7/20(水)日本旅館「星のや東京」が誕生

2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。

東京・大手町に誕生する
「塔の日本旅館」

江戸時代には徳川四天王の酒井家の上屋敷があり、現在は、金融・メディアのビルがそびえ立つ一等地。そこに誕生するのが、塔を思わせる星のや東京の「日本旅館」です。玄関で履物を脱ぎ、客室や茶の間、大きな風呂を行き来しながら、日本伝統の畳でくつろぎ、季節の料理を堪能する…そんな江戸東京の文化を楽しめるのだそう。

日本の伝統に支えられた
“くつろぎ”

「星のや東京」が最新のビルに設えた客室は、すべてが畳の間。日本伝統の建築様式を大切にしながら現代のスタイルに合わせたアレンジと工夫で、快適な滞在が可能です。

ソファやクローゼットには竹素材を象徴的に使用。壁紙にも和の技法を施し、洗練さと居心地のよさを重視したデザインに仕上がりました。

百合/桜
(面積:約50㎡)

竹素材のクローゼットや障子が特徴的な、日本伝統の和室。定員は2名。


(面積:約80㎡)

「星のや東京」で最も広い客室。各階の奥に位置する角部屋のため、静かなひとときを楽しみたい人に最適。寝台には、シングルサイズの布団を3枚並べることができる模様。定員は3名。

最上階である17階は、大手町温泉とスパ専用階。都心で思う存分温泉を楽しむ、宿泊者限定の贅沢です。

現在、早くも宿泊のWeb予約を受付中。待望のオープンまで約3ヶ月。ぜひ一度は泊まってみたいですね!

【施設概要】
・所在地:東京都千代田区大手町一丁目9番1
・客室数:84室
・施設概要:地下2階、地上17階
・公式HP:http://hoshinoyatokyo.com

Licensed material used with permission by 株式会社星野リゾート
2016年7月20日。ついに、首都・東京にも「星のや」が開業。ポイントは、東京では姿を消してしまったかのように思える日本旅館をコンセプトにしている点。設計...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
老舗旅館の風情と新しい設備の快適さ、こだわりの食など、再生された富士屋旅館でしか味わえない魅力がありました。
浅草に「茶室空間」をモチーフに建てられた旅館「茶室ryokan asakusa」がオープン。玄関から客室まで、日本文化を感じられるさまざまな要素が詰まって...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!