桜の「花言葉」を調べたら、日本をもっと、好きになった

お花見をしていて、ふと思ったんです。
「好きな人と見たい花」を聞かれたら、桜を思い浮かべる人が多いのではないかと。たとえ、具体的な理由を答えられなくても。

花盛りの桜のしたでは、好きな人の袖を引っ張って
子どものようにはしゃいでも、
桜吹雪を受けて、頭に花びらをつけていても、
それでいて「えへへ」と甘えたように笑っても、

あざとさを感じない。すべてが、イノセントに写ってしまう。

女性と桜は、掛け合わさることでお互いの魅力を引き出している。
ずっと昔から、そうして愛でられてきた証拠のひとつに、『花言葉』があります。

桜の花言葉は、品種によって異なることを知っていましたか?
そしてその多くは、女性を連想させるものなのです。

染井吉野(ソメイヨシノ)

優美な女性

寒桜(カンザクラ)

気まぐれ

枝垂れ桜(シダレザクラ)

ごまかし

峰桜(ミネザクラ)

あなたの微笑み

八重桜(ヤエザクラ)

しとやか

 

すべてを含んだ『桜』の花言葉は、【精神美・優美な女性・純潔】。
けれど国が変われば、与えられる言葉も変わります。

フランスでは、桜にこんな想いを託しているそうです。

Ne m’oubliez pas
私を忘れないで

Licensed material used with permission by @cottongraphy
日本にも昔からある「エディブルフラワー」。菊の花も有名ですが、この季節はやっぱりこれ。保存がきいていつでも作れる「桜の花の塩漬け」です。
南北に伸びる日本列島。花満開の便りがようやく北海道に渡り、このゴールデンウィークに見ごろを迎えるようです。今年も日本全国が桜色に染まりました。Instag...
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
たった一輪でも花のある空間に身を置くと、心が豊かになります。目に鮮やかで見て楽しいのはもちろんですが、花言葉やその歴史を知っていれば、また違った愉しみ方が...
2月13日、「任天堂」がアメリカ・テキサス州のダラス・ラブフィールド空港にNintendo Switchで遊べるポップアップラウンジを開設した。