世界初の「ポスター美術館」
があるポーランド

街中の至るところに貼られるポスター。あの“長方形のキャンバス”には、アーティストの個性やスキルだけではなく、母国やその国の歴史も垣間見ることができるんです。

例えば東欧の場合。色使いや絵のタッチなど、日本のソレとは大きく異なります。なぜかというと、共産主義時代の影響をうけていているせいか、色使いは単調で、絵柄はシンプル。そして、全体的に闇を抱えていそうなダークな雰囲気を醸し出している……。

で、そんなポスターをじっくり鑑賞できるのが、首都ワルシャワにある「Muzeum Plakatu w Wilanowie(ヴィラヌフ・ポスター美術館)」。1960年代にオープンした、世界ではじめてのポスターの美術館です。現在、国内のものを含め約6万もの作品を所蔵。

戦後に掲出されたポーランドのポスターは、荒廃した自国の人々を勇気づけ、復興への希望を与えたとされます。そして、前述した独特な作風は世界中のデザイナーにも大きな影響を与えました。

ポスターという普段何気なく目にするものを通じ、半世紀以上もずっと自国の魅力を発信し続けているこの博物館。日本とは政治的、社会的背景が大きく異なるこの国の一面を知ることができるはずです。

Top image: © iStock.com/querbeet
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
毎年、ポーランドのクラクフで行われるドーナツの早食い競争。用意されるのは、伝統的なドーナツ「ポンチキ」。今年の2月末に開催した大会で優勝者は5分間に8個の...
ポーランドの西ポモージェ県にある「Krzywy Las(英語名:Crooked Forest)」。直訳すると「歪んだ森」。その名のとおり、そこに生える木々...
北部ポモージェ県にある「逆さまハウス」。見るからに上下逆さまになっているその外観はインパクト大。中に設置されている家具は、共産主義時代のもので揃えられてい...
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。