初めての「海外一人旅」の前に、必ず読んでおくべき記事

学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思われていたとしても、最低限の注意を欠いたことはない。

そんな自分が見ても、「InStyle」に掲載された以下のティップスは、どれも知っておくべきこと。正直いうと、中にはちょっとやりすぎ?と思う項目も。でもきっと、最初は心配しすぎるくらいがちょうどイイはず。

01.
高級店のショッピングバッグは
地元スーパーの袋に入れる

C67772308ccc3806dc7e52a7c07001eb4efa5f65

せっかくの海外。あなたは素敵な格好で道を歩きたいでしょう。でも、服装は旅先での安全に大きく影響を与えます。だからこそ、注意すべき点がいくつかあるのです。

まず、自分の身を守らねばならないときに利き手を自由に使えるよう、バッグは利き手とは逆の肩にかけてください。公共交通機関を利用する際は、リュックを前にすることは言わずもがな。さらに、シャネルで買い物をしたら、そのショッピングバッグを現地のスーパーの袋にでも入れてください。

また、がっちりしたバングルや尖ったリングは、暴漢を殴るときに利用できます。ピンヒールで足の甲を踏めば、相手は猛烈に痛がるでしょうし、固いものが入った頑丈なハンドバッグでの一撃は、間違いなくダメージを与えるはず。

02.
外で地図は見ない。
かつ、堂々と歩く

D12a9a395ef861263f5137f336d4c34af1dcc093

誰かに頼ることなく、地図やガイドブックの情報、役立つフレーズを十分に予習してください。危険そうな場所で迷子になったとき、誰に助けを求めるべきかを知ってください。そのような場合は、家族連れを探すか、お店やレストランに入ってから、Google マップを利用するのです。

そして最後は歩き方。

スーパーモデルのように歩いてください。あらゆる街において、自信は犯罪の大きな抑止力になります。背筋を伸ばし、下ではなく前を見つめながら、きびきびしたぺースで堂々と歩きましょう。

03.
念のため、旅の予定を
周囲に共有しておく

79926609d75040fa38ab08547bc4e51f26c34df3

理想は、親しい友人や家族がいつでも確認できるよう、あなたの旅の予定をまとめて伝えておくこと。面倒な作業かもしれませんが、あなたや周囲に大きな安心感を与えることでしょう。

毎日電話や連絡を取る必要はありませんが、あなたが無事であることを誰もが知れるよう、たまにはSNSの更新をすると尚よし。

04.
一人旅だと思わせない

あなたがホテルのロビーで誰かと通話しているふりをしても、それが嘘だと分かる人は誰もいません。このように言ってみてください「もしもし…ええ、下の階にいるわ。もうすぐそっちに行くからね」。

05.
旅行者に見えないよう
最大限の努力を

重そうに運ぶ一眼レフや困った顔で見つめる地図など、私たちが旅行者であることを見破るのは、そう難しいことではありません。

シンプルに、目立たないようにしてください。もっともダメなのは、大きな高級ジュエリーを身に付けること。

06.
お金の保管は
数ヶ所に分けて

Efe79ab662f72da695a1aac492cd919326414ad3

クレジットカードや現金を一ヶ所で保管しないでください。いくつかに分けて持ち運びましょう。ATMを使用する際は、人通りが少ない場所、暗い時間帯を避け、混雑した日中に現金を引き出すように。

07.
簡単なフレーズを学ぶ

出発前に、現地の言葉や役立つフレーズを学ぶ努力をしてください。自己紹介、基本的な会話、ビールの注文の仕方やタクシーを呼び止める方法、そして、1~10までの数字。これらを知ることは、大きな違いを生み出します。

Licensed material used with permission by Hana Hong
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...
〈FREITAG〉の新作「ZIPPELIN」は、意外にも初の海外旅行向けのバッグ。言うまでもなく、トラックの幌をリユースしているのですべて1点物です。
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
「そうだ、旅に出よう!」と、“思うだけ”の人はたくさんいる。でも、実現している人が世界にはたくさんいる。バンで自由気ままに旅をするSusi Cruzさん。...
本は、新しい知恵を与えてくれる。新しい一歩を踏み出す勇気をくれる。そして、旅に出るきっかけになり得ることだってある。今回紹介するのは、読んだら思わず旅に出...
宿を選ぶときに、これだけは絶対にチェックしておくべき!というポイントをまとめました。カウチサーフィンも、Airbnbも大好きだけど、一緒に説明するとややこ...
「Never Ending Voyage」で、世界中を旅してまわるカップルが、日本を旅行している時に感じた72のことを書いています。海外を旅行した時、現地...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
これまで海外旅行といえば、旅行会社のツアーに参加したり、ガイドブック片手に行きたいところへ向かうというものが一般的だったと思います。でも、...
バックパッカーになることを考えているあなた、行きましょう、姉妹と。あえて姉妹を推奨するのは「Elite Daily」のMarisa Cascianoさん。...
すべての旅人が陥る「病」があるといいます。旅とは、異文化に飛び込み、そこにある「決定的な違い」を目の当たりにする体験だと言えます。そんな非日常から帰ってき...
手つかずの自然、キレイな海、絶品な海の幸。もちろん離島の魅力は尽きませんが、一方で無視できない「事前に知っておくべきこと」も。今回は、ビギナー編。そのギャ...
沢木耕太郎の『深夜特急』は、旅人たちのバイブルだ。インドのデリーからイギリスのロンドンまでバスのみで一人旅をする物語は、多くの人をバックパッカーの旅に駆り...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...