外国人旅行者が驚いた、日本の日常「24選」。コレって当たり前?

Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。

海外を旅行した時、現地の文化を不思議に思ったり、または感心したりしたことはありませんか?同じように、日本では当たり前のことでも、外国人から見たら当たり前ではないかもしれません。
記事では72個掲載されていますが、その中から特徴的なものを24個ピックアップして紹介します。日本のいいところ、悪いところなど、普段は気づかないような視点を与えてくれるかもしれません。

01.
漫画は公式な標識としても使用されています。これは世界中で採用されるべき、分かりやすいサインでは?

02.
日本はとても安全。京都のような人が多いところでさえ、自転車や家に鍵をかけない人が多くいるほど。カフェでは、テーブルの上に自分のスマホを置いたまま注文にいきます。犯罪を気にしなくていいのは素晴らしいこと!

03.
トイレは、しゃがんでする古典的なものから(しゃがむのを支えるための手すりまであります)、ウォシュレット機能がついた超近代的なものまで。

04.
ゲームセンターがたくさんあり、太鼓のゲームは特に楽しい!

05.
日本では靴を何回も履き変えます。家、ゲストハウス、一部のレストランや美術館に入る時でさえ靴を脱ぐ必要があります。
スリッパを渡されることもしばしば。トイレにいく時には、トイレ用のスリッパに変えます。

06.
昔ながらの伝統的な客室には、専用のお風呂がありません。その代わり見知らぬ人と一緒に大浴場に入ります​​。これには、ちょっとびっくり。

07.
飲みものを飲みたい時は、自分で注ぎません。他の人のために注いで、自分にもそうしてもらうのです。

08.
ほとんどの日本人は、英語を話しません。

09.
欧米からの観光客はとても少なく、そのほとんどは国内観光客です。

10.
日本人にとっては「チーズ」と言って、ピースサインを作ることが写真を撮る時は必須です。知っての通りローマでは…。

11.
みんな本当に丁寧。世界的に有名なイギリスの礼儀正しさも、日本とは比較になりません。

12.
どのお店に入っても大きな声で「いらっしゃいませ!」と迎えられます。そして、店を出るときは「ありがとうございます!」の声がしばらく響き渡るのです。

Blurry Supermarket

13.
地元のアイスクリームショップの店員さんは、いつも笑顔で「いらっしゃいませ」と言ってくれます。でも注文をする時は、少しの英語しか話してくれません。

14.
公共の交通機関は、遅れることもなく常に時間通り。

15.
電車の座席は進行方向に向けられるよう、回転できます。
同時に、一緒にいる友だちや家族と対面しながら話すことができるのです。景色が素晴らしい場所では、窓の方に椅子を向けられるものもあります!

16.
東京の地下鉄マップは、今まで見た中で最も複雑でした。

17.
日本人はどこでも眠ることができます。朝の電車の中では、ほとんどの人が眠っています。でも彼らを責めることはできません。大抵、午後11時まで仕事しているのですから…。

18.
日本の食べ物は芸術的。新鮮で健康によく、繊細でいて美しいのです。

interesting-japan160322-01

19.
時に、何を食べているのか分からない時もあります。

20.
ベジタリアンは注意が必要。魚のブイヨンが料理の至るところに使われています。伝統的な「精進料理」は、ありがたいですね。

21.
幸いなことに、自動販売機がどこにでもあります。たとえ農村部でも、です。のどが渇くことは決してないでしょう。しかも、120円と安いです。

22.
レストランの外に置いてあるプラスチックでできた食品サンプルは、驚くほどリアル。

23.
日本人は予想以上に宗教的。京都では、どの道にも神社があり、人々はそこで立ち止まって鈴を鳴らして祈ります。
(※少し誇張が見られますが、原文に忠実に記載しています)

