僕たちが「ロボット花」を必要とする理由

ミツバチが安全に花粉を運べるように

オーストラリアのアーティストMichael Candyが開発したのは「SYNTHETIC POLLENIZER」という人工授粉”花”。

蘭の花に似せた花びらと砂糖水でミツバチを呼び込み、花粉を付着させ、本物の花に受粉させるものです。

産業用の花に使われる農薬や殺虫剤、気候変動の影響でミツバチの数は減少しそれによって花が受粉のできるチャンスが減ってしまう。

そこで彼は、「植物生態系の維持のためにはどうすればいいか?」と考え、たどり着いた答えが「まずミツバチを助けること」でした。

これはミツバチと植物のために作られた、いわば「ロボット花」なのです。

仕組みは至ってシンプル。砂糖水は中央の白い皿に抽出され、チューブから送られた花粉は白い突起部分に絡みつきます。あとは花粉を運んでくれるミツバチを待つだけ。

試作を重ねて今の形に

上の3つの画像は初期の試作品。最初はなかなかミツバチに来てもらえなかったそう。開発期間約4年をかけ現在の形に。花の形や色が重要だったようで、ようやくミツバチに認められるようになったんだとか。

ロボットに仕事が奪われるなんて聞くけど、こんなロボットのあり方もいいんじゃないかな〜。

Licensed material used with permission by Michael Candy
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
単純作業労働の現場をはじめ、知的労働分野でも、ロボットに人間の仕事が奪われるという自体が起こっています。私たちの暮らしを快適なものにする一方で、見たくない...
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
友人がロンドンでルームシェア先を探していた時、とんでもない条件を突きつけられたと言う@rxdaznさん(ツイッターのアカウント名)。募集した人からのメール...
アメリカ・オクラホマ州タルサでは、そんな彼らを好待遇で受け入れているんです。例えば、移住をすれば約110万円(10万ドル)が支給されるそう。さらに、月に約...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
人間の言うことをきかないロボット。と聞くと、どんなイメージを思い浮かべるだろう。実際に見てみよう。テーブルに立つロボット。「座って」や「立って」と言われれ...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。
平成元年に醸造された熟成酒が平成最後の年に満を持して登場!
ガーデニングって何を育てるのか悩むけど、それ以上に肥料や除草剤など必要なものが多いし、その「手間」に頭を抱えがち。ハードルを少しでも低くして、元気な野菜や...
Huang Yiさんは、KUKA社のロボットとダンスをするパフォーマー。その様子は、息がピッタリと合っていて、まさに2人のデュエットダンスを見ているような...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
「Eagle Prime」は、約2.8億円がかけられて制作された巨大ロボット。子どもの頃に、思い描いていた巨大ロボット対戦が、ついに現実になる日がきたようです。
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
2017年9月12日、イタリアのピサにあるベルディ劇場にちょっとした異変が起きた。劇場は、イタリア人のテノール歌手Andrea Bocelliの美声に包ま...