和のアートで溢れる「パークホテル東京」に泊まりたい!

Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際に施設やサービスを利用しながらその場の空気を感じ取り、ホテルの客室を“作品”として制作するものです。

彼らは、部屋の壁紙に直接絵を描いたり、原画やオブジェを壁に設置したりと、自身の世界観を余すことなく表現。今回は完成済みの17室の中から5つをピックアップして紹介します!

01.
『十二支』

「十二支」03

画家・安元亮祐氏が、11日間の滞在で制作。部屋全体を、今にも動き出しそうな動物たちが埋め尽くしています。

ネズミに騙され干支から外された猫と、神様のお情けで12ヶ月の最初の日をつ・いたち(一日)にしてもらったイタチも特別出演。ベッドに横たわると向かいにある鏡に映った虎と目が合ったり、カーテンをめくると猿が隠れていたりと遊び心満載です。

 

「十二支」01

02.
『芸者金魚』

「芸者金魚」01

制作したのは、画家・成田朱希氏。「窓から外を眺めたときに、水槽の中にいるようなイメージが湧いた」という彼女が、客室を水槽に見立て、 このプロジェクトでは初めての画材となる油絵の具で壁紙に挑戦。7ヶ月もの時間をかけて、赤い金魚を壁面のみならず天井にも作画しました。

まるで宙に浮かんだ水槽という御座敷で遊ぶ、芸者の出で立ちをした妖艶なる金魚たち。縦横無尽にひらひらと泳ぐさまが、訪れる者に不思議な浮遊感を感じさせることにーー。

「芸者金魚」04

03.
『竹』

「竹」02

画家・西川芳孝氏が制作した『竹』に入ると、まず目に飛び込んでくるのは、鮮やかな緑。天井までスクっと伸びた竹が広がる空間は、 まるで竹林の中に迷い込んだような不思議な奥行きを感じさせてくれます。

窓際に立った時の目線やベッドに寝たときの目線など、シチュエーションを想像しながら、図案を検討。場所により画材や色のトーンを変え、 シンプルながらも計算された空間コーディネートが完成しました。

「竹」01

04.
『桜』

「桜」08

「もともと日本人は、襖や屏風などを用いて日常生活にアートを取り入れてきた」と話す画家・大竹寛子氏が、客室の角を屏風の折り目のように見立て、桜の木を描くという空間コーディネートを実現。

まず目に入るのは、ベッドを覆うような大きな桜。その花を儚さや魂の象徴である蝶で描くことで、散り際の美しさを表しました。

「桜」16

05.
『おたふく』

「おたふく」01

画家・近藤亜樹氏が9日間で制作。曰く、「おたふくの顔に、日本の美のすべてが詰まっていると感じた」のだそう。

「五徳の美人」とも言われ、古来人々のお手本にもされていた大きなおたふくの顔を描くことで、慎み深さや謙虚さといった、日本人の心の美しさを表現しています。

また反対側の壁には、その控えめで静かな姿が日本人に愛されてきた梅の木が、天井までびっしり。遠くから見れば力強さに溢れ、近くで見れば繊細。異なる表情で、訪れる者を楽しませてくれるでしょう。

「おたふく」04

まるで、ホテルの客室の壁がそのままキャンバスになったかのような「Artist in Hotel」。世界に一室だけのアーティストルームで作家の息遣いを感じつつ、優雅なひとときをーー。

  Licensed material used with permission by パークホテル東京

新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
マリオット・インターナショナルが展開する『モクシー・ホテル』が、東京と大阪にオープン。ミレニアル世代が「めいっぱい楽しめる」このホテル。あらためて、その魅...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
チョコレートとは呼べなくなってしまったお菓子。製法も味もチョコレートと同じにもかかわらず、だそうです。
今、健康志向の欧米人のあいだで人気爆発の生ゴマペースト「タヒニ」をドレッシングにアレンジしました。
徳川家康をはじめ、歴代将軍たちに愛された城南五山のひとつ「品川・御殿山(ごてんやま)」。御殿山庭園に隣接する「東京マリオットホテル」では、四季折々の自然を...
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
ココは、伊豆諸島を構成する島のひとつ、式根島。立派な東京都内です。写真の泊海水浴場は、ぐるっと岩に囲まれた入り江が特徴的で、水は抜群の透明度。波が穏やかな...
東京・世田谷区に位置する豪徳寺。もしかしたら、都内で暮らしていても「駅名:豪徳寺」の印象しかない人も多いのでは。ですが、この閑静な住宅街の中にひっそりと佇...
今回は、「THE NEW YORKER」に敬意を示し、東京バージョン「THE TOKYOITER」という架空の雑誌の表紙を紹介しましょう。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
小笠原諸島母島の、美しい動画をご覧ください。
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
外国人から見ると、東京の路地裏に広がるネオン街は「まるでゲームの世界に飛び込んだ」ような気持ちにさせてくれるとか。撮影したのは、アートとゲームをこよなく愛...
造形物はすべて販売商品。「無印良品(MUJI)」が10,000点の商品を積み上げて東京の街を再現しました。東京都、東京観光財団、そしてMUJIによるコラボ...
「東京へ引っ越して探検散歩をしてみたら、古い建物が多くてびっくりしました」と説明したのは、アニメ『スペース☆ダンディ』の背景画や、その他多くの作品で背景画...
主に北欧で注目されている「Hold」は、学生に向けて開発されたスマホ依存症を治すためのアプリです。
今、日本には多くの外国人観光客が訪れています。富士山や京都も魅力的ですが、東京にも多くの魅力的な楽しみ方があると彼らは言います。ここでは世界旅行が大好きな...
仕事を頑張る場所として、もしくは子育てを頑張る場所として。「品川区」を生活の拠点にしている人にとっては、自分を元気にしてくれる「きっかけ」がとても大事。そ...
東京・品川での食事と聞くと、ビジネス街のイメージが強いので、ラーメンや働く人たちのサク飯を思い浮かべがち。でも、羽田空港や新幹線などの交通の要所なので、ち...
“非日常がまるで日常になる、シェアする旅の宿”。さまざまな国籍・年齢・キャリアの人々が、世界各国、もしくは日本各地から訪れます。近年ではリノベーションされ...
2016年1月、初めて日本を訪れたイギリス人シネマトグラファーChristoph Gelepさん。5日間の東京滞在、夢中でカメラを回し続けた彼の目に映る東...
イメージケーキ、をご存知だろうか。思わず写真を撮りたくなる独創的なビジュアルのそれは、東京・品川の原美術館にある「カフェ ダール」で提供されている。このカ...