24.
お寺で渡される入場券は、美しい。

Licensed material used with permission by Never Ending Voyage

関連する記事

年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
「airKitchen Plus」は、ヴィーガンやベジタリアンの外国人旅行者が、日本で登録されているホストのお家で日本食の作り方を学び食事ができるというも...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
人気トラベルブロガーのCyrielleさんが「travelettes」で、日本に住んでとても気に入った10のことを紹介していました。日本人にとっては当たり...
5月9日、ニューヨーク市長・Bill de Blasio(ビル・デブラシオ)氏は、ニューヨーク市の住民だけでなく、市を訪れた観光客にも新型コロナウイルスの...
アメリカ、フランス、中国など世界の12の国と地域の人々の間では、終息後に訪れたい旅行先として日本がもっとも人気だという。
外国人の友人やお客さんを日本に招待するとして…あなたならどんなところに連れて行きますか? 東京だけでも、浅草、渋谷、秋葉原、上野、六本木など観光スポットが...
「Tripadvisor(トリップアドバイザー)」が、11月6日の決算報告会で、旅行者向けのサブスクリプションサービスをローンチすることを発表した。
「ExplorHer」は、3人のイタリア人女性が作った旅行代理店。最大で12人まで、“女性だけのグループ”で世界へと旅に出るのが特徴だ。
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
Facebookが去年立ち上げたNPEチーム(新製品実験チーム)が、新たにカップル向けのアプリ「Tuned」をリリース。恋人同士のプライベート空間を提供す...
実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
「日本旅行ブーム」が起きているというタイの旅行情報サイトで見つけた「日本で買うべきもの」ランキングでは意外なものがランクイン。国民性と日本に持つイメージが...
ヨーロッパからの旅行先として人気なの地中海に浮かぶ島国・キプロスは、一部の国からの観光客の受け入れを再開する方針を発表した。また、同国での滞在中に新型コロ...
米旅行雑誌『Condé Nast Traveler』読者が選んだ「Top 10 Hotels in Japan」が発表され、名だたるラグジュアリーホテルが...
「Airbnb」が国内の人気旅行先を発表。長野県の「白馬村」や栃木県の「那須高原」、静岡県「熱海」や、千葉県の「茂原」など、新型コロナウイルス流行下ならで...
先にお金を払わずとも、旅行には行けてしまうわけです。
日本でのスペースポート開港を目指す「一般社団法人Space Port Japan」が、今年6月に発表した「スペースポートシティ構想図」にワクワク。
日本の温泉文化は、外国人にとっては馴染みのないものです。だからこそ、海外から来たお客さんの中には、ルールを知らないまま入浴してしまう人も多いんだとか。そん...
増え続ける訪日外国人。特に地方自治体にとって、観光産業は大きな収入源です。誰もが足を運んでくれるお客に満足してもらい、リピーターになってもらいたいと考える...
香港の企業がローンチした「Breakup Tours」はちょっと変わった旅行サービス。ツアーのターゲットはなんと......“失恋した人”。
「旅行者」と「ローカルアーティスト」をつなぎ、ディープでユニークなアクティビティを企画・提供する旅行会社が人気を集めている。そのアクティビティの内容とは....
ここでは、自宅やパーティーなどで外国人を招いた際に気をつけるべき「食」についてご紹介。宗教などによって「何が食べられて、何が食べられないのか」。とくにこれ...
メキシコの公式観光ポータル「Visit Mexico」は、Instagramにメキシコの写真をアップロードし、もっとも「いいね!」を獲得した人に1年間の無...
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
今月、「シンガポール政府観光局」は家庭でシンガポールを楽しめる「オンラインキャンペーン」をスタート。第1弾は「食」、第2弾は「アート」、第3弾は「ショッピ...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
フリートラベラー、中村洋太のコラム。英語が苦手でも、身近に外国人がいたら、なるべく話しかけるようにしてきた。そしてそのことが、ぼくの人生を豊かにしてくれた...
旅行ガイドブック『Lonely Planet』が「究極の旅行先ランキング」を発表した。今回はサステイナビリティの項目を新たに追加し、500の旅行先をピック...