世界の春は、多様性にあふれている

桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで「春の花」といえば、なんと言ってもクロッカス。

タトラ山脈の雪や氷が溶けて温かくなると、草地は紫色のクロッカスで覆われます。さながら花のカーペットのよう。

日本とはちょっと違う春、だけど同じく心温かな風景をお楽しみください。

46756090745978884814127943909376496093099982848054830546047467524992621952892928522024599211212858015089814405125022579886653440

春の風景って、どうしてこんなにも平和的なのでしょう。ああ、こんなところにしばし座っていられたら。

Licensed material used with permission by Patryk Biegański, (Facebook)
たくさんの人が新しいことに挑戦して、心機一転、やる気ムードが溢れる中で、どうも私は、体と一緒に気持ちもずっと気だるいまま。まわりを見渡して、自分も向上心に...
ツボミがゆっくりと開いていく様子は、ハッと目の覚めるような美しさ。今までは、満開になる前の姿がこんなにも魅力的だなんて、気づきませんでした。タイムラプス動...
春は、人間にも虫にも動物にとっても気持ちがいい季節。それは、これらの野菜も同じ!みずみずしくて甘みを抱いたこの野菜たちを、早速今晩いただきましょう!
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
新神戸駅から車で1時間半。向かうは兵庫・丹波市(たんばし)。決してアクセスがいいとは言えないこの街へ向かった目的は、ズバリ「農家民宿」です。宿泊するのは、...
すべての「眠たい」人へ。
春のはじめに降る雨って、「うれしい」ものなんです。
「本当の春」までは、あともうすこし。
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。
ぽかぽか陽気の日の昼下がりには。
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
もう、彼女たちに一目惚れ。ウルウルとした乙女の瞳に、愛らしく咲く花々。これって、最強の組み合わせなんじゃない?たまには、こんなお花見もいいかもしれない。
誰も踏み入れていない地をあえて散策することに、意味があると思うんです。だから春休みにどこに行こうか迷っているのなら、みんなが選ばない都会や文化をあえて探っ...
ミントとパルメザンチーズをたっぷりトッピングした、グリンピースのサラダ。春っていいなぁ……としみじみ思える一品です!
寒さが和らぎ、あたたかい日差しを感じる季節がやってくると誰だって嬉しいもの。道端に咲くたんぽぽや河原でツクシが育っている様子を見ると、様々なものが春の訪れ...
出会いと別れ、新たな環境に身をおく心機一転の「春」。この時期に自分の身辺整理(身も心も)をすることを、英語で(Spring Cleaning)と表現するん...
東洋医学では、春は解毒機能をもつ肝臓の働きが活発になり、冬に溜まっていた老廃物や毒素を排泄するといわれています。そして、旬の春野菜には肝臓の機能をサポート...
乳がんを患い悲嘆にくれる女性が、否定的な言葉を次々口にするところから始まるこの動画。けれど、そこにある仕掛けが隠されていた……。
「春」と聞いて、どんな色を思い浮かべますか?爽やかな空の色だったり、可愛らしいお花の色だったり。イメージは人それぞれではないでしょうか。メキシコのデザイナ...
東西ヨーロッパの懸け橋となった、ポーランドの朝ごはんをどうぞ。
通年で手に入る食材のニラですが、旬を迎えるのはこの春。肉厚の葉は、柔らかく、甘みが引き立つのが春ニラの特徴です。そんな、今だけのおいしさを存分に味わう「ニ...
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...