勝手に諦めてない?もっと「高嶺の花」に声をかけるべき理由

素敵な女性を見て「自分には高嶺の花だなぁ」とため息をついたことはありませんか?美人だったり、仕事ができるエリートだったりすると「オレなんかじゃ無理か…」と初めから諦めてしまいがち。

でも2017年こそ、そんな「高嶺の花」にアプローチするべきだと主張するのは「Elite Daily」のライター、Joe Elvinさん。

どうすれば、高嶺の花の恋愛圏内に入ることができるのでしょうか?

01.
最初の一歩は
「話しかける」こと

たとえば素敵な女性がスーパーで買い物をしているとき、公園を散歩しているとき、早い時間にひとりでBARにいるとき。

ほとんどの男性は、そんな女性に自己紹介すらしないものです。話しかけたとしても、自信のなさからかもしれませんが、最初から諦めたような調子で話してしまうと、そこからの進展は望めません。

まず最初の一歩は、きちんと話しかけること。相手の目を見て、はっきりした声で。自分に自信を持って話せば、それだけで一気に恋人候補の上位に食い込めるはず。

02.
見た目が
重要なわけじゃない

確かに第一印象は大事だし、見た目は大切です。でもそれはイケメンか否かといった顔だけの問題ではありません。運動をして身体を鍛えて服装に気をつけるだけでも、見た目の印象はガラッと変わります。

また、女性が見た目よりも重視するポイントがあります。それは「一緒にいて楽しい」「ユーモアや社交性がある」「冒険心や情熱があっておもしろい」「女性との接し方がわかっている」「自分に自信がある」といった内面の部分です。

見た目に自信がなくても、内面の長所があるならば、迷うことはありません。

03.
どんなに「高嶺の花」でも
同じ人間

どんなに美人で頭がいいエリートだとしても、同じ人間です。彼女にだって自信がないことがあるだろうし、寝たり飲んだり食べたり、くだらない冗談で笑ったり。私たちと同じように生活しています。

大切なのは、今までどんな人生を送ってきたか。挑戦したり、何かを成し遂げたことがあるということは、見た目よりもずっと価値あることです。

あなたも彼女の外見だけを見るのではなく、今までどんなことをしてきたのかを知ってあげることで、彼女に近づきましょう。

04.
自分の良いところと
悪いところを書き出す

ここまで読んでも、まだ彼女にアタックする勇気が持てないあなた。とっておきの方法があります。

まず、自分のいいところを10個書き出します。彼女にアプローチしたこともリストに入れていいでしょう。「背が高い」などの身体的な特徴より、内面について書くように意識してください。

次に、自分の嫌なところをできるだけ正直に書き出します。身体的なこともリストに入れましょう。「背が低い」などは変えられないかもしれませんが、「太っている」といったことは改善の余地があります。

このリストを見ながら、嫌なところをひとつずつ改善していくことで、もっと自分に自信が持てるようになるでしょう。

05.
自分が「圏外」だ
なんて思わないこと

最後に、「どんな女性にだって話しかけていいんだ」という気持ちを持ちましょう。先ほどリストを作ったように、あなたには10個も魅力的なところがあるのです。さらに、欠点だって克服しようと努力しています。女性にとって、これ以上に必要なことがあるでしょうか?もうあなたは、彼女にとって「眼中にないその他大勢」ではないのです。

もちろん、これだけですべての女性と付き合えるわけではありません。なかには「タイプじゃない」と言われることもあるでしょう。

しかし、「自分は圏外だから」と勝手にあきらめないでください。あなたは十分に魅力的だし、どんな女性とも対等に関係を築くことができます。目の前にいる女性のことを「高嶺の花」なんて言っていないで、自分から積極的にアプローチしていきましょう。

Licensed material used with permission by Elite Daily
andmore
他の記事を見る
フラワーアーティストのCHAJINさん著『きょうの花活け 花あしらい101の見本帖』(誠文堂新光社)。私にも花のある暮らしが始められるかも、そう思える一冊...
家具を新調したりDIYするのもいいけれど、もっと簡単に部屋の雰囲気を変えたいなら「花の定期便」を利用するのはどう?インターネットやアプリで簡単に登録でき、...
ここで紹介するプロジェクトは「人工の花」を設置するというもの。緑の少ない都市部でハチの個体数が減っている現状を踏まえて、彼らを助けるべく始まりました。
なぜ、桜をバックにした女性はこんなに美しいのか?
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
とび抜けて美人ではなくても、なぜかモテる小悪魔女子。モテる男性と付き合うのは、すごい美人とは限らず、小悪魔的な魅力にあふれる女性の方が多いかもしれません。...
「gui」は、“花とあなたが出会う場所” をコンセプトに、さまざまな空間にお花やお花をつかった小物を届けるお花屋さんです。
携帯電話やITの普及により、メールのやりとりやメッセージアプリでのやりとりをダレでも当たり前のように行うようになりました。それに伴って恋愛において、メール...
「花屋に行くのを習慣化する」ってなかなかハードルが高い。そんなハードルを取り除いてくれるのが、「霽れと褻(ハレとケ)」っていうオンラインサービスです。
ガスマスクを着けた匿名のアーティストMr. Flower Fantastic。彼は愛する「ナイキ」のシューズを花を使い、美しくアレンジ。
花一輪をプレゼント……はキザでも、ワイン1本ならプレゼントできちゃうかも。
そんな簡単な贈り物にするのだっていい、エチケットの花一輪が可憐で愛らしいアルゼ...
華道家にとって、花ばさみは欠かせない道具です。僕が使用しているのは〈有次(ありつぐ)〉の花ばさみ。包丁で知られる京都の老舗ですが、刃物屋なので、花ばさみも...
わるくない見た目と性格なはずなのに、なぜか女性にモテない。これまで恋人がいた経験がないのには何かしら理由があるはず。今は彼女ができない時期なだけだと思って...
桜、チューリップ、タンポポ、スミレ、シロツメクサ……日本の春にはたくさんの花々が咲き誇りますが、ポーランドで春の花といえば何と言ってもクロッカス。タトラ山...
この場所は、アジア最大のフラワーマーケットと呼ばれている、『Mullick Ghat Flower Market』。たった数分でも、歩いていれば売れるのだ...
女性が【共感脳】で、男性が【目的脳】だから。そもそも脳のつくりからして違うのが理由だ、ということは、すでに知っている人も多いでしょう。でも、それだけではな...
SNSで「#backthebluebonnetschallenge」のハッシュタグを検索すると、ブルーボネットのお花畑でポーズをとる米テキサス州の警察官た...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
Phone XのCMにもその技術が起用された、幻想的すぎる映像作品をご紹介。Thomas Blanchard氏によるこの作品のメインとなるのは、花。題名は...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディアqreators.jp生花を髪に飾りつける「花結い」の技法で独創的なヘッド...