3日間、ひたすら歩く!「スロートラベル」に注目

いまどき、LCCを使えば短期間の旅でも多くの街を観光できます。学生と違って休みが限られている社会人となると、せっかくだし色々なところに行きたい!と詰め込みたくなる気持ちもよくわかる。かくいう自分もそうでした。

でも、このサービスを知ってからは、少し考え方が変わりました。一ヶ所をじっくり、ゆっくりと楽しむ。そんな選択肢があってもイイなって。

「○○へ行こう!」から始まる旅はもう古い?

©iStock.com/badahos

「Original Travel Company」は、独自の視点で旅をプロデュースしてくれるイギリスの旅行代理店です。

従来、旅をするときはまず「目的地」を決めてから具体的な行程を考えていくもの。しかし、この代理店は、「どこへ行くか」以外にも、「誰と行くか」「何をしたいか」「いつ行くか」「どのように旅したいか」といった項目からもあなたにアプローチします。

一例を挙げると、「誰と行くか」の選択肢には「夫婦」や「家族」「妊婦」といった種類があり、仮に「妊婦」を選ぶと、ギリシャのペロポネソス半島やスペインのマヨルカ島といったラグジュアルかつ、のんびりくつろげる場所をオススメしてくれるというわけ。

で、ここで注目したいのは、「どのように旅したいか」という項目。そのなかに「Slow Travel」というチョイスがあったのです。

こんなツアーは今までなかった

©iStock.com/swissmediavision

読んで字のごとく、前述した“詰め込み型”とは対極にある旅のスタイル。

例えば、11日間のザンビアツアーの詳細を見ると、4日間が「サファリを歩く」予定に。

また、14日間のオーストラリア「フード&ワイン ウォーキング」にいたっては、うち3日間が地方のワイナリーを目指して「歩く」。こんな日程表、見たことありません(笑)。

でも、なんだか面白そうだなと新鮮味を感じたのも事実。電車やバスでもアクセスできるんだろうけど、あえての徒歩も悪くない。歩くことでしか出会えない風景だって、間違いなくあるはずだし。

現時点ではロンドン発着のみに限られているようですが、将来的には日本発着にも対応してほしい。需要、かなりある気がする!

Top image: © iStock.com/arioGuti
2019年夏、全世界の旅行業界に向けて“挑戦状”をたたきつけようとしているアメリカのツアー会社があります。なんでも、参加者にツアーを楽しみながらゼロ・ウェ...
海外旅行で本当に使えるサコッシュ「MAISON CANVVAS」の紹介です。
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...
動画メディア『The Infographics Show』が、1日10ドルで過ごせる国を、東南アジアを中心にまとめています。贅沢とは無縁でいいから、とにか...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...
飛行機で隣になった旅行好きに教えてもらって以来、海外旅行のたびに重宝しているサイトがある。その名も「The Basetrip」。旅に必要な基礎情報が一気に...
期間内なら、申し込み金が約100円。そんなキャンペーンを行なっているのは、オーストラリアの旅行代理店「Intrepid Travel」。出発予定日が12月...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
中央アジア・ウズベキスタンやトルクメニスタンを15日間かけてまわるフォトツアーにビックリ。その目玉スポットがスゴいんです。
いろいろ発売されているトラベルポーチですが、実際購入するとなると、これが難しい。どのサイズをどれだけ購入すればいいのか、旅慣れた人でも最適な答えを出すのは...
ロンドンの企業「BeRightBack(brb)」が、旅のサプスクリプションサービスを展開しています。199ポンド(約2万9000円)を払えば、ロンドンか...
「旅行のスタイルが変わってきた」と肌で感じた経験が、2回ある。ひとつは、かつて勤めていた旅行会社で、2011年に「長期滞在型ツアー」を大々的に打ち出して、...
ヴェイパーウェイヴの音楽をLIVEで楽しめる機会は少ない。その希少性を抜きにして考えても、11月2日(金)からはじまるツアー「NEO GAIA PHANT...
「Go Travel Dress」は、リップやパスポートを入れられるポケットがある、多機能なトラベル用ドレス。スマホはもちろん、防犯性に優れたお金をしまっ...
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
オーストリアのマクドナルドの店舗は、アメリカ大使館の相談窓口としてサービスの提供を開始。アメリカ国民に限って、緊急事態の場合に支援を受けられます。
このこだわりをトラベルシーンに限定するなんてもったいなさすぎ!「コンサイスのトラベルスリッパ」の紹介です。