あなたの目的に合わせた「オススメ旅先11選」 贅沢な旅ならタンザニアへ!

次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があります。

そこで「Elite Daily」にまとめられた、テーマ別オススメ旅行プランを紹介しましょう。

01.
バックパッカーの旅

Bbb9ca6282625b2901915c0d83b17a32f653cc51

オススメ:東欧

バックパッカーの旅は、アドベンチャーを求める若い旅人にぴったり。少しでも長く旅を続けるために、お金をセーブしたい人にもオススメです。

社会人になる前など人生の過渡期に行く人が多いこの旅は、騒がしいユースホステルで新しい友達に出会える可能性も高め。西欧よりも安上がりな東欧はバックパッカーの旅にはもってこい。かつ、西欧に負けないくらいの歴史、建築、文化を知ることができます。

その他のオススメ:東南アジア、南米

02.
島旅

76e46bbfc5501aed10cda9d6f87317fb4582a349

オススメ:ギリ島(インドネシア)

日々の喧騒やストレスから逃れたいときは、島への逃避が理想的。これでもかというくらいマッサージを受けるとイイでしょう。

観光地としての人気が高まっているギリ島はリラックスに最適。ギリメノ、ギリアイル、ギリトラワンガンの3島があり、1つへ行くかすべてを巡るかはあなた次第。

その他のオススメ:ボラカイ島(フィリピン)

03.
一人旅

オススメ:ペルー

一人旅は人生の意味を考えたり、考え直したりする時間が必要な人のためにあるもの。たとえ、シングルでも恋人がいても、自分探しにぴったりです。

ペルーでは、ワカチナでサンドボードをしたり、イカで同国の酒・ピスコを飲んだりしましょう。アレキパの街を散策したり、チチカカ湖に行くこともお忘れなく。

その他のオススメ:ノルウェー

04.
二人旅

Fcd000eaa4dab573abfe9ea3e12059232efa9fcb

オススメ:アマルフィ(イタリア)

二人で旅行に行けば、お互いを見つめる時間ができるし、仕事や家事といった現実で消えかけている二人の愛の炎を再燃させることができるかも。そしてこれこそが、長続きする関係の秘密でもあります。

崖に建つパステルカラーの建物、海の輝き、そして地元の人たちの歌声が魅力のアマルフィ。一言で言うなら「Bellissimo(最高の美)」です。

その他のオススメ:ハバナ(キューバ)、グラナダ(スペイン)

05.
贅沢な旅

オススメ:タンザニア

豪華なアフリカのサファリでは、贅沢な安らぎとワクワクするような体験が可能。サバンナで自然と触れ合った後には、ロッジに戻ってゆっくり。こんな旅にはベージュとカーキの洋服が欠かせませんね。

その他のオススメ:ドバイ(UAE)、サンモリッツ(スイス)

06.
フェス旅

オススメ:アメリカ

世界には、一生に一度は行きたいフェスがたくさんあります。「バーニングマン」はそのうちのひとつでしょう。

ネバダ州ブラックロック砂漠に何千人もの人々が集まって街を作り、自己表現と自立の理想を追求するこのフェス。街ができあがる様子は、ちょっと感動もの。ヒッピーコミューンとサイケデリックなクリエーターが共存し、最高の時間が過ごせます。

07.
家族旅行

4ca78beba900cd2866561fa12d4156fd56bfb112

オススメ:ニュージーランド

家族全員を満足させるアクティビティを有する旅先。そんな場所を見つけるのは至難の業。だからこそ、家族旅行を計画するのは難しかったりしますよね。

でも、ニュージーランドには、冒険のようなワクワクするアクティビティがたくさん。絵に描いたような楽しい時間を過ごせるはずです。それだけでなく、最高の景色を見ながらのドライブも可能。

その他のオススメ:フィジー

08.
親友との旅

オススメ:インド

親友と海外旅行に出かけたい、そんなときってありますよね。今まで自分の身に起きたことを共有したり、過去の思い出に浸ったり。そして、いつの日かきっと思い出すであろう一緒の思い出を作ったり。

それなら、インドのようにすべてが刺激的な場所へ。いくつになっても感覚を研ぎ澄ませてくれる何かがそこにはあります。帰国する頃には、その後何年も語り続ける思い出話がたくさんできるはず。これぞ友情の証ですね。

その他のオススメ:モロッコ

09.
ロードトリップ

6e401e70165bc8173ec221e4d3baf788ed906b92

オススメ:アイスランド

アイスランドのリングロードは意外と簡単にできるロードトリップ。基本的に島全体を一周する道なので、迷いたくても迷えません。

それでも道中には見るべきところが沢山あるので、ゆったりと2週間は確保したいところ。もし時間が取れないのなら、「南部だけ」など、ひとつのエリアを見ることだけに集中すること。

その他のオススメ:ニュージーランド、南アフリカ

10.
ハイキングの旅

オススメ:アメリカ

忙しい日常から抜け出すにはバッチリ。アパラチアン・トレイルはハイキング専用の世界一長い自然歩道。ジョージア州からメイン州へと14の州をまたいでいます。その間には山や森、湖も。ここへ行く前には、鳥の鳴き声の口笛を練習しないといけませんね!

その他のオススメ:オーストラリア

11.
食の旅

D844c6280854e58abd0522660d2a70ae1a6e451b

オススメ:ベトナム

「食」を楽しむ旅は忘れてはならないもの。食べ物こそが、私たちが生きていくためのガソリンなんですから。

超美食家であろうが生きるために食べるだけであろうが、とてもおいしい食事を求めるならベトナムへ。地域によってそれぞれの味が楽しめます。フォー、ブンボーフエ、バインセオ、バインベオ……お腹いっぱい!

その他のオススメ:ペルー

Licensed material used with permission by Elite Daily
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
使い方はカンタン。あなたが今まで訪れたことのある国や都市をピンするだけ。実際にやってみて思ったのは、世界地図を見ながらやると旅の記憶が鮮明に蘇ってくるとい...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
「死の体験旅行」は、アメリカが発祥と言われているプログラム。体調が悪くなり、病院で検査を受け、病気を告知され、治療から緩和ケアへと移り、そして亡くなってい...
〈FREITAG〉の新作「ZIPPELIN」は、意外にも初の海外旅行向けのバッグ。言うまでもなく、トラックの幌をリユースしているのですべて1点物です。
ひとりレストラン、ひとり映画。自分では快適なつもりでも、「ひとりで海外旅行に行く」って友だちに言ったら、「なんでひとりなの?」と驚かれることも。でもやっぱ...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...
GWも中盤に差し掛かりましたが、みなさんいかがお過ごしですか?そろそろ旅行の疲れが出てきた頃でしょうか。痺れを切らすほどの渋滞のなかでこの記事を読んでいる...
行きたいところを自分のペースで周れる「ひとり旅」。大勢で行ったら知り合えなかったかもしれない「仲間」と出会えるのもひとつの醍醐味ですが、女性ひとりで行くと...
沢木耕太郎の『深夜特急』は、旅人たちのバイブルだ。インドのデリーからイギリスのロンドンまでバスのみで一人旅をする物語は、多くの人をバックパッカーの旅に駆り...
海外に行きたいけどお金がないって、多くの人がぶち当たる問題だと思います。どういう旅にしたいか、にもよりますが、何か人生を大きく変えるための手段として、お金...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
「今日は○○へ行きます。旅の話をしますので、よろしければ何か食べさせてください or 一晩泊めてください」とTwitterでつぶやいては反応を待ち、声をか...