世界で一番「青い朝」ポーランドのクラクフ

ポーランド南部の街、クラクフ。ここは同国で最も歴史がある場所。17世紀初頭、ワルシャワに遷都するまで首都だったという歴史を持つ。赤レンガを基調とした古い街並みは、典型的なヨーロッパの印象だ。

しかし、フォトグラファーNorbert K. Wojtysiakによって撮影されたクラクフは、驚くほどに別の顔を見せている。作品のタイトルは『Underwater』。街中とは思えないブルーの写真を眺めていると、まるで水中の世界に紛れ込んだような錯覚を覚えてしまう。

56c9029975326378a7507ed395e565024bf1e58cF22d5edc0b4d93f199e267dc0c05bf25e15ede3cEc216eee338c1e7fd35cb4f73fbb7f589f219e45Ced1efcd53669ce2f1d6cf9eb1fafbaaae80a295Eb15b0b67d2d003d80df5663aa70c6aa85a6aace34e8d710491b106fc38a08e4502f777ee76bb7b23ee19a505b4ade98f5c71a31a8594bb44f0ac81fF6976e5b80edd27275cb12e6d671f1be41f56bfdA4178207298a96d4c67a2437c8a2305c872104d9A92258f7d96d77fefe347a4189570a1042a88785096e673cb3d6077c107b2162d273f3f345efb2a641f51b7c037d7081c47b06cbf75022e5027ff45e

Norbertによると、撮影した時刻は、午前4時。この朝は、たまたま霧が街を覆っていたらしく、こんなにも幻想的な街の姿をカメラに収めることができたそうだ。

もし、こんな世界を堪能できるのだったら、毎朝でも歩き回ってしまうかもしれない。そんな時は、お気に入りのJazzのナンバーでも聴きながら、限りなくブルーな世界を1人で味わいたい。

Licensed material used with permission by Norbert K. Wojtysiak
東西ヨーロッパの懸け橋となった、ポーランドの朝ごはんをどうぞ。
絵画のような一枚一枚に、ミステリアスを感じざるを得ない。
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
様々な国で「ミニマリズム」を語り、その概念を広める活動をしている「Becoming Minimalist」のJoshua Beckerさん。これまでに多く...
料理教室やウォーキングクラブに行くことを処方箋に書けるようです。
9月27日のアイルランド・ダブリン空港では、驚くべきことをした男性がいました。
ポーランドの「Śnieżny Labirynt」は、世界最大の雪の迷路だと言われています。壁の高さは2m以上もあるようなので、ゴールにたどり着くまでに時間...
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
アーティストPhil Gableさんは、以下の画像に映る銅像をブルックリンに5つほど置いたそうです。
世界各地を旅行するポーランド人バックパッカーのカップルが、そんなマダガスカルに広がる景色をInstagramに投稿しています。
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
日本ほど四季折々の景色が楽しめるところは、世界にもなかなかありません。とくに紅葉は美しく、11月は多くの地域で見頃となっています。でも美しい紅葉が楽しめる...
世界一青い街と呼ばれ、旅人たちを魅了するシャウエンこと、シェフシャウエンの街。その一番の見所は、時間の経過に伴い、“青”の色みが変わること。特に必見は夜。...
ベネチアのゴンドラで移動するスタイルを取り入れるそうなので、これに合わせたインフラも整備予定。
小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまう...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
「あなたの国を代表する料理は?」こうポーランド人にたずねたら、ほとんどの人が口を揃えてこの料理をあげるんだとか。それが「ビゴス」(別名:狩人のシチュー)で...
衝撃の旅の手段・・・それは、ベッドサーフィン!?ある方法で中国を横断しようと試みる上海の19歳の女子大生が話題になっている。中国の掲示版サイト「Weibo...
2016年2月某日。インフルエンザが流行しているポーランドの首都・ワルシャワに、とある看板が出現しました。コレ、一体なんだと思いますか?実はこの看板、赤外...
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第7回は「地元の人で溢れるおすすめ朝食スポット3軒」をご紹介!
トルコ出身のバックパッカーBerk Armaganさんは、紙コップに絵を描いてそれを売ることで、旅の資金集めをしている。1つの作品には30分〜5時間かかる...
旅行をした先でマラソン大会に参加する「旅ラン」。海外には面白い場所で走ることができて記念にもなるレースがいろいろあります。そんな中から興味深い4つのレース...