東日本大震災を風化させないための「巨大風船」。

赤紫色のこの物体、一体なんだと思いますか?巨大な幼虫?実はコレ、移動式のコンサートホールなのです。

現在、東京ミッドタウンの芝生広場に設置されていて、多くの来訪者を魅了しています。

中は幻想的かつ広々

763836b25e66636edc0ff57f9621fcdbe6f1d421

中に足を踏み入れてみると、想像以上に広々。高さ18m、幅30m、奥行36mというサイズで、約500名も収容可能だそう。アンモナイトのようなマーブル模様がなんとも美しいですね。

移動式という打ち出しどおり、折り畳んでトラックで輸送できるように設計されている点が最大の特徴で、塩化ビニールでコーティングされたポリエステル製の膜は1時間ほどの送風で大きく膨らみ、コンサートホールに早変わりするみたい。

東日本大震災を
風化させないために

この移動式コンサートホールの名前は「アーク・ノヴァ」(ラテン語で“新しい方舟”という意味だそう)。

遡ること2011年、東日本大震災の発生を受けてスイスの伝統的な音楽祭「ルツェルン・フェステバル」が復興支援として制作を企画。著名な建築家・磯崎新さんと彫刻家アニッシュ・カプーアさんの協働によって完成しました。

6eabc655bed9edfb3e69d77e76d6fceaf340df45

2013年から2015年にかけて、松島・仙台・福島で計3回展示されましたが、震災から6年が経ち、風化を防ぐためにも東北以外の地でアーク・ノヴァを展示したいという「ルツェルン・フェステバル」の想いに東京ミッドタウンが共鳴。

ちょうど東京ミッドタウンの開業10周年というタイミングとも重なり、記念イベントの一環として、このたび芝生広場に設置されることになったのです。

豪華イベントが盛りだくさん!

現在、このアーク・ノヴァにおいて、「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン」と銘打って10月4日(水)まで下記のイベントが開催中(ないしは開催予定)。

一般公開
高さ18m、幅30m、奥行36mの巨大なアート建築の内部を都心で鑑賞できる貴重な機会です。被災地で行われたイベントの様子などもご覧いただけます。

六本木アートナイト スペシャルプログラム
「六本木アートナイト」の特別プログラムとして、建築設計に携わった世界的建築家の磯崎新氏、ルツェルン・フェスティバル芸術総監督のミヒャエル・へフリガー氏、KAJIMOTO代表の梶本眞秀氏の3名によるトークイベントや、ミニコンサートなどが楽しめます。

ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ スペシャル・コンサート
10月に来日公演を行うルツェルン祝祭管弦楽団のメンバーをはじめ、ルツェルン・フェスティバル・アカデミーの修了生、「アーク・ノヴァ」福島開催の際に会場を感動で包んだ声楽家・藤木大地氏やギタリスト・大萩康司氏、ソロのチェリストとして活躍する横坂源氏らを迎え、バッハ「無伴奏チェロ組曲」などの室内楽を中心にしたミニコンサートが開催されます。

芸術の秋、「アーク・ノヴァ」で良質なアートを堪能してみませんか?各イベントの詳細、スケジュールはこちら

Licensed material used with permission by 東京ミッドタウン
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
地理も英語もまったく苦手。そんな私でも1人で行けた、ポルトガル北部にある「コスタ・ノヴァ」。美しい港町が有名なアヴェイロ市からバスで約30分。海沿いの大通...
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
今回は、「THE NEW YORKER」に敬意を示し、東京バージョン「THE TOKYOITER」という架空の雑誌の表紙を紹介しましょう。
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」と説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背景画...
昨年の9月にユニークな本が出版された。タイトルは『シブいビル』。1960年代~70年代の高度経済成長期に建てられた東京のビル群を愛でるという内容で、紹介さ...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
見慣れた日本の風景が、他国と比較するといかに異質なものであるか。そんな事実にハッとさせられる画像を紹介。ヨーロッパと南米の4つの街を「東京化」してみると、...
ココは、伊豆諸島を構成する島のひとつ、式根島。立派な東京都内です。写真の泊海水浴場は、ぐるっと岩に囲まれた入り江が特徴的で、水は抜群の透明度。波が穏やかな...
日本人にとっては、ものすごく身近な「夜の路地裏」。でも、海外の人の目には、光り輝く看板や赤い提灯がとても新鮮に映るのだそう。実はいま、涌井真史さんが撮影し...
5年後、オリンピック・パラリンピックがやって来る!電車の中吊り広告や、駅構内、バスの停留所で、きっと目にしているはずのこれらの広告を覚えていますか?陸上ト...
紺色のボディに金色の文字。一見すると、日本の5年用パスポートのよう。ですが、そこには「UENO WELCOME PASSPORT」と記されています。一体、...
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
近年、東京から他の地域に移住する人が増えてきたように実感します。ただ、そのスタイルは昔とはまったく異なります。昔は「都会での生活に疲れた人がするもの」とい...