大なアートが、台湾・台北の中正紀念堂の前に足を伸ばすようなかたちで設置されています。...
12月18日(金)、日本有数の温泉地として知られる大分県別府市に、新たなアートホテル「GALLERIA MIDOBARU(ガレリア御堂原)」がオープンした。
戦後から古美術・日本画・版画など約150の専門店が集まるアート密集地、日本橋&京橋。「東京アートアンティーク」は、普段は訪れる機会の少ない老舗の古美術店や...
「オーストラリア連邦政府」が、プラスチックによる環境汚染への対応をさらに一歩進める、「国家プラスチック戦略(National Plastics Plan)...
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
フィリピンの「Malasimbo Music & Arts Festival」は、音楽にプラスしてアートにも重点を置いたフェス。会場は毎年、光や色を巧みに...
7月18日〜24日の間、静岡県富士宮市にあるキャンプ場「ふもとっぱら」で「KAWS:HOLIDAY(カウズ:ホリデイ)」が開催されることになった。
前篇では、GoogleやWeWorkといった企業の事例を交えながら、これまでは趣味・娯楽としての側面が強かったアートがビジネスにおける必須科目となりつつあ...
過去にリオデジャネイロのファベーラやケープタウンのシャンティタウンを色鮮やかに変えてきたアーティストeL Seed。そんな彼がカイロの街に描いたアートを改...
現在43歳のJames Lakeがダンボールアートに目覚めたのは、17歳の時。約26年もの間、ずーっと同じ素材で彫刻を作ってきた彼。とにかくアーティストと...
食とアートを融合したライフスタイルを提案する体験型レストラン「TREE by NAKED」より、アートミール体験ギフトが登場。ARやVRを使い、自宅でも「...
大理石の彫刻と言えば、伝統的な芸術。石で作られているとは思えない滑らかな質感や、感情に訴えてくるような表情などが特徴ですよね。スペインのアーティストGer...
昨年末、東京「渋谷リバーストリート」に巨大なキスマークが出現。じつはこれ、渋谷の新たなシンボルを目指して作られたというオブジェベンチ。渋谷の新たな観光スポ...
「チームラボリコネクト:アートとサウナ 六本木」が3月から半年間限定で開催。
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
10月24日、25日の2日間、パリの美術館「グラン・パレ」を舞台にした宝探し「WANTED!(ウォンテッド!)」が開催される。入場料も参加費も無料なのに、...
「Ouzville」は見捨てられてしまったベリルートを再度盛り上げよう!というアートプロジェクトです。
Denver Art Museum(デンバー美術館)で現在展示されているJonathan Saizさんのアート作品が話題。1万もの小さな絵から成るこの作品...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
Twitterのツイートを額に入れてアート作品として販売する会社がある。売れ筋の作品は、Donaldo Trump氏やKanye West氏のウィットに富...
芸術作品に没入できる日本初のミュージアム「immersive Museum」が登場。映像と音響効果で空間全体を彩り、鑑賞者を作品世界に誘う、新体験のアート施設。
新橋と虎ノ門をつなぐ「新虎エリア」に位置する「新虎ヴィレッジ」に、グラフィティアートを自由に表現できる「フリーウォール」が出現。
スイスを拠点にするアーティストSimon Bergerさんが手がけたポートレートの紹介。