外国人旅行者向け!NIPPONの見どころを詰め込んだ「ニュータイプ旅館」が誕生

年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河原にオープンする、このインバウンド向けエンタメ旅館。でも、さすがにやり過ぎでは…(笑)。

NIPPONの魅力を集約!

2016年3月1日オープン予定の「The Ryokan Tokyo YUGAWARA」。ここは、日本の魅力を一度に味わえる、これまでの旅館とは一味も二味も違う“ニュータイプ旅館”です。

あえて恐れずにいうならば、「TOO MUCH!(過剰)」。けれど、それらはすべて演出。外国人観光客がイメージする「これぞ日本!」を詰め込むことでエンターテインメント性を高め、旅館にいながらにして日本全国の魅力を存分に味わってしまおうというのが、この旅館の身上なのです。

初めて日本を訪れる外国人旅行客に、新しい日本の入り口となるような旅館体験を提供する。このコンセプトのとも、新たな旅館のあり方を提唱する「The Ryokan Tokyo」。新幹線を使えば、東京から1時間弱というアクセスのいい湯河原に、その第1号が。

日本全国を満喫できる
仕掛けがいっぱい

まずは、エントランスへと続く朱色の鳥居。これは、京都・伏見稲荷をイメージして建てられたもの。玄関天井には、浅草・雷門を連想させる大提灯がお出迎え。

浮世絵の凧を見上げるエントランスホール。壁紙も和のテイスト一色です。

もちろん、源泉掛け流し

屋内浴場ではありますが、壁には堂々と富士山。さらには満開の桜。もちろん、お湯は源泉掛け流しです。

さらにはこんなサービスまで。各種イベントや日本文化体験プログラムなどを予定している小上がりスペース付近の壁には、日本を代表する観光名所の写真が並ぶ、写真撮影スポットが。貸し衣裳の浴衣を羽織っての記念写真や、湯河原にいながらにして、各地に“行った気”になれる工夫がいかにもエンターテインメント。

バーカウンターでは、日本酒の利き酒体験も楽しめるようです。

本格的な和室(朝食付き)から
素泊り用ドミトリーまで完備

こちらはゆったり6人部屋の和室。家族連れやグループ旅行客がくつろげるゆったりスペース。葛飾北斎『富嶽三十六景』より、「神奈川沖浪裏」と“赤富士”で知られる「凱風快晴」の屏風絵。

客室は、4人部屋が8室、6人部屋が3室。さらに、こちらが素泊まり専用のドミトリーで全14ベッドが完備されています。

日本文化を体感しつつ
合理的な旅のニーズにも対応!

このように、日本文化体験を充実させながらも旅の目的に合わせて、食事なしの素泊まりプランを用意するなど、合理的なサービスを導入する同旅館。航空業界のLCC同様にコストパフォーマンスにもこだわりありのようです。

こうした選択肢を取り入れるのも、まずは表層的であっても日本の良さを体感することで、「また来たい」と思ってもらうことを重要視しているから。そして、次の訪日時には、実際に日本各地の生の魅力に触れてほしい。その意図が、過度な装飾につながっていたようです。なるほど、こう聞くと確かに納得がいきますね。

ちなみに、言うまでもなく日本人旅行客の宿泊も可能。予約はこちらから。

Licensed material used with permission by The Ryokan Tokyo YUGAWARA

関連する記事

老舗旅館の風情と新しい設備の快適さ、こだわりの食など、再生された富士屋旅館でしか味わえない魅力がありました。
浅草に「茶室空間」をモチーフに建てられた旅館「茶室ryokan asakusa」がオープン。玄関から客室まで、日本文化を感じられるさまざまな要素が詰まって...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
クラウド会計ソフトなどを展開する「freee」は温泉旅館にこもって「確定申告」をおこなうプラン「確定申告パック」の提供を開始した。
“今がツラい”みなさまを自由にするための12星座占い。元銀座ホステス・開運アドバイザー 藤島佑雪先生が、今週のアナタが「ツラい」と感じること、悩むことにお...
日本の温泉文化は、外国人にとっては馴染みのないものです。だからこそ、海外から来たお客さんの中には、ルールを知らないまま入浴してしまう人も多いんだとか。そん...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
9月28日、東京・世田谷代田駅前に温泉旅館「由縁別邸 代田」が開業。
危機的状況にある温泉旅館を救うべくボランティアが運営する「種プロジェクト」は、自分の好きな旅館のサポーターになり、応援メッセージを送るとともに、将来の宿泊...
草津、伊香保、四万、水上。いわゆる四大温泉の他にも、群馬県には温泉地がたくさんあります。その数なんと200以上。今回は、地元の人に聞いたおすすめ温泉を紹介...
2004年に発売したNYスニーカーショップ「DQM」との名作コラボである「エアマックス90 “ベーコン”」が復刻発売。それを記念し、アメリカの大手食肉加工...
フリートラベラー、中村洋太のコラム。英語が苦手でも、身近に外国人がいたら、なるべく話しかけるようにしてきた。そしてそのことが、ぼくの人生を豊かにしてくれた...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
2016年7月20日。日本の政治経済、文化の中心である東京に「星のや」がついに開業。発信するのは、世界に認められる究極の「和のおもてなし」です。
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
持続可能な観光業について取り上げるカンファレンス「Global Green Destinations Days(GGDD)」が10月6日〜8日に開催。今年...
「いわての10手」は、同県を訪れる外国人観光客にどのように対応すれば喜んでもらえるかがまとめられたHP。飲食店や宿泊事業者などのほか、一般県民にも分かり...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
米・ニューヨーク市の「ハドソン・リバー・パーク」と「ジャビッツ・センター」が増設されることが分かった。
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
ポールマッカートニーや桑田佳祐など、著名なミュージシャンに愛用されている「ヤイリギター」。1965年の設立以来、メイド・イン・ジャパンにこだわり続けてきた...
「アーティストが住みついたビル」というコンセプトの新しいスポットが、2017年9月16日にオープンした。場所は、日本橋。一棟ビル丸ごと使ってアート・音楽・...
世界第5位のエネルギー消費国でありながら、原子力を除いたエネルギー自給率はたったの5%という日本。しかし、まだまだ活用されていない資源があるのを知っていま...