東日本大震災を風化させないための「巨大風船」。

赤紫色のこの物体、一体なんだと思いますか?巨大な幼虫?実はコレ、移動式のコンサートホールなのです。

現在、東京ミッドタウンの芝生広場に設置されていて、多くの来訪者を魅了しています。

中は幻想的かつ広々

中に足を踏み入れてみると、想像以上に広々。高さ18m、幅30m、奥行36mというサイズで、約500名も収容可能だそう。アンモナイトのようなマーブル模様がなんとも美しいですね。

移動式という打ち出しどおり、折り畳んでトラックで輸送できるように設計されている点が最大の特徴で、塩化ビニールでコーティングされたポリエステル製の膜は1時間ほどの送風で大きく膨らみ、コンサートホールに早変わりするみたい。

東日本大震災を
風化させないために

この移動式コンサートホールの名前は「アーク・ノヴァ」(ラテン語で“新しい方舟”という意味だそう)。

遡ること2011年、東日本大震災の発生を受けてスイスの伝統的な音楽祭「ルツェルン・フェステバル」が復興支援として制作を企画。著名な建築家・磯崎新さんと彫刻家アニッシュ・カプーアさんの協働によって完成しました。

2013年から2015年にかけて、松島・仙台・福島で計3回展示されましたが、震災から6年が経ち、風化を防ぐためにも東北以外の地でアーク・ノヴァを展示したいという「ルツェルン・フェステバル」の想いに東京ミッドタウンが共鳴。

ちょうど東京ミッドタウンの開業10周年というタイミングとも重なり、記念イベントの一環として、このたび芝生広場に設置されることになったのです。

豪華イベントが盛りだくさん!

現在、このアーク・ノヴァにおいて、「ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ 2017 in 東京ミッドタウン」と銘打って10月4日(水)まで下記のイベントが開催中(ないしは開催予定)。

一般公開
高さ18m、幅30m、奥行36mの巨大なアート建築の内部を都心で鑑賞できる貴重な機会です。被災地で行われたイベントの様子などもご覧いただけます。

六本木アートナイト スペシャルプログラム
「六本木アートナイト」の特別プログラムとして、建築設計に携わった世界的建築家の磯崎新氏、ルツェルン・フェスティバル芸術総監督のミヒャエル・へフリガー氏、KAJIMOTO代表の梶本眞秀氏の3名によるトークイベントや、ミニコンサートなどが楽しめます。

ルツェルン・フェスティバル アーク・ノヴァ スペシャル・コンサート
10月に来日公演を行うルツェルン祝祭管弦楽団のメンバーをはじめ、ルツェルン・フェスティバル・アカデミーの修了生、「アーク・ノヴァ」福島開催の際に会場を感動で包んだ声楽家・藤木大地氏やギタリスト・大萩康司氏、ソロのチェリストとして活躍する横坂源氏らを迎え、バッハ「無伴奏チェロ組曲」などの室内楽を中心にしたミニコンサートが開催されます。

芸術の秋、「アーク・ノヴァ」で良質なアートを堪能してみませんか?各イベントの詳細、スケジュールはこちら

Licensed material used with permission by 東京ミッドタウン
東京ミッドタウンで開催されたFIS TOKYOのオープニングトークセッション。ゲルフリート・ストッカー(アルスエレクトロニカ)、山中俊治(東京大学生産技術...
コーヒービール、炭酸入りエスプレッソ、超クリーミーなマキアート3種の限定ドリンクが楽しめる、東京ミッドタウン店 Starbucks Reserve Bar...
月に一度のチャンスです。
六本木アートナイトとは、何気ない気持ちでふらりと立ち寄った人たちでさえも魅了する都会の祭り。一度、足を踏み入れてしまったものなら誰しも、次の宴が待ち遠しく...
前菜からデザートまでウニづくし! 六本木にあるバルスタイルのウニ料理専門店 UNIHOLIC〒106-0032 東京都港区六本木7丁目14-5 大和ビル1...
代々木上原で話題!体に優しくて、美味しい。 フラワーショップ併設のオーガニック・レストランbotanical table Offf 〒151-0066 東...
「銭湯特区」と呼ばれる、東京都南部に位置する大田区。ここは、東京23区内で最も銭湯が多い街です。40を超える銭湯の中から選んだ、東京・大田区の「天然温泉」...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
僕のなかのワインのイメージと言えばやっぱりまだ、高級で、ハレの日のもの。でも、今回訪れた「東京ワイナリー」は真逆。東京ワイナリーがあるのは、近隣にコインパ...
甘みがあり、ご飯に乗せて食べるとおいしい「佃煮」ですが、だいたいメインのおかずは他にあります。佃煮は、あくまで引き立て役。とはいえ、東京の家庭の食卓には欠...
奥渋谷に世界中のクラフトビールが20種類! 北欧のカフェのような雰囲気で昼飲みできるビアバーØL Tokyo〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町37-...
東京都内で最も銭湯が多い大田区と並んで、温泉が「掘ったら出る」と言われている「江戸川区」。特に荒川沿いで黒湯が湧いていて、天然温泉施設が船堀地区に集中して...
カスタマイズは100万通り以上! パティ・バンズ・トッピング・サイズが選べるLA生まれのハンバーガーTHE COUNTER〒107-0052 東京都港区赤...
ビジネス街であり、古き良き商店街もあり、洒落たベイエリアもあり、新幹線や飛行機で移動するときのハブでもあり、古くは東海道品川宿として旅の要地でもある「東京...
銀座の老舗漬物店がつくる茹でたまごのお漬物。
フランス・トゥールーズで開催されたギリシャ神話を再解釈したショー「神殿の守護者」。その一環で怪物「ミノタウロス」と巨大クモ「アリアドネ」が登場しました。
どうやら10月6日〜8日の3日間は、台湾のほうから日本に来てくれるみたいです。しかも会場は東京タワーのお膝元。夜はライトアップされて夜市で食べ歩く気分なんて
「東京アイスクリームランド」に続く第2弾。今回は「東京ドーナッツランド」です。場所は新宿区歌舞伎町。開催期間は11月1日〜18日です。
今回は、「THE NEW YORKER」に敬意を示し、東京バージョン「THE TOKYOITER」という架空の雑誌の表紙を紹介しましょう。
東京の新しいカルチャー発信基地、「TRUNK(HOTEL)」で開催された、SAUNA PARTY。日本のサウナ文化を中心に、食や音楽、ファッションなどがミ...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
最初にビルの屋上でマイクロファームを始めたのは、ニューヨークだっただろうか。2010年代に入って、都心における農業が注目された。そして今、世界的に注目を集...
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」と説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背景画...