世界で一番「青い朝」ポーランドのクラクフ

ポーランド南部の街、クラクフ。ここは同国で最も歴史がある場所。17世紀初頭、ワルシャワに遷都するまで首都だったという歴史を持つ。赤レンガを基調とした古い街並みは、典型的なヨーロッパの印象だ。

しかし、フォトグラファーNorbert K. Wojtysiakによって撮影されたクラクフは、驚くほどに別の顔を見せている。作品のタイトルは『Underwater』。街中とは思えないブルーの写真を眺めていると、まるで水中の世界に紛れ込んだような錯覚を覚えてしまう。

56c9029975326378a7507ed395e565024bf1e58cF22d5edc0b4d93f199e267dc0c05bf25e15ede3cEc216eee338c1e7fd35cb4f73fbb7f589f219e45Ced1efcd53669ce2f1d6cf9eb1fafbaaae80a295Eb15b0b67d2d003d80df5663aa70c6aa85a6aace34e8d710491b106fc38a08e4502f777ee76bb7b23ee19a505b4ade98f5c71a31a8594bb44f0ac81fF6976e5b80edd27275cb12e6d671f1be41f56bfdA4178207298a96d4c67a2437c8a2305c872104d9A92258f7d96d77fefe347a4189570a1042a88785096e673cb3d6077c107b2162d273f3f345efb2a641f51b7c037d7081c47b06cbf75022e5027ff45e

Norbertによると、撮影した時刻は、午前4時。この朝は、たまたま霧が街を覆っていたらしく、こんなにも幻想的な街の姿をカメラに収めることができたそうだ。

もし、こんな世界を堪能できるのだったら、毎朝でも歩き回ってしまうかもしれない。そんな時は、お気に入りのJazzのナンバーでも聴きながら、限りなくブルーな世界を1人で味わいたい。

Licensed material used with permission by Norbert K. Wojtysiak
東西ヨーロッパの懸け橋となった、ポーランドの朝ごはんをどうぞ。
絵画のような一枚一枚に、ミステリアスを感じざるを得ない。
仕事を忘れ、非日常を満喫しよう。そう思ってせっかくヨーロッパへ来たのに、どこもかしこも日本人だらけ。そんな状況は、正直言って味気がありません。どうせなら、...
重さは22.5kgもある。高さは38.5cmで、サイドテーブルと同じくらいか。「Consodi」は、Bluetoothも搭載していない有線接続タイプのスピ...
天に向かってまっすぐ伸びたその塔は、まるで巨大なランプ。これは、ポーランド人デザイナー3人組が考案した災害シェルターだ。
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
廃墟となった病院は、ホラー映画の撮影舞台を彷彿とさせる。でも、こちらはリアルな病院跡地なのだ。数年に渡って、放棄された複数の病院を撮影したのは、ポーランド...
ニューヨークに訪れたら定番の観光スポットも回ってみたいとは思うけど、写真で見たことのある場所に行くだけじゃ、少し物足りないと思うのも事実。ポーランド出身の...
日本ほど四季折々の景色が楽しめるところは、世界にもなかなかありません。とくに紅葉は美しく、11月は多くの地域で見頃となっています。でも美しい紅葉が楽しめる...
小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまう...
どんなに外が暑くたって、夏といったらBBQだし、ピクニック気分。つまりは「外メシ」がおいしいシーズン。あぁ、早く梅雨が明けないかな。
疲れがピークになった週末こそ、こういう写真に心癒される──。
世界一青い街と呼ばれ、旅人たちを魅了するシャウエンこと、シェフシャウエンの街。その一番の見所は、時間の経過に伴い、“青”の色みが変わること。特に必見は夜。...
イラストレーターのMinelli Pintoさんは旅行が大好き。旅先で写真を撮るのも趣味なんですが、自分が写るのは何だか恥ずかしい。だからいつも旅の写真は...
「あなたの国を代表する料理は?」こうポーランド人にたずねたら、ほとんどの人が口を揃えてこの料理をあげるんだとか。それが「ビゴス」(別名:狩人のシチュー)で...
衝撃の旅の手段・・・それは、ベッドサーフィン!?ある方法で中国を横断しようと試みる上海の19歳の女子大生が話題になっている。中国の掲示版サイト「Weibo...
2016年2月某日。インフルエンザが流行しているポーランドの首都・ワルシャワに、とある看板が出現しました。コレ、一体なんだと思いますか?実はこの看板、赤外...
なかなか馴染みがないクラシックコンサート。ですが、一部のビジネスパーソンや海外では、教養を深めるため、そしてネットワークを構築するために愛されています。その
トルコ出身のバックパッカーBerk Armaganさんは、紙コップに絵を描いてそれを売ることで、旅の資金集めをしている。1つの作品には30分〜5時間かかる...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
これまで海外旅行といえば、旅行会社のツアーに参加したり、ガイドブック片手に行きたいところへ向かうというものが一般的だったと思います。でも、...
銀メダルで悔し涙を流す選手がいれば、銅メダルで嬉し涙を流す選手もいる。個人差こそあるものの、一般的に五輪におけるメダルの獲得は悲願だ。そんな多くのアスリー...
バックパッカーなどの安旅好きなら知ってる人も多いだろう。とはいえ、なかにはお金がないけど、なんとか海外に行きたい!って人もいるはず。海外旅行の敷居が、今よ...
「旅をしたい」「自分の殻を破りたい」。そう語る若者はたくさんいますが、21歳のテイラー・グリーソンは、並々ならぬ努力でそれを体現した旅人のひとりです。彼の